« 釜たけうどん | トップページ | 寝狸 »

2007/07/11

エアコンを上手に使いこなす術

エアコンを上手に使いこなす術

梅雨、そして迎える夏本番は、エアコンの出番。蒸し暑さから、冷房の設定温度をつい低くし過ぎてしまい、家族に「寒い」と言われた経験もあるのではないだろうか。一方、「エアコンをつけたまま寝ると体がだるく、すっきりと目覚められない」といった悩みを抱えている人も少なくない。夏にエアコンを上手に使いこなすコツについて、ダイキン環境・空調技術研究所主席研究員の新井潤一郎さんに聞いた。
(頼永博朗)
 
 
新井さんは「夏は、室温を下げることが涼しくなることと考えがちですが、最も大切たのは、湿度をコントロールすることです」と、湿度調節の大切さを呼びかける。
人が快適と感じる室温・湿度には個人差があるが、夏であれば一般に室温は25~28度、湿度は50~60%とされ、国際的な指標を基に米国の研究機関が算出したデータによると、「25度・50%程度」という。
温度・湿度の心地よい組み合わせは本来、温度が低くなるほど湿度が高い「低温・多湿」、温度が高くなるほど湿度が低い「高湿・乾燥」といわれる。しかし、ダイキン工業の調査では、実際には、その逆の「低温・乾燥」「高温
・多湿」と考えている様子が浮かび上がった。
「温度に比べ、湿度への理解が不足していることが原因と考えられます。夏は温度が多少高くても、乾燥していれば体内の熱を放出しやすいので、体内温度が下がり涼しく感じられます」。また、一般のエアコンでは、除湿運転をすると、室温が約2度下がるといわれる。
ただ、いくら湿度を下げて体感温度が快適になっても、部屋を閉めきった状態のまでは、空気がよどんでくる新井さんは「2、3時間ごとに換気をし、部屋の中に自然な風を送り込むことも大切です」と話す。
では、寝苦しい夜は、どうすればよいか。快眠には、入眠→熟睡→目覚めの体温変化に合わせて室温を調節するとが大切だという。新井さんによると、体温周期に合わせて室温を変化させる実験をしたところ、6時間の睡眠で、深い眠りの時間が通常90~100分から約3割増えた。
「人間の体温は、寝てい間は徐々に低下し、起床前徐々に上昇します。このパターンを利用して、入眠時に室温を下げることで深い眠りに誘導し、起床前は室温を上げることでスムーズな覚醒を促すことができます」。一方、室温ではなく、湿度を入眠時に下げることも有効という。
最近は、室温・湿度の調節を自動で行う機能が付いたエアコンもあるが、機能がなくても、就寝時に室温を約2度低く設定し、タイマーを使って起床の1~2時間前に切れるようにすればいい。仮に睡眠中ずっと運転させる場合
は、室温を28度程度に設定したい。また、風を直接、体に当てないようにも気をつけたい。湿度についても同様だ。
新井さんは「肝心なのは、明け方に冷えすぎないよう注意すること。そうすれば、目覚めもすっきりし、肌やのどの乾燥を防ぐことにもつながります」とアドバイスしている。

(産経新聞)

夏になるとウチでもクーラーを使います
一番困るのは室温設定です
大勢の方が来られるので暑がりの方も寒がりの方もお見えになります
ある程度人に合わせて温度設定を変えるのですが
一番大切なことはこの空間で快適に過ごしていただくこと
それに体調が優れない人は身体が冷えやすい傾向にあるということです
そいうことから極端に冷やすことは厳禁です
施術が終わるころに身体が冷えてしまってはせっかくの施術が意味を成しません

ウチでは数年前から「冷房」に設定しません
ずっと「ドライ」で運転を続けています
ある程度の除湿で室温が高い目でも比較的快適に過ごせるからです

それともうひとつ大切なことは
リモコンの温度設定を信用しないということです
例えば26℃の設定にしていても
日中の暑い時間には30℃近くまで室温計は跳ね上がります
逆に夜になると24℃まで下がることもあります
意外にリモコンの設定温度は外気に左右されやすく
知らず知らずに冷えすぎているケースも少なくありません
ウチでは2箇所に室温計を置いて、それを眺めながら温度設定をマメに変えます

同じクーラーでも四畳半の部屋に設置するのと
10畳の部屋に設置するのとでは実際の室温が違っても当たり前です
ある専門家の方の話によるとメーカーによっても5℃くらいの誤差はあるそうです
それが誤差と呼べる範囲かどうかは疑問がありますが・・・(笑
「あくまでも『強』『中』『弱』と考えた方が間違いない」と教えていただきました
037_2

クーラーは快適に暮らすための道具ではありますが
微妙な部分においてはあくまでもそれぞれの人がきちんと管理した方が
その性能をよりよく利用できるようです

|

« 釜たけうどん | トップページ | 寝狸 »

コメント

こんばんわ!
エアコンの出番、間近ですね。
まだ、フィルターの掃除していなくて。
梅雨に入る前は、かなり暑かったですが、
今は、扇風機をつけたり、消したり。
大勢の方が来られると、気を使われますね。

投稿: うさうさ | 2007/07/11 22:36

エアコンの掃除はしたのですが
湿度が高いとやっぱり嫌な匂いがします(´・ω・`)

今の時期は調節が難しいですね

投稿: ひろ | 2007/07/12 07:45

今年の夏は、ここへ来て「猛暑」か?
はたまた「冷夏」か?意見が割れてい
ますが、どっちなんでしょうね~。
因みに未だにエアコン未使用で頑張っ
て(いや、頑張っていませんがw)い
ますw。

20代の頃は、寝汗が寧ろ体調のバロ
メータという思い込みがあって、4年
ほどエアコン未使用で過ごしたもので
すが(汗)、今年はそうもいかなそう
なので、参考にしたいですね♪

投稿: あっけ | 2007/07/13 11:09

使わないですむものならなるべく使いたくないんですけどね
家ではクーラーのない部屋で過ごしています
それで体調がよくなりました

投稿: ひろ | 2007/07/13 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアコンを上手に使いこなす術:

« 釜たけうどん | トップページ | 寝狸 »