« 入れ替わり | トップページ | フードコート »

2007/09/16

梨状筋症候群

Photo

頂き物です
最近の梨は甘さとシャキッと食感の両方が楽しめます

この梨のお話ではありません
身体にある「梨」ですが
お尻の中央付近に梨状筋という筋肉があります

A455
(画像:IPA「教育用画像素材集サイト」)

この筋肉はの下には坐骨神経が走っています
まれに梨状筋の拘縮により坐骨神経を圧迫することがあり
「梨状筋症候群」と呼ばれます
坐骨神経の圧迫は足やお尻の痺れや疼痛を誘発し厄介な症状となって現れます

何が厄介かというと・・・
坐骨神経痛のほとんどは下部腰椎の圧迫によりおこります
それゆえ足が痺れているような場合たいてい腰椎5番4番あたりの矯正をするのですが
何度やってみても効果が現れないときに初めて梨状筋を疑うのです

梨状筋は場合によって見過ごされがちになる原因といえます
原因にたどり着くまでも厄介で
なおかつ梨状筋が長期間拘縮しているような場合
仙骨にも相当のストレスがかかり
仙骨そのものもズレてしまっているようなときはさらに厄介です

頂いた梨は甘かったですが
梨状筋は決して甘くはありません
Photo_2

|

« 入れ替わり | トップページ | フードコート »

コメント

友人が坐骨神経痛で2ヶ月くらい痛がってました。
いろんなところに原因があるんですねぇ。


梨・・・おいしそう^^)

投稿: teru | 2007/09/16 14:20

見極めが難しい原因なんでたいへんです
梨は甘くてシャキシャキした食感が最高でした(^◇^)

投稿: ひろ | 2007/09/16 14:31

ひろ先生は 左利きなの?

投稿: 冬薔薇 | 2007/09/17 09:06

生まれつきの左利きです
ええ。。左巻きではありません(キッパリ

投稿: ひろ | 2007/09/17 12:14

私は昨日、整形外科で梨状筋症候群といわれましたが、対処法が、痛くない姿勢をとる、痛くなったら座る、痛みが強いようならそこに注射を打つということでしたが、立ち仕事の為座ることができません。どうしたら治るのですか?診てもらった整形外科の先生に横暴さを感じた為きけませんでした。毎日仕事になりません。教えてください。

投稿: まゆみ | 2007/09/22 01:10

ひとそれぞれ症状に差がありますので対処法も自ずと違ってきます
痛みがないときなら毎日20分程度歩いて梨状筋に対して軽くストレッチをかける方法を続けるのも有効です
(けっこう日数がかかりますけど・・・)
痛くて歩けないような場合は他人の手を借りないといけないでしょうね
お近くに信頼できる整骨院や鍼灸院・整体院があればそこで直接、梨状筋を緩めてもらうような施術を受けた方がいいと思います

本文でも軽く触れておりますが・・・
長期間にわたって梨状筋のストレスがあるとき仙骨の癒着を併発しているような場合は厄介で
ウチでも半年から一年の通院をしていただいたケースもあります

状況次第では長期戦になることもありますのでその点についてはご承知おき頂きたいと存じます

投稿: ひろ | 2007/09/22 08:22

ありがとうございました。休み明けに近所の整体院に行ってみます。胃潰瘍が見つかったりこの夏は体調こわしっぱなしで、もっと体力つけないと!!と思いました。

投稿: まゆみ | 2007/09/22 22:46

胃潰瘍ですか・・・
たいへんですね

「身体はひとつ」これがオステオパシーの基本理念でもあります
直接の関係はなくても体力が落ちると身体の機能全体に影響します
梨状筋症候群と胃潰瘍 
同じ時期に起きるということは多少の関連はあるかもしれません

どうぞお大事になさってくださいね

投稿: ひろ | 2007/09/23 07:36

はじめまして☆
私は三月ごろに15分から30分ぐらい座ると立てなくなるくらい腰が痛く悩んでいたのですが。しばらくしたらそれがなくなりよかったよかったと思っていたのもつかの間・・。四月に入り腰痛で朝が起きれなくなりました。。。寝返りをうとおと思いよいしょっ!!うぅぅ!!痛い。。。てな感じで。近所の接骨医に行き坐骨神経痛ですねって言われました・・。ネットでいろいろと調べて坐骨神経痛には二種類あることをしりもしや梨型。。。?って気持ちを抱いています。これは梨型なのでしょうか?もしやヘルニヤ?!
まだ22歳で子供も小さいのでこのまま腰痛もち?っと思って心配です。。
回りからは太ったからや!っていわれてかなり泣きそうです・・。体重ってゆうのも関係あるのでしょうか?

投稿: みぽりん | 2008/05/20 13:46

本文でもご紹介したとおり何度も施術してからでないと梨状筋が原因かどうかわかりにくい箇所なんです
ただ腰痛が起きるまでにはいろんな箇所に問題があることがほとんどなんです
実際に触らないで判断することはできませんが、できれば気長に治療に通われて、ある程度まで回復した後にウォーキングなどの軽い運動を続けることをお勧めします
一年くらい続ければ体調もよくなるし、体重も減少すると思いますよ
ただ小さいお子さんがいらっしゃるので、子供を置いて出かけるわけには行かないですよね
私の家内は2人目を生んだ後、ステッパーを購入し以来14年間毎日続けています
おかげで20代のころよりスタイルはいいです
何をするかよりも、どれくらい続けられるかが大切です
試しにやってみてください

投稿: ひろ | 2008/05/20 14:31

ありがとうございます☆やはり継続は力なりですね。がんばって運動します。

投稿: みぽりん | 2008/05/27 14:59

最低一年くらいは続けましょうね
きっとそのころには何らかの答えが出ていると思います
ただし無理するとかえって悪くなることもあるので
その辺の加減も難しいですよ

投稿: ひろ | 2008/05/27 15:02

はじめまして。
6ヶ月の坐骨神経痛持ちです。
MRTを撮って、第4・5腰椎ヘルニアと診断されました。
歩けないなどひどい症状ではないため、スポーツを続けながら、ストレッチをしたり、時々カイロに通ったりして疼痛や痺れを緩和しています。
ですが、ジョギングなど「走る」という動きをすると、痛みが激しくなり、このまま一生完治しないのかと絶望してしまいます。「歩く」という動きなら、何時間でも続けられるのに。
二つ穴のあいた低反発座布団、スポーツや登山にはサポートタイツ、漢方薬,etc. 元気にスポーツしていますが、中はボロボロです。五十肩は一年以上苦しんでいます。右肩をゴリゴリ(石灰がこすれる音)回しながら、フリークライミングしたり。もう、元には戻れないのでしょうか?

投稿: オッシー | 2008/09/20 12:48

ヘルニアの具合とかが具体的にわからないのでなんともいえないところですが
手術を要するような場合を除いては最終的には運動療法で症状の軽減を呼びかけています
ただしトレーニングとは趣旨が違いますので、激しい運動などは逆効果になる場合も多く
私ならウォーキングはお勧めしてもジョギングなどは絶対にさせません
ヘルニアに至るまで何年もかけてその下地を作られたのですから
逆に何年もかけて地道に元の身体に戻そうとすることが大切です
早く治って元気な身体に戻りたい気持ちはよくわかりますが
治るのに必要な時間は絶対に必要で、こちらの思惑で短縮できるものでもありません
どうぞ焦らず地道にリハビリをお続けください

五十肩も同じことが言えます
治るのに何年もかかることがあります

できれば近所に信頼できる先生がいらっしゃればいいのですが・・・

投稿: ひろ | 2008/09/20 14:18

いろいろ、ありがとうございます。
ジョギング(ランニング)は、病院でリハビリしているときも「よくない」といわれました。
スポーツをしながら治す場合、長くかかってしまうのはしかたがないかもしれませんね。

投稿: オッシー | 2008/09/20 23:14

運動は大切です
ただ目的に応じたことをしないと逆効果にもなりかねません
気持ちよくスポーツをなさりたいのであればまずはリハビリを優先していただきたいです
もう一度申し上げますが、悪くなるのにかかった時間だけ、よくなるのにかかるといいます
どうぞ根気よくお続けください

投稿: ひろ | 2008/09/21 07:38

初めまして、58歳女性です。腰痛歴20年以上、神経症状が出始めてから3年以上です。大きな病院のMRIでは画像上には原因となるようなはっきりとしたものがないとのこと。整体院、椎間関節ブロック注射をしばらくしました。TPB注射と鍼灸院は今も続けていますが芳しくありません.この頃は臀部痛がいつもあり、歩行は30分位が限度、立ち仕事も1時間くらいでたまらなくつらくなってきます。痛みは中臀筋上部と臀部中心部だから位置的には梨状筋のあたり、股関節周辺です。腰痛は勿論あります。
足裏のぴりぴり,チリチリ感,膝から下がズーンとしています。もうだんだん動けなくなるのではないかと落ちこんでいます。

投稿: ゆー | 2009/08/04 12:03

画像所見ではすべてがわかるというわけではないので判断の難しいところです
私も文面では具体的なことがわりませんのでハッキリしたことはいえませんが、年齢的にもそのまま悪くなるとも思えません
つらいお気持ちはよくわかりますが、精神的に追い詰められると症状が悪化することもありますので気持ちだけは負けないように頑張ってくださいね

投稿: ひろ | 2009/08/04 13:31

20年に腰痛(3・4・5のヘルニア+脊柱管狭窄症+5番変形性腰椎症)の診断で手術を2回しましたが坐骨神経痛が残っています。梨状筋症候群ではと疑っています。近いうちに整形外科で診断してみますが・・
2回目の手術は何だってんだろう。
仕事柄ゴルフ+デスクワーク+飲酒の毎日で強烈なストレスの結果
でした。反省しています
どうしたら梨状筋症候群が治るのか教えてください

投稿: misuzu | 2009/09/23 19:55

手術も必要なときがありますが、した方がすべて治っているかといえば難しいところです

手術して治らなかったから直ちに梨状筋症候群というわけにもいかないので判断の難しいところだと思います
腰痛の多くは生活習慣が大きな原因となりますからね
もし仮に梨状筋が原因だった場合もなかなかご自分だけの努力で解決するのも難しいと思いますので信頼できる専門家に手伝ってもらったほうがいいと思います

その中でできる範囲でウォーキングなどの軽めの運動で周辺筋肉を活性化するのもいいですが、運動のやりかた如何ではかえって症状が悪化する恐れもありますので専門家と相談しながらのほうが無難だと思います

投稿: ひろ | 2009/09/23 20:25

腰痛で検査をしました。梨状筋症候群と診断されました。仕事が車の運転と荷物の上げ下ろしをするので負担が来たのだと思います。今、仕事は休みをもらっているので痛みは少しましです。早く治して復帰したいのですが,スポーツトレーナに筋肉を緩めてもらっていますが,針灸も取り入れようかと思っているのですが、どう思われますか

投稿: はな | 2009/09/29 17:52

お仕事を休まれるくらいですから大変みたいですね
どの治療法がいいかはなんともいえません
むしろ術者の技術や能力の問題のほうが大切ですから

投稿: ひろ | 2009/09/29 18:20

先生、こんにちは。
4年前から、一年に一度ほど、猛烈に腰(尾骨あたり)が痛くなります。
医者に行ったのですが原因や病名がわからないのです。
腰が悪い原因はヨガをしているせいかもしれませんが、この猛烈で発作的な腰痛の意味がわかりません。
当方、4年半前からフランス在住です。
腰が痛くなるのは20分くらいの間で、発作的に痛くなります。誰かが側で私のことを見てるだけで、発作の苦しみがなぜか更に増します。痛みで頭が朦朧としますが、同時に意識ははっきりしてきます。寝たまま動けず、呼吸がひどく乱れて、大汗をかいて、震えて、寒くて、30秒おきに痛みの波が上がったり下がったりします。下がるとは言っても、1秒間痛みがないだけで、あとの29秒間は耐え難い痛みです。
人に触れられると恐ろしく苦しいから、2、30分は声の届く範囲の場所にいて尚且つほっといてもらうようにしています。ただ痛すぎて、それを口頭ではほとんど説明できません。
最初の3回はセックスの直後でしたが、今回は朝6時半ごろ、目が覚めて、吐き気がして、すぐ始まりました。そして今回に限ってはその発作のあと高熱が二日間続きました。血液検査では異常はなかったし、風邪の症状は熱以外はありませんでした。
これは一体なんなんでしょうか。教えてください。

投稿: 市川 | 2009/12/16 06:28

まことに申し訳ありませんが症状などはしっかりとご説明いただいてはおりますが、部位についての情報が少ないのでどのような原因によるものかはまったくわかりません
あしからずご了解くださいませ

投稿: ひろ | 2009/12/16 08:15

部位はちょうど尾骨のあたりです。
発作的に痛くなるのはいつも同じ場所です。
ただ今回は尾骨以外に尾骨近くのお腹も痛かったです。
このような症例は実際自分の周りでは聞いたことがないのですが。

よろしくお願いいたします。

投稿: 市川 | 2009/12/16 19:16

う~~ん やっぱりわかりませんね

いつも仕事のときにはあらかた見当をつけて触っていくんですが
文章だけでわかることってあまりないんです
典型的なパターンならある程度のことも申し上げられるんですが
市川さんの場合珍しいケースのようなのでまったくイメージが浮かんでこないんです
お役に立てなくて申し訳ありませんが、いずれにしても医師の診断を受けられることをお勧めしたいです

ごめんなさい

投稿: ひろ | 2009/12/17 08:04

やはり稀な例なんですね。
フランスの開業医は日本と違って、看護婦を雇わず一人で受付も事務もこなしている場合がほとんどです。今回は診察してもらうとき、話しを最後まで聞いてもらうのが難しいくらい先生は忙しかったのです。
それで腰については、その発作が出たときにしか診断できないと言われました。他の医者にあたるか、次回日本に帰国するとき、日本の医師に相談してみます。

先生、ご親切にどうもありがとうございました。

投稿: 市川 | 2009/12/18 04:28

お役に立てず申し訳ありません

洋の東西を問わずいい先生を探すのは難しいもんなんですね
緊急性すらもわからないのですが
時間をかけて納得できる治療を受けさせてもらえるところを探してくださいね

投稿: ひろ | 2009/12/18 08:26

はじめまして 北の国の医療過疎に住む59歳(女)の住民です。グチを聞いてください。H19年10月 某病院で椎間板ヘルニア(L5S1)の手術。8ヶ月後から腰痛・痺れ  受診するとかーるい口調で「再発だねー。また手術ですね」でした。不信感を覚え いろいろ情報を集め 近隣では、名医の評判の脳外科を受診。再発ではなく最初の手術で取りきれてなく、癒着が酷いとの事。再手術で困難との診断でしたがH21年8月手術。2ヶ月後のWRIでは、きれいに除去との事でした。でも、お尻・太ももの裏・ふくらはぎ・足の付け根の痛・痺れが続きました。12月、梨状筋症候群と仙骨間接障害との診断で入院。ブロックとリハビリで22日間。年の暮れでもあり一応退院。しかし 1月末歩けない状態で再入院。40日間 以前と同じ治療を受けましたが、痛み・痺れとれないままです。家事もままならず、ほとんど寝たきり状態です。これからどうしたら良いか、悩む毎日です。ちなみに両病院とも、自宅から150キロ離れています。良い治療をしてくれる所が有れば、何百キロ遠くても行きます。

投稿: みり | 2010/03/20 21:10

最近つくずく思うのですがいい治療とは、技術的なことよりもその方の症状に一番適した手法が用いられることだと思うのです
手術の方法も状況に応じていろいろなやり方があるそうです
そのうえで術者の技量の良し悪しが出てくるんだと思います
これは病院でも整骨院でも民間療法でも同じです
「良い治療をしてくれる所が有れば、何百キロ遠くても行きます」
このお言葉が患者さんの本音に違いありません
文面を拝見するとみりさんの状態に適した方法がとられたのだろうかという疑問が残ります
全く状況を知らない私が軽々と申し上げるべきではないんでしょうが・・・

せめて一日でも早い回復をお祈りいたします

投稿: ひろ | 2010/03/21 08:12

先生 ありがとうございます。 やはり 同じ病名がついても症状は人それぞれ(入院中、患者同士の話で・・) 治療もドクターが患者の話を良く聞いたうえで施術してくれるのが本当ですよね!  26日 退院後 初受診の予約をいれています。
その時 私の現在の様子・気持ちをはなし、今後の方針を決めます。  今日も痛くてうなってました。 150キロ 遠いですよー。なにしろ座っていられないのですから。  私のような方いらっしゃいますか!

投稿: みり | 2010/03/21 19:14

みりさんのような方は私の周りに大勢いますよ
私のようなものを頼って来られてもできることとできないことはきちんと申し上げているつもりです
先日も手術を受けることが決まった方がおられ、ずいぶん長いこと通っていただいたのですが、結果的に改善しなかったので最終的に手術という結論になりました
ただその方の症状に適した手術内容を比較検討するにあたってずいぶん悩み時間をかけて手術方法を選択しました
それでもやってみないとどういう結果が出るかわからないのですが、これ以上考えることはできないというほどいろいろ悩まれたようです

我々も同じですが手術方法でも得意な方法とそうでない方法があり、つい自分たちのできる方法を勧めがちになります
それがその方の状態にぴったり合うならともかくそうでない場合もあるみたいです
人ごとじゃなく自分自身そういう客観的な判断をしているかどうかわからない時もあるんです
とても難しい問題だと思います

投稿: ひろ | 2010/03/22 07:30

お忙しい中ありがとうございます。私の場合 最初の手術が軽はずみだったと反省しています。もっともっと調べ、考えるべきだったのです。 在る整体の先生に「手術した後の治療では、骨のずれ等を調整するのは難しい」と言われたのですが、先生はどう思われますか?

投稿: みり | 2010/03/22 11:41

まず申し上げたいのは整体でなんとかなる種類の症状なのかもきちんと判断すべきだと思います
我々民間療法も自信があるのかどうかわかりませんが、むやみやたらと骨のズレを強調し、あたかもそれだけで症状が治るかのような発言をしがちです
これはこれで危ないことも多いので何が原因かを見極めどういう治療法が一番効果的なのかを判断しなければなりません
全部ひっくるめた話になりますが、それぞれ営利目的でやってる以上、我田引水の説明も多くこれがかえってみなさんの判断を誤らせたりするのでしょう

少なくとも客観的な判断材料になるものとしてはレントゲン・MRI・CTスキャンくらいになります
だから最初は病院で診てもらうべきだと私は思います

ただその整体の先生がおっしゃる通り手術した後の方は、残った痛みの原因が手技療法でどうにかなる問題とは違うところで発生していることが多いので、手術した後の方は基本的にはお断りしているのが実情です
そういう方には骨格調整できたとしても問題の本質と違うことが多く効果はあまり期待できません

投稿: ひろ | 2010/03/22 12:08

ありがとうございました。 何とかこの痛みを取り除くべき 0から(マイナスからですね)スタートします。

投稿: みり | 2010/03/22 19:56

坐骨神経痛のほとんどは下部腰椎の圧迫によりおこります
それゆえ足が痺れているような場合たいてい腰椎5番4番あたりの矯正をするのですが何度やってみても効果が現れないときに初めて梨状筋を疑うのです
梨状筋は場合によって見過ごされがちになる原因といえます
原因にたどり着くまでも厄介で・・・
   って・・・
治療家として失格じゃないですか?
原因じゃなかった腰椎4.5番をどれだけいじめたのですか?
何度もイジメ、治らないから梨状筋を疑うのですか?
施術前に梨状筋は触らなかったのですか?
腰椎4.5番や梨状筋の検査はしなかったのですか?
治療家としてひどいんじゃないですか?

投稿: ヨッシー | 2010/04/18 07:51

言われるとおりかもしれません

この仕事をし始めた頃は身体の部位を切り離した上での評価をしていたのですから、きりがないわけです
ここで詳しいことを申し上げるのは差し控えますが「身体はひとつのユニットである」というオステオパシーの理念に沿えば、腰椎や梨状筋の評価にこだわることさえたいした問題ではないのかとすら思うようになりました

私にとって変遷の過程だったんじゃないかと思うのです
未熟さについては今もなお、いやむしろ今の方がわからないことも多く精進の必要性を感じるのですが、こういうことを考えていた時期もあったということでご理解願いたいと存じます

投稿: ひろ | 2010/04/18 08:14

はじめまして

 8月にランニング中にお尻を痛めました。坐骨神経痛と思い覚悟したのですが、お尻の真ん中辺りの痛み以外、つまり大腿部から下の部分には痛みがないのです。これって梨状筋症候群だと思うのです。そこでこの後のアクションをどう取るかですが、整形外科で神経ブロックを注射してもらうか、整骨院に通うかですがどの方法もありえるので迷っています。よろしくお願いいたします。

投稿: あやめちゃん | 2010/10/16 09:04

文面からだと判断が難しいです
梨状筋の問題以外にも該当しそうなことが考えられますので
とりあえずは整形外科で診断を受けてからのお話になると思います

投稿: ひろ | 2010/10/16 10:24

ありがとうございます。

 整形外科では筋肉の炎症と診断され、腰痛体操を勧められました。これを続ければよいと思っているのですが、もっと早くなす方法ってないのかなと思った次第です。マラソン歴4年でこうなってしまった以上、元に戻るのもある程度の期間は要ると覚悟はしていますが。もう一度神経ブロックを医者におねがいしますか...

投稿: あやめちゃん | 2010/10/16 10:41

ありがとうございます。

 整形外科では筋肉の炎症と診断され、腰痛体操を勧められました。これを続ければよいと思っているのですが、もっと早くなおす方法ってないのかなと思った次第です。マラソン歴4年でこうなってしまった以上、元に戻るのもある程度の期間は要ると覚悟はしていますが。もう一度神経ブロックを医者におねがいしますか...

投稿: あやめちゃん | 2010/10/16 10:45

先に整形外科で受診されていたんですね
単なる炎症だとそのうちに治っていくことが多いのですが
身体を支えるのに使う部位だけにしっかり休ませることもできませんので、長引くことも多いので難しいところですね
私は触りながら様子を見て判断するので文章だけでははっきりとこれがいいということを言ってあげることができないのですが、しばらく様子を見て改善しないようでしたら手技療法を受けるのもいいかもしれません

この程度のお答えで申し訳ありません

投稿: ひろ | 2010/10/16 10:53

初めまして!

坐骨神経痛だと思っていたら、どうやら梨状筋症候群のようです。まだ診断は出ていませんが。来週、MRIを受ける予定です。

義母の介護などが原因かなぁ?と思っています。
右のお尻の辺りから足先まで痛みが走り、時にしびれ、車で出かけた後は痛くて大変です。今は、痛み止めを処方してもらっているので、車に乗らなければそんなに辛いことはありませんが、いつまでも痛み止めに頼りたくないし・・・と思っています。 
実は、バレエをしていて、来年6月に発表会があり、参加できるか?辞めるべきか?考えています。カイロプラクティックなどの治療で元に戻ることは出来るのでしょうか? 色々ネットで見ていると、許されるのは、やはり安静、ウォーキングぐらいなのかなぁ?と。。。
私の仕事が、自宅で英語を教えること。と言うわけで、2時間ほど座った状態でレッスン・・・ということが週に4日。今は痛くて、運転が出来ないので、バレエはお休みしていますが。。。
先生の見解をお聞かせいただければ嬉です。
よろしくお願いします。

投稿: オバサンバレリーナ | 2010/12/11 19:01

神経圧迫による異常が出ているようですね
ただ文面からでは梨状筋の問題なのか腰椎付近の問題なのかは特定できかねます
さらに言えばヘルニアや椎間狭窄症の可能性もあると思います
まずは病院で診断結果が出てから次の対策を考えないといけません

早く治りたいお気持ちはよくわかりますが
どういう状況かがわかってからでないとどういう治療が適しているかはわからないのです
焦らずじっくりと治していただくようお願いします

投稿: ひろ | 2010/12/12 07:12

ありがとうございます。
今日、ヘルニアという診断が出ました。
神経ブロック注射が有効とのことで、来週することになりましたが、これも効き目がある人とあまりない人といるようですね。
上手く効いてくれると良いのですが・・・

他に何か良い治療法があれば、教えてください。
まだ試したことはないのですが、カイロプラクティックはどうなのでしょうか? ストレッチなどなど、ある程度はやった方が良いのでしょうか?

投稿: オバサンバレリーナ | 2010/12/16 16:41

とりあえず診断はヘルニアだったようですね
逆に即に手術の必要はなさそうなので保存療法が取られるという判断だったということですが、実際問題ここからが難しいかもしれません
ご質問の適した治療法についてなんですが、私個人の見解で申し上げますと、手技療法についてそれぞれの良さはあると思うのですが、実際に受けるとなると使われる技法云々よりもそれぞれの治療家の状態を認識する能力や技術力の方がはるかに重要な問題になってくることは知っていただきたいのです

鍼治療でもカイロプラクティックでもオステオパシーでも熟達した技術者もいれば初心者もおります
どちらの施術を受けたいかは言うまでもありません
私も人様のことを偉そうに言えた義理ではありませんが、口コミで腕のよさそうなところを探すほかないと思います
こういうご時世ですからお金をかけて派手な宣伝を展開しているところも少なくありません

カイロプラクティックでももちろん熟達した術者はおられるはずです

できれば慌てるかとなく時間をかけて周りからの情報に頼るのもひとつの方法だと思います

なおストレッチなどの具体的な方法に関しましては実際に状態を見ておりませんので遠慮させてください
かえって悪化することも考えられますのであしからずご了解ください
実際に触ってから判断するという我々の仕事上の性格からご理解くださいませ

一日も早いご快復をお祈りいたします

投稿: ひろ | 2010/12/16 17:01

アラスカ在住のジェリーと申します
55歳の男性です

梨状筋症候群で半年ほど苦しんでおります (^_^;)

1分以上立っていられません、痛みが出るので。

自分でエゴスキューと電気治療器を行なってますが今ひとつ改善が見られません

いま住んでいるところは辺鄙な島なので病院とカイロしかありません
この状態でどのような治療をしたら良いでしょうか?

投稿: じぇりー | 2012/05/04 04:34

その症状やご自身の体力によってもやり方はずいぶん異なります
ただ無難なところでは少し大股でのウォーキングで梨状筋にストレッチをかけるような歩き方をお勧めします
ただし数年程度の期間を必要とするかもしれません

私らの施術でも長くかかることはよくあるんです

投稿: ひろ | 2012/05/06 09:00

こんにちは。
私は自転車競技を始めて5年目になります。部活なんですけど、1年ちょっと前くらいから、自転車をこいでるときだけ右脚全体がパンパンになり力が入らなくなるという症状に見舞われ、なかなか監督や先輩にも言えずそのまま1年トレーニングをしていました。
徐々に症状は悪化し、限界を感じた私は監督と話をし、トレーニングを休むことになり、今で2か月半ほど経ちます。病院に行ったところ、梨状筋症候群の可能性との診断でした。
日常生活はさほど支障はなく、座っているときなどは右坐骨が少しゴリゴリあたり、そことそこから脚にかけて違和感を感じる程度です。痛みなどはそんなに感じません。はっきりした症状が出るのは自転車をこいでいるときだけなんです。
鍼灸やその他の温熱療法を続けていますが、違和感はあまり変わりません。
おかしい状態でトレーニングしていた期間が長かったので、やはり長期の治療になってしまうのでしょうか。最悪、競技復帰できないこともあるのでしょうか。

投稿: ちゃりんこ | 2013/01/18 17:38

競技との関係において具体的なケースをあまり存じ上げませんので言及は控えます
梨状筋という筋肉は姿勢保持にも働き
動いてなくても働いてるのです
それゆえ日常の姿勢でも疲労が重なり
なかなか治癒に至らないのが梨状筋の特徴でもあります

それと梨状筋だけが悪いというケースはまれで
他の筋肉も合わせて緊張しているのがほとんどです
どういう治療法が適しているかはわかりませんが
効果が感じられないようでしたらいろいろな方法を試してみるのもいいかもしれません

投稿: ひろ | 2013/01/18 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/16452262

この記事へのトラックバック一覧です: 梨状筋症候群:

» 坐骨神経痛について [都心から郊外へ・・・・]
坐骨神経痛についていろいろ検索してみると お尻の仙骨から外側に回りこむ 梨状筋(りじょうきん)っていうのがあって これが硬くなったり炎症すると坐骨神経を圧迫して 坐骨神経痛になるようです。 梨状筋症候群とも言われているそうです。... [続きを読む]

受信: 2009/01/07 09:15

« 入れ替わり | トップページ | フードコート »