« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

嗜好

仕事をして疲れたときに無性に梅干が食べたくなるときがあります
肉体労働ですので多少の塩分も欲しいですけど
梅干に含まれているクエン酸は疲労物質の乳酸の燃焼を助け
疲労回復の効果があるそうです

後半戦に差し掛かりチョッと疲れてきたなというときにPhoto梅干を口に含むと・・・
「よくぞ日本人に生まれけり」と感じたりします(笑

頂き物の美味しい梅干がなくなりそうなので
おやつタイプの梅干を買ってきました
Hoshiume

これならば乾燥しているので食べやすい
こう思ってふた袋購入して置いていました

数日後この梅干を食べてみると・・・
口いっぱいにバニラの甘い香りが広がってきます
すっぱいからこそ梅干なのに・・・
大いに違和感を感じながら裏面の表示を見てみると
Hyouji

なんと。。やっぱりバニラが入っています(汗

「所変われば品変わる」といいますが
梅干にバニラを入れる感覚はどうも私には理解できません
おやつだからなのでしょうか?
それとも「梅干」ではなく「ほし梅」だからなのでしょうか?
ひょっとしたら「ジンギスカンキャラメル」の類の商品なんでしょうか?

少しだけ悲しい気分になりました(;´д`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/29

朝食の風景

今年の1月に水槽にお目見えした古代魚のポリプテレス
117

初めてきたときはわずか6~7cmの大きさだったのですが
近頃食欲が旺盛でなんでも食べるようになりました
肉食魚用のペレットフードをやっても口に入らず
ハサミで半分に切ったり、小さめの乾燥クリルを与えたり
食事には苦心しながら段々成長してきました

しかしこのところ身体も大きくなって口やノドも大きくなったのでしょう
なんでも食べるようになりました
ペレットフードもそのままで飲み込み
量的にもいくらでも食べてしまい食べ残すこともなくなりました

それならばと・・・
以前普通の熱帯魚に与えていた金魚の餌のフレークフードを与えてみました
06280001

すると。。ごらんの様子です
「ガツガツ食べるポリプちゃん(笑)」をダウンロード

なんでもすごい勢いで食べてしまいます^_^;

おかげでここ一ヶ月ほどでずいぶん身体も大きくなりました
06280004

体長もおよそ15cm以上になりました
とりわけお腹周りもご立派になられて横綱の風格が漂います(笑

30cm水槽を我が物顔で泳ぐ姿は迫力満点・・・
幸いにしてポリプテレスでもセネガルスの種類はさほど大きくならないので
この辺で成長もとまるはず?ですのでさほど心配しておりませんけど
ちなみに他の種類のポリプテレスは1m程度まで大きくなります

なにはともあれ元気な姿で食事をしてくれるのは嬉しいものです(´-`)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/06/28

修理

電気製品も長いこと使っていると故障のひとつもします
先日、空気清浄機のリモコンのスイッチを押しても反応しなくなりました
032_1

最初はリモコンの電池切れかと思い
電池を入れ替えました
033_1

ところが電池を入れ替えたのに反応なし・・・
コンセントを抜いて再び差し込むと軽く火花が飛び散ったので
コネクター部分の線が切れたのがわかりました
034_2

何年も同じ状態のままで差し込んでいたので内部で切れてしまったんでしょうね


翌日コネクターを買ってきて作業開始
036_1


035_1

コンセントをニッパで切り落とし
買ってきたコネクターをつなぎます
037_1

所要時間5分で作業完了

ついでの機会だから空気清浄機の中の掃除もして
気持ちよく動いてくれるようになりました

もし修理に出していたら数千円は請求されるでしょうな(´-`)
浮いたお金でうどんでも食べに行くことにしましょう(笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/27

内臓へのアプローチ

腰痛といってもこの時期になると
寒さのせいで筋肉が拘縮することはあまりありません
むしろ間接的にクーラーの影響で足が冷えて腰痛の原因となることもあります
この場合単純に腰周辺の筋肉が拘縮するというよりは
足元が冷えることにより自律神経が乱れ内臓の動きが鈍くなり
その影響で腰痛になるというケースが多いようです

ということは施術の組み立ても一般的な腰痛関連のテクニックだけではなく
内臓の動きを促進するためのテクニックも必要となります

昨日もご説明しましたがオステオパシーには筋骨格系のテクニックだけではなく
多くの技法が存在します
その中で内臓マニュピレーションといって本来の内臓の動きを取り戻すためのテクニックもあります
そのほか私が独自に考えた手法もいくつかあるのですが
複数の方法で内臓に対するアプローチを試みます

内臓に対するアプローチといっても
私たちが対象とするのはそれらの「機能障害」です
たとえばガン細胞があるとか潰瘍があるとかの質的な変化に対してはその対象とはしません
簡単にいうと内臓が弱っていたり、疲れているような状態を言います

しかもアプローチを試みたからといってすぐにいい結果がもたらされるわけではありません
正直申し上げると一筋縄ではいかないというのが現状です
しかし内臓の機能が正常に動かないことが原因でいくつかの症状が出ているのであれば
放置しておくわけにもいきません
それだけもとの症状が長引くからです

弱っている内臓自体には自覚症状がない場合も多いのですが
むしろ自覚症状が出てしまっては、それだけ状態も悪くなっているともいえます

気長に回数をかけて施術しないといけない場合も多いのですが
この時期の「痛み」の背後には内臓がかかわっているケースがあるということも覚えておいていただきたいですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/26

オステオパシーの説明

「オステオパシー(osteopathy)」とはクラウン英和辞典によると
「整骨療法」とあり
「病気は骨の位置異常に基づくという説によってその調整を行う病気治療法」
と説明されています
この記述を見る限り日本での「柔道整復師」と似通った感じになります

1874年にアメリカミズーリ州の医師アンドリュー・テーラー・スティルによって創始されたオステオパシーは
当初、スティルテクニックと呼ばれる骨格矯正のテクニックからスタートしました
しかしその後、オステオパシーは多くの医師たちの考案したテクニックが普及することにより
単なる骨格調整をする療法にとどまらず運動器系、循環器系あるいは脳神経系などの広範囲の治療法として進化していきました
その中には内臓マニュピレーションという内蔵機能の向上を目的とするテクニックもあります

日本の国においては私たちのオステオパシーも医師が行うわけではなく
民間療法のひとつとして位置づけられます
そういう点では我々「オステオパス」も一般的には
「整体師」としてカテゴライズされるというのが現状のようです
そういう背景から訪れるクライアントも「腰痛」や「肩こり」などの
筋骨格系の症状をお持ちの人が多いようです

「オステオパシーって何をするんですか?」
初めての方からはこういう問い合わせが多いのですが
その症状、原因、年齢などいろんな要素により施術内容は変わっていきます
ただひとつ間違いないのはすべて手技療法によってなされるということです

多くの技法を持つオステオパシーではありますが
それぞれの技を使うときには根底を流れる理念があります
「身体はひとつのユニットである」
「身体の機能と構造は一体のものである」
「自然治癒力を鼓舞することを主眼とする」
ひとの身体は全体の調和からその機能が働き
その機能には自らの身体を保とうとする力(恒常性)も含まれるということと解釈しています
それゆえ「腰は腰」「膝は膝」と部分的に捉えることなく
包括的に全体のバランスを見ながらアプローチをしていくという手順になります

いささか抽象的な説明になりましたが
オステオパシーを全体から見るとこのような説明しかできないのが現状かもしれません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/25

三連投

今回はGW以来久しぶりに「讃岐うどん工房 かどっこ」さんへ出かけました
034_1

段々蒸し暑さを感じるようになりバテないように「山かけうどん」を注文
031

山芋のヌルヌル感がたまりません
コシの強さも健在です

ご主人といろいろお話をしているうちに
話題はかけうどんの食べ方について・・・
以前「饂飩の四国」さんで食べた「ひやひや」
水で締めた麺に冷たいかけダシをかけて食べるわけですが
水で締めた麺に温かいダシをかけて食べる「ひやあつ」は未体験
そんな話をしていたらご主人が
「おっしゃっていただいたら『ひやあつ』もお作りしますよ」といってくださいました

水で締めた麺を再び茹でることがないので
引き締まった麺のコシやツルツルしたのど越しもそのままで美味しいだろうな
・・・ということで辛抱しきれずに翌日も「かどっこ」さんへ
当然、「ひやあつ」を注文しトッピングにちくわの天ぷらもお願いしました

うどんが出来上がるのを心待ちにしていたそのとき
ポケットに手をやると・・・
「あっ!!サイフを忘れた」・・・(゜_゜I)タラー・・・
ご主人に平謝りで後日お金を払うということで
うどんにありつけました

033
かけうどんの「ひやあつ」にちくわの天ぷらです

食べてみると予想通りツルツルした食感はそのまま・・・
この店の特徴のインパクトのあるいりこダシの香りも損なわれていません
麺を再び茹でたものよりこちらの方が美味しく感じました

うどんは「ひやあつ」、サイフを忘れて心は「ひやひや」
みごとなオチまでついてしまいました(笑

そしてさらに翌日・・・
お金を払うためにみたび「かどっこ」さんへ・・・
どうせここまできたのならといただいたのが釜玉うどん

035

初めてこのお店を訪れたときに食べたのがこのうどんでした

三日連続で「ぶっかけ」「かけ」「釜玉」と三種類のうどんを楽しみました
藤川球児ばりの三連投でございました(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/24

JUST YOU

先日伺った東心斎橋にある「In Our Time」というギャラリー
teruさんのプチ個展が開催されているということで出かけてまいりました(笑

ここのマスターが相当のジャズ好きで
相当の数のPL盤やCDが置かれています
Inourtime
画像はHPより無断拝借(笑

とりわけ女性ボーカルがお好きだそうですが
それ以外のジャンルに関してもなんでもご存知です
1時間ほどマスターと話し込んだんですが
「ジャズの楽しみ方」について意見を交わしました

一言でジャズが好きといってもそのジャンルが広すぎて
すべてを楽しむということはなかなかできません
ジャズマニアの多くはインストゥルメンタル専門が多いそうですが
かつて私もボーカルよりもインストばかりを聴いていました

実際ボーカリストのライブに行ったのはもんちさんのライブが始めてで
それまでライブに出かけるのはインストばかり
いわばもんちさんや黒岩静枝さんとの出会いは
私にとって新境地の開拓だったわけです

基本的に楽しめればなんでもいいわけで
とりわけワイワイ騒ぎながらみんなで楽しむというスタイルが最高ですね
マニアの中には目を閉じて瞑想するかのように音楽を楽しまれる方もいますが
根が雑な私はドンチャン騒ぎをするかのように参加型の楽しみ方が好きなようです

たいして知識もないくせにボーカルの真似事をしてしまう図太さも
「一緒に楽しみたい」という一念がそうさせるようです

上手いとか下手とか、玄人だとか素人だとかはたいした問題じゃありません
「音」を「楽しむ」と書いて「音楽」です
開き直りにも似た理屈を振りかざし、客観的な評価に背を向けて(笑
ひたすら楽しんでおります

最近お手本にしているボーカリスト
Just_you
小林 桂  JUST YOU

日本の女性ボーカリストだったら数人は名前が浮かんできますが
男性ボーカリストとなるとあまり詳しくありません
クセがなくさらりと歌える実力は本格派のジャズボーカリストだからこそできる業
澄んだ綺麗な声質は私にそっくり←大嘘です

じっくり見れば顔立ちだって・・・(爆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/23

違うっちゅ~ねん

以前に比べるとずいぶん蒸し暑くなりましたが
窓を開けると涼しい風が心地よく入ってきます
基本的にクーラーが嫌いな私はよほど辛抱できない限りクーラーを入れません
私だけの問題ではなく施術中ベッドで寝たままの来院者は
足元が冷えやすい状態になります

そういうわけで自然の風を心地よく受けながら施術をしていると
お互いに気持ちよくなれるのですが
いいことばかりとも限りません

整体院の前は一応バス通り
それなりに車も通るので多少の騒音も入ってきます
参議院戦も間近ということで宣伝カーも賑やかに前を通り過ぎてくださいます(苦笑

時には通行中の人の声も耳に入ります
「ここ何やってはるんやろ~~」
「『ようつうのやかた』やてぇ~~」

il||li _| ̄|○ il||li

誰が「ようつうのやかた」やねん(;´Д`A ```
「の」は書いてませんよぉ~~
お化け屋敷と違いまっせ    ~~~(m-_-)m

吉本新喜劇ならばここでズデ~ンとズッコケルところなのでしょうか
開業して間もないころ同じことを言われたこともありますが
意外に地元では知名度が低いのかなぁ
久々に凹んでしまった今日この頃です(_ _。)・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/22

ラケット

042

このたび購入したラケットです

テニスを始めようというのではありません
このラケットは「電撃殺虫ラケット」といって
ネット部分に電流が流れてハエや蚊を退治するという優れものです

これでお仕置きだっちゃ
Uruyatu


まだ蚊にかまれたあとが残ってるがな(;´Д`A ```

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/06/21

冷麺館

好きなんだけど~~~♪
このような歌が昔ありましたね
食べたいけど食べにくい・・・
それが韓国冷麺

たいてい焼肉を食べに行って、締めで冷麺を食べるのが一般的です
冷麺だけ食べに焼肉屋に入るということは
気の弱い私にとってはとても困難なことです
ところが冷麺いっぱいだけでも気軽に食べられるお店があります

06190007
冷麺館 心斎橋店

いかにも安直なネーミングには思わず某整体院を思い出してしまいます(笑
しかしなぜか妙な親近感を感じます(´-`)

とってもとっても大切な用事を済ませた後
ついでに立ち寄りました(爆

ラーメン屋のようなカウンター席もありひとりで気楽に入ることもできます
これならば韓国冷麺だけを注文しても気後れすることがありません
お店で韓国冷麺を食べるというのも何年ぶりのことでしょう・・・

お目当ての冷麺が運ばれてくると
06190009

店員さんが「綿を切らせていただいてよろしいですか?」
ということで麺をハサミでジョキジョキ・・・
06190011

元々韓国冷麺は噛み切りにくくハサミを入れてもらうことで
そのへんの苦労はしなくてすみますのでありがたいです

お酢をたっぷりかけてまずは一口
しっかりしたコシの強さはさすが韓国冷麺
スープも冷たくってとっても美味しいですね

帰りは心斎橋から難波まで久々にブラブラ・・・

06190013
釜たけうどん

実験讃岐うどん研究所として大阪ではもっとも有名なお店です
一度このお店も行きたい・・・

営業時間が早く終わるのでなかなか行けません(;´Д`A ```

この日は泣く泣く閉店後のシャッターだけ見て退散・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/20

うどん道場

最近よく目に付くのが「大阪名物かすうどん」という文字
「大阪名物」といえば私にとって「岩おこし」「たこ焼き」「ハリセンチョップ」(笑
大阪に住んでいながら「かすうどん」なるものを食べたことがない
しかもそれがもっとも得意とするジャンルのものであるからなおさらのこと

つい先日まで「かすうどん」の何たるかさえ知らなかったのですが

大阪の南河内地域で食べられてきたうどん。だしの中に、細切れにした牛の小腸(ホルモン)を油で揚げた「油かす」が入っており、独特の風味がするのが特徴。讃岐うどんブームによりうどんが脚光を浴びる中、2003年ごろからその存在が見直され、大阪市内などにかすうどんを出す店が増えている。
ウィキペディア(Wikipedia)の説明にはこうありました

以前も新世界で「ホルモンうどん」は食べたのですが
それともちょっと違うようです

ウチの近所だけでも4~5件かすうどんの看板が上がっています
これは一度食べに行く必要がありそうです

近所で一番面白そうだったのがこの店

044
うどん道場

杭全の交差点のすぐ近くなので距離的にもそんなに遠くはありません

お店のHPをチェックしておいて食べたくなったのがこちら
046
ピリかすうどん

揚げたテッチャンにスパイスをかけて辛口にしたものだそうです
辛いものが好きな私はピリかすをもうひと盛り追加でトッピングしてもらいました
780円+150円は割高感が否めませんがせっかく食べるならと奮発しました(笑

まず驚いたのが麺・・・
太い目の糸コンニャクというか葛きりみたいと言うか・・・
うっすら透明感のある麺でした
食べてみても普通のうどんとは全然違った食感です

お目当てのピリかすも当然のごとく辛く美味しかったですね
ダシのほうはというとカツオベースの合わせダシかと思うのですが
多分「何か」が入っているので私の舌では識別はできませんでした
辛かったので舌がの感覚もおかしくなっていたことはいうまでもありません(笑

どちらかというと正統派のうどんというよりも
アイディア商品的なうどんなのかもしれません
なんとなくうどんとラーメンの中間みたいな印象を持ちました
お酒を飲んだ後に食べてみたいうどんですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/19

趣味

こんな電話がよくかかってきます
「お宅のHPをアクセスアップさせて集客を図りませんか?」
ええ。。昨日も2件そんな電話がありました
中にはこちらの反応も確かめることなくとうとうとご自分のお話をされる方もいらっしゃいます
とりあえずHP作成のメリットだけは全部伝えておこうという考えなのでしょう

私だってブログを含めたHPのアクセスがアップすることは
無条件で嬉しいです

たいてい断りの文句はこんな具合です・・・
「実はねぇ~私個人の趣味としてHPをやってるんで・・・」
「アクセスアップするのはありがたいのですけど」
「はっきり言ってお金を取られて趣味まで取られたらつらいですがな・・・」
とお答えしています

いや~敵もさるもの・・・
「それでも集客がアップしたら、そのほうがいいと思うんです」
たいていこうきます

「ウチは私一人でやってる小さな整体院なもんで、これ以上増えても無理なんです」
これは事実ですわな・・・
ヒマなときもありますけど
一人でできる仕事量のキャパが決まっている以上できないものはできない

本当に集客アップを考えるなら・・・
だれも「うどん屋ネタ」は載せませんよね(笑
もっと真面目なネタを選んで掲載するはずです
        ↑
(能力的にできないという説もありますが)

最近、どちらかというと私のストレスの解消になっている
腰痛館の公式ブログでございます(笑

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/06/18

腰痛の原因

今まで腰痛の原因となる箇所をいくつもあげてご説明してきました
腸腰筋・脊柱起立筋・中臀筋・大腿筋膜張筋・大腿二頭筋・大腿四頭筋・梨状筋・腹横筋
腰椎4~5番・仙腸関節・股関節・・・
書き出したらキリがないほど腰痛の原因となる部位はたくさんあります

私たちの仕事で一番大切なのは施術のテクニックそのものよりも
どこに施術をかければいいかです
それがわからなければ見当違いの箇所に施術をしても思うような結果はでません
話を聞きながら、身体を触りながら・・・
その方の腰痛の原因となる箇所を探すことが初期段階では一番大切な仕事といえます

しかしながら往々にして一箇所だけに原因を求めて他の部分がおざなりになるケースもあります
一箇所だけに集中してもそれだけで痛みが取れるケースはごく稀です
むしろ原因をひとつの箇所に求めるのではなく
数箇所悪いという前提で施術を進めていった方が正解なのかもしれません
日常生活にしろ激しい運動で傷めたにせよ
一箇所だけ悪くなるという器用な真似は難しいはずです
全体的に悪くなったり、疲れたりしていくうちに
強弱がついたと考えた方が妥当かもしれません

ともすれば説明時に「あなたはここが悪いんです」
こう決め付けたほうが説明も簡単ですし
納得しやすいかもしれません
「ここさえ治せば・・・」
テレビの健康番組のように単純に行かないのが実情です


特殊なケース以外は全体の疲労から筋肉の張力のバランスを失い
身体の動的・静的アライメントを損なうことと考えて施術を進めていった方が上手くいくようです
さらにその中で強弱の順列を考察しながら
全体のバランスを整えるような施術の組み立てをしていくべきだと思います

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/06/17

宇野製麺所

讃岐には「瑠美子ばあちゃん」という有名人のお店「池上製麺所」があります
そこで修行されたご主人が東大阪でお店をオープンされたそうです
自転車にまたがり遠路東大阪まで出かけました

039

ここの通りは「近畿大学」の通学路
ちょうど下校時と重なり大勢の学生たちが駅に向かい自転車も思うように進めません
けっこうお店を探すのに迷った挙句ようやく見つけました

038
宇野製麺所

どういうわけか私の愛車。。ママチャリも写してしまった^_^;
通りから少しだけ中に入ったところにあったので探せなかったの仕方がないかもしれません

お店の中も今風のお洒落な感じではなく
いかにも学生街の「うどん屋さん」って感じで妙に落ち着きます

034
うどんにかける生醤油がポンプ式っていうのも親しみを感じますね

036
注文したのが「親子ぶっかけ」
ご覧の通りかしわの天ぷらと半熟卵の天ぷらが乗っかっています

037
このかしわの天ぷらがスパイスが効いてて美味しかった・・・
肉もふんわりジューシーに揚げられていて甘みも充分です
肝心の麺もさすが本格派讃岐うどんって感じで硬派のイメージが強く
太い目の麺はコシも充分、ツヤツヤした滑らかさもあり申し分ありません
ぶっかけダシも大阪のお店特有の甘みもなくいりこダシが効いています

道に迷って30分で到着する予定だったのが50分ほどかかりましたが
それだけの値打ちはありますよね

帰り道で近大の裏手へ抜けましたが
思い起こせば二十歳の誕生日にもここまで自転車で来て
一日ここで過ごした楽しい思い出がよみがえってきました

え~と え~と え~と   あれは8年前のことかな・・・?(笑

宇野製麺所

東大阪市小若江4-11-15
営業時間:11時~14時  16時~19時
定休日なし(今のところ)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/06/16

ナラ・レオン

夏になるとボサノバが恋しくなります
「ボサノバのミューズ(女神)」と形容されるナラ・レオン
軽快なリズムと温かみのある声で魅了します
1987年に他界した彼女ですがいまだなお根強い人気があります

ナラ・レオン=ボサノバと思われがちですが
当時の軍事政権に抵抗しボサノバと決別して政治的な歌を歌うようになり
政治的な弾圧を受けパリに逃げしばらく暮らしたそうです

そんな彼女もやはり私たちにとっては「ボサノバの女神」であることには違いありません

Sunnyside
サニー・サイド・オブ・ナラ・レオン

Cloudyside
クラウディ・サイド・オブ・ナラ・レオン

ナラ・レオンの楽曲を「曇り」と「晴れ」にわけて収録したコンピ盤です
「SUNNY SIDE」では日差しのような暖かなボサノバが中心
けだるさの残るナラの歌唱が魅力的です

「CLOUDE SIDE」ではクールなジャズ・ボッサを中心にした楽曲
シャープな印象の曲目が多いですね

ボサノバの創始期のスター ナラ・レオン
47歳という若さでこの世を去った後でもその輝きは今も変わらないようです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/15

ようやく

例年に比べると過ごしやすい日が多かったように思います
室温を見てみると28~9℃あっても湿度は低いため体感温度としては涼しく感じるようです
あるときは湿度が30%台とかなり乾燥していたときもあるので
気温自体は高くても窓を開けていると涼しい風が入ってきて
気持ちよく仕事をしていたものです
反面乾燥しているためにノドをやられて風邪を引いてしまった方も少なくないようです

梅雨前線も南のほうで停滞しているようですが
以前に比べると蒸し熱さを感じる日が多くなってきました
ウチでもようやくクーラーを入れだしました
終日クーラーのお世話になるのはまだまだ先のようですが
チョッと動いただけで汗が吹きだすようになってきました

過ごしやすいのはいいのですが
元々日本の夏は蒸し暑くて当然・・・
あまり雨が降らないと渇水に悩んだり野菜の値段が高騰したり
後からとんでもないことになってしまいます

ま。。そうでも思わないとこれからの季節はやってられないですからね(´-`)

028


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/14

情報交換 其の弐

この日も情報交換は続きます
近所のたこ焼き屋に集結です
032

この後、お好み焼き・焼ソバと続いて食べていきます
粉モンばっかりですな(´-`)

この日は鍼灸師のかみおか先生カイロプラクターのお二人と同席
我々の世界はあまり他の団体の方との交流はありません
しかしアプローチの仕方が異なるだけで仕事の目的は同じ
いろいろお話しすることでそれぞれの見識も広がります

言いたい放題ですんませんでしたm(_ _)m

またやろ~~ぜぃ~~\(^o^)/

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/06/13

情報交換

研究熱心な私は情報交換に余念がありません
この日も新しい情報を仕入れるために「釜揚うどん 桂ちゃん」へ・・・
何の情報を仕入れるか?。。聞かなくともお分かりいただけると思います(笑

030

いつものように釜揚うどんをすすりながら他店情報を収集します
(考えたら失礼なことかもしれません)

あれやこれやとお話しているうちにお店に入って1時間半になろうとしています
(忙しいのにゴメンなさいねm(_ _)m)

そろそろ帰ろうと思ったらチラシが置いてありました
Tirasi1

おっ!?本格的なチラシを作ったなぁと思ってたら
ぐるなび」のチラシだそうです

もらって帰って家でじっくり読んでみると・・・
「当店のおすすめ!」釜揚うどん・ざるうどん
それって全メニューやないの・・・(^◇^)
軽くツッコミを入れて(笑)さらに読んでみると
下の段に「ぐるなび右脳力テスト」というのがありました
Tirasi2
(クリックして大きな画像でご覧ください)
「次の図は、一定の法則で数字が入ったものを表しています。?には何が入るでしょうか?」
このような問題です

どうもこういうのを見ると必死でやってしまうようです
1時間以上かかってがんばりましたが結局わからずじまい┏(_ _;)┓

翌朝サイトから答えを読んでなるほど納得(^◇^)
「所要時間の目安:40秒」ですって・・・
わからんもんはわからん(-_-メ;)

Photo_244

皆さんはおわかりになられたでしょうか?

答えはこちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/12

急性Wii炎??

「急性Wii炎」…ゲームで肩痛のスペイン医師、自ら命名

 任天堂が昨年末に発売したゲーム機「Wii(ウィー)」でテニスのゲームに熱中し、肩を痛めたスペインの医師が、この痛みを「急性Wii炎」と名付け、7日付の米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に注意喚起の投稿をした。

 Wiiは、画面を見ながらコントローラーを振り回すなどして、ゴルフやテニスなどを実際に似た形でプレーできるゲーム機。

 投稿したバルセロナ市のジュリオ・ボニス医師(29)は「日曜の朝、右肩に激痛が走った。何の運動もした覚えがなかった」と自身の体験を伝えた。心当たりは前日、Wiiを買ってから数時間にわたってテニスゲームをしたこと。消炎鎮痛剤を1週間服用し、Wiiを一切しないことで完治したという。

客観的に見たらすごくアホみたい・・・(´-`)
コントローラーのようなものを振り回す習慣はあまりありませんからね
当然といえば当然ですな
それにもまして痛みが走るほどやりすぎたのか?
それともその程度の運動で炎症が起きるほど身体がなまっていたのか?
いずれにしても情けない話ですね

医学雑誌に投稿した神経だけは褒めておきましょう
身体を張ってのギャグならばたいしたものですけど・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/11

喜久三亭川福

大阪は上町台地には聖徳太子が建立された四天王寺があります
022

国道25号線を東に進むと大阪では有名などら焼の茜丸が見えてきます
思わず「あ~~ほんまぁ~♪」と口ずさめたらあなたも立派な大阪人です(笑
茜丸本舗をさらに東に進むと目的地が見えてきます

018
喜久三亭川福

老舗の讃岐うどんのお店です
店内も落ち着いた様相・・・
このお店の名物。。「ずっぽう」
019
021

「ずっぽう」とは竹の筒のことをいうそうです
ご覧の通り竹を割った器に細めの麺が並べられています
ビジュアル的にも風情があっていいですね

一口食べてみると・・・
なんとなく「ぬるい」
強いコシはない
あまりいい印象はありませんでした

ところがゆっくりかんで食べると
麺から小麦の甘みというか旨みがゆっくり湧き上がって来るではないですか
正直、驚きました
これだけ小麦の味を感じたのは初めてでした
冷やしすぎないからこそ味わえる甘み
最初は控えめのコシだったのが
いざ口の中では粘りを発揮して奥の方にコシを感じる
「してやられた・・・」
これが率直な感想です
お見事でございます。。老舗の看板は伊達ではありません

ご主人とお話もさせていただいて
讃岐でのうどんを食べるロケーションと大阪のロケーションの違い
そこから来る讃岐うどんと大阪うどんの食べ方の違い
興味深いことを教えていただきました
それぞれの背景に合った考え方から作られたうどん
楽しませていただきました

本場讃岐では噛まずに食べるというのが「つう」の食べ方だそうですが
しっかり噛んでわかるうどんの味わいもなかなかです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/06/10

翁達磨@阿倍野近鉄

最近こんなチラシが入りました
013

近鉄百貨店の催事「グルメ博覧会」に日本有数の蕎麦打ち職人高橋邦弘氏が
会場で蕎麦を打って実演販売をなさるということです
高橋名人のお店「翁達磨」広島県にあるのですが
めったにない機会ということで出かけてまいりました

先日行った「なにわ翁」さんの師匠に当たる方です
そのときお店に高橋名人が近鉄百貨店に来られるという情報を仕入れていました

多くの人でごった返す7階催事場・・・
場所を探しているとすぐに見つかり食券を買い求めました
今回は「盛り蕎麦」だけということで
ご自慢の二八蕎麦を食べてみます
015

予想通りのツヤツヤした蕎麦です
食べてみるとジワリと口に中に蕎麦の香りが少し遅れて広がります
やはり先週いただいた「なにわ翁」さんの蕎麦と似たような味ですね

高橋名人の蕎麦打ちの実演も拝見したかったのですが
残念ながら少しの間だけお店に出てこられただけで
その勇姿を見ることはできませんでした

ブラブラ催事場を歩いているともうひとつのお目当て・・・
017
香川県坂出の「日の出製麺所
ここではイートインはないので麺といりこダシの生醤油をお持ち帰り

024
025
さぬきの夢2000

かなりしっかりしたコシのあるうどんを
いりこダシの生醤油でいただきました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/09

ダブルブッキング

腰痛館は完全予約制です
予約のないときは気楽に本を読んだりブログのネタをくったり
ときにはお昼寝さえしています(笑

できる限り無理しないでのんびりと仕事に励んでいる(笑
私にとって一番恐いのは「ダブルブッキング」
何らかの間違いで2人の方が同時に来られるとたちまちパニックに陥ります

実は過去に2度そういうケースがあって
ちょうど開業して2年目だったのですが
1年目がヒマで適当にやっていてもそんなに間違えたりすることもなかったのですが
2年目からにわかに忙しくなり満員でお断りすることも出てきました
施術中に予約の電話が入り予約表に後から書き込もうと思って施術に戻りそのまま忘れてしまったのが原因で
2人の方が同時に訪れ慌ててしまいました
しかも一人の方が堺市からもう一人の方は和歌山から・・・
どちらも家で待っててもらってということもできず
平謝りで日にちを変更してもらいました

もう一度のケースも堺市の方と京都市の方でした

見事に遠方の方同士がかち合って寿命が縮まる思いをしました
その後、懲りてしまって必ずその場できちんと予約表に記載する習慣もつきました

予約当日になってもお越しにならないときでも必ず確認の電話を入れるようになったのは
万が一曜日を間違えていないかの確認だけで
むしろキャンセルになったら喜んで昼寝するか
ラストの方だったらうどんでも食べに行きます
超プラス思考の私ではありますが
ダブルブッキングだけはトラウマとなってしまった私です


で、それ以降なくなったかというと・・・
最近も似たようなことがあったんですよ^_^;
私が予約表に書き入れる曜日を間違えたのでしょうか?
原因は定かではありませんが
充分に気をつけているつもりでもあるんですね
ああ。。こわ~~((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル  

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/06/08

好転反応

初めて施術を受けられた方が2回目でお越しになられたとき
「帰られた後や翌日はいかがでしたか?」決まってこうたずねます

よく聞く答えとしては・・・
「グタ~っとしてすごい眠気に襲われた」
「身体が火照るような感じだった」
「悪かったところに違う種類の違和感を感じた」
ひどいケースだと「熱が出て寝込んだ」なんて方もおられました

せっかく遠いところまで行って施術を受けたのに・・・
少しでも楽にしてもらえると思ってたのに・・・
そんなにきつい施術ではなかったのに・・・

このように感じられても仕方のないことです
ところが「さらにその後はいかがでした?」とたずねると
多くの方は「楽になった」とおっしゃいます
もちろん程度の差はかなりありますが・・・

一般的にこのようなケースを好転反応と呼びます
漢方では「瞑眩(めんけん)現象」といいます
私はいつも「私の施術で治すのではない」と言います
施術そのものでなおすのではなく
施術することによって、その方が持つ「自然治癒能力」に働きかけて
その能力が充分に発揮できて初めて治るものだと考えています
だからいつも「私は人の身体を治すことはできません」とはっきり申し上げます

ところが本来持っているはずの「自然治癒能力」がお昼寝をしていて
どこかに痛みを感じた方が
施術を受けることにより「自然治癒能力」が目覚めたとき
慌ててたまっている仕事をやり始めます
それが「好転反応」だと考えていただくと簡単かもしれませんね

一般的に好転反応には
弛緩反応(身体のだるさ、眠気などの倦怠感)
過敏反応(下痢、発汗、患部の腫れや痛み)
排泄反応(大量の便が出たり、かゆみなど老廃物の排泄)
回復反応(吐き気、発熱、動悸)
これら4つの種類があります
さすがにこれらすべてが私の施術で起こるわけではないのですが
弛緩反応は一番多く見られる反応です

もちろんその後に何らかの症状の改善が見られなければ意味がないのですが
たいていの場合1~2日後には症状が少しは楽になっているようです
とりわけこの好転反応が強く出る人はそれだけ症状が重く
自然治癒能力が必死で働いているということなのでしょう

好転反応かどうかの目安としては
施術後24~48時間後には収まるか否かです
3日目以降になっても収まらない場合はなんらか他の原因があると判断した方がよさそうです

スポーツ選手が試合前日にコンディションを整えるために施術を受けたい
こういう場合もできるだけ前々日までに受けられるように促すのも好転反応のためです
せっかく施術を受けたのに試合当日に余計身体が動かないということも充分ありえますからね

「翌日はいかがでしたか」
「いや~たいへんでしたよ」
こんなやり取りを聞いて私がニヤリと笑うとき
施術が上手くいったんだなぁと感じていただければ幸いです

きっとその時点では今まで滞ってた血液の流れが
すばやく全身を駆け回ってあなたの身体を治そうと奮闘しているのですから・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/06/07

骨盤隔膜

人の筋肉はたいてい縦の方向についています
しかしながらわずかな種類の筋肉(筋肉群)は水平方向の走行を見せます
代表的なのは横隔膜ですが
肋骨の最下部を覆うように付着しています

横隔膜については以前ご説明しましたが
横隔膜の緊張がさまざまな症状を引き起こし
それ自体に痛みは感じないものの
内臓の機能低下や腰痛の原因になったりすることもあります

横隔膜といえば呼吸筋としての働きをしますが
横隔膜が動くときに同時に動くのが「骨盤隔膜」です

Kotubankakumaku2

この図のように横隔膜と骨盤隔膜は呼応するような動きを見せ
呼吸をリズミカルなものにします

具体的に骨盤隔膜とは「骨盤底筋」とも呼ばれる筋肉群です
Kotubankakumaku1

出産のときにやるラマーズ法もリズミカルな呼吸をすることにより
骨盤底筋から余計な緊張を取り除くことを目的とします

横隔膜同様この骨盤隔膜が緊張することによって生じる症状は
複雑にして厄介なことが多いのです
仙腸関節の可動性を減少させたり、腸骨筋にも緊張が及び
腰痛の原因になることもしばしばですし
女性の場合生理痛の原因になることも考えられます
骨盤底筋の弱化により尿漏れが起きたりするそうです

誰しもがあまり意識したことのない箇所ではありますが
胸郭上口・横隔膜・骨盤隔膜
Yokohoukou

これら3つの横方向に付着する筋肉(群)は
我々の施術においても症状との関連性において決して忘れてはならない部位であるとともに
そのテクニックも高度なものを要求される難所のひとつといえるでしょう

画像
「音楽家ならだれでも知っておきたいからだのこと」
「クラニオセイクラル・バイオダイナミクス」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/06

釜ひろ

久しぶりです。。うどんを食べるのは・・・
立て続けに蕎麦屋さんばかりを周っていたので
近隣のうどん屋さんにも長いこと行ってませんでした

このお店もずいぶんご無沙汰でした
・・・というわけで久しぶりに「釜ひろ」さんに行ってきました

010
ちく天釜玉・生醤油・ちく玉天うどんと今まで食べたので
まだぶっかけは未体験ということで今回は「梅ぶっかけうどん」
011

梅干に含まれるクエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸には
食欲増進・消化促進の効果があるほか
クエン酸は乳酸の燃焼を助けて疲労回復に効果的です
シソにはペリルアルデヒドが含まれ解毒作用があり
神経を落ち着かせる作用もあるそうです

・・・なんて受け売りの知識はこれくらいにして(笑
暑い時期にはさっぱりといただけますね

食べてみて驚いたのはコシの強さです
今までいただいた釜ひろさんの麺はどちらかというと
繊細でしなやかな印象を持っていたのですが
今回のはさらに力強いコシが感じられました

「070604_1823001.3g2」をダウンロード

手打ちうどんの醍醐味は食べるたびに微妙に味が違ったり食感が違ったり
環境の違いにより変化することにあります
正直言って一回や二回でその店を評価するのはできないんじゃないかと思っています
人の身体と同じ様なものかもしれません

今回食べた麺は今まで釜ひろさんでいただいた中でも
一番私好みの麺だったと思います

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/06/05

Photo_146

唐突ですが、足の骨です
ご存知ない方も多いとは思いますが
足関節より下には26個の骨があります
足の甲を触っても中足部と呼ばれる部分には足の指につながる骨(中足骨)があり
5本の骨があるのが確認できます

ところが足根部という足の根元の部分は
あたかもひとつの骨でできているかのように見えますが
なんと7個の骨があります

踵骨・距骨・舟状骨・立方骨・3つの楔状骨で成り立つわけですが
その構造はかなり複雑になっています
私たちの身体は足部で体重を支えるようになっていますが
単純に体重分だけを支えるというわけではなく
ジャンプしたときの着地になると体重の数倍の重みに耐えなければなりません
Photo_147

そのときにショックを吸収し体幹部に極力衝撃を与えないような構造になっています
そのひとつが「つちふまず」のアーチです
この部分がバネの役割を果たし膝から上に行く衝撃を和らげます

通常歩くときは踵(かかと)から着地し少し遅れてつま先を地面につけます
そのことにより地面を踏むことによる衝撃のベクトルが
直接上に向うのではなく斜め前方に向けます

何気なく歩いてはいますがこんな複雑な動きは
最新鋭のロボットでもできない芸当なのです

まれに足関節の痛みを訴える方もいますが
ほんの少しの痛みでもこれらの機能は果たすことができなくなり
足全体を引きずるように歩くことしかできなくなります
まさに「縁の下の力持ち」とは足部のためにある言葉なのかもしれません

(画像:音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のことより)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/06/04

どんな病気も「温めれば治る!」

今日は書籍のご紹介です
以前ご紹介した「病は冷えから」(石原 結實)で
いろいろ考えさせられることが多く
体温計まで買ってきて毎日せっせと基礎体温を測っていました
おかげさまで体温が低い日も少なくなり
体調を崩すことなく仕事に励んでおります

気をよくして読んだ本がこちら・・・
Isihara
どんな病気も「温めれば治る!」 (石原 結實)

タイトルがいささかたいそうな気もしますが(笑
所詮タイトルは出版社が本を売るために派手なものにするらしいということで
あえて気にすることなしに買ってみました

前回読んだ本と結局は同じことが書かれていたのですが
身体を温める方法論がより具体的に書かれているので
読み物としてもわかりやすく面白いかもしれません
少々理論的には強引な印象も否めませんが
従来の定説に一石を投じる面でも参考になる本だと思います

この本では食事についての具体的な方法についても多く書かれていますが
「身体を温めるための生活習慣法」という項目では
筋肉を鍛えて体熱を作ろうということで
ウォーキングの効能をあげられています
1. 血圧を下げて脳卒中を予防する
2. 心臓病の予防・改善
3. ボケ予防
4. 骨粗鬆症の予防・改善
5. 腰痛・膝の痛みの予防
6. 糖尿病、高脂血症、脂肪肝、肥満の予防・改善
7. ストレスの解消
8. 肺機能の強化

このような八つの効能を挙げ年齢別に具体的な距離や時間も説明されています

またその他の生活習慣法として
「指圧・マッサージで気分スッキリ」
「カラオケ熱唱で血の巡りがよくなる」
「笑う門には健康も来る」
こんな面白い習慣まで書かれてあります
因みに私は全部励行しています(笑

食事療法でも「プチ断食」なんてあり
そんなにハードな方法ではないので私も一度試してみようかと考えています

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/06/03

新福菜館@守口

地下鉄谷町線「太子橋今市」の駅を降りると
淀川にかかる豊里大橋があります
子供のころはまだこの橋はなく
祖父に連れられて渡し舟を見に行ったことがあります

そんな想い出のある土地を東に歩くと
一軒のラーメン屋さんが見えてきます

05310004
新福菜館 守口店

新福菜館といえば京都の老舗のラーメン屋
私が京都で勤めていたとき飲み会の締めには必ずといっていいほど
三条木屋町にあるお店に行ったものでした
新福菜館の特徴といえば独特のスープ
醤油をそのまま入れたんじゃないかというほどの真っ黒なスープ
見た目と反対に飲んでみると意外にあっさり味
大阪の薄味よりも京都の方が若干薄味です
そんな町で生まれたスープですからあっさりした味わいも納得がいきます

京都を離れてからまったく行く機会がなく
寂しい思いをしていたところ守口にもフランチャイズ店があると聞いて早速出かけました

05310001
いつものように注文したのは中華そば(並)
このお店では麺の硬さ・ネギ大盛り・スープの濃さもオーダーできるそうで
スープはより本店に近くなるように濃い目を注文
さらには大好きなネギも大盛りでお願いしました

05310002

ご覧の通りスープは真っ黒

ネギがいっぱいなので見えにくいのですが
ネギの下にはチャーシューが敷き詰められています

お箸で麺をすくい上げるとスープが絡んで
まるでソース焼きそばのように麺まで黒くなっています
ストレートの麺が香りのいい醤油味に染まっています
もちろんスープはあっさりしているのに深いコクがあります

京都でこのラーメンを食べていたのは最終電車が出てしまった後・・・
開き直りのラーメンを食べたら近くのサウナに直行したものでした

このラーメンを食べて電車で帰れる嬉しさを感じつつ家路に着いたのでした(笑
 
 
おまけ
05310005

近所にある知り合いの整体院
もちろん閉まっていましたが・・・
「行く行く」と言ってて全然いけなくてごめんなさいm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/06/02

リニューアル

このたび「麺食いの足跡」をリニューアルいたしました
以前からサムネイルをクリックしても別の画像に飛んでしまうというトラブルがあり
ブログサポート「みんなで解決!広場」で
JUMAさんから的確なアドバイスをいただき
リンクに狂いが生じる理由がやっとわかりました
ファイル名が漢字かな混じりでアップしていたのだから当然といえば当然のこと

85件もある画像をもう一度取り込みなおしてファイル名を変え再度アップしました
せっかくやり直したのだからということで
写真を撮影したときの記事のURLも貼り付けました

このURLをコピペすればそのときの感動が蘇るというわけです
きっと感動するのは私だけだと思いますが・・・(笑

撮影の日にちが正確ではないので
比較的最新の画像が一番下の方に回ってしまってはいるのですが
そこのところはご愛嬌(^◇^)

阿波座の信濃路で食べたラーメンから始まった食べ歩き紀行
まだまだ続きそうです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/06/01

なにわ翁

大阪では「天神さん」の愛称で親しまれる「大阪天満宮」
そのお膝元、西天満は老松通りに老舗の蕎麦屋があると聞いて
地下鉄谷町線南森町に降り立ち歩くこと10分
立ち並ぶオフィス外の中に昔ながらの建物がひっそりっとたたずみます

05290001
なにわ翁

外観も内装も風情のある落ち着いたたたずまいです
席に着いたテーブルも木の香りがしそうなもの
蕎麦屋さんにはうどん屋さんにない独特の雰囲気があります
最初のころは緊張感もともない私自身どこか落ち着かない部分もありましたが
ようやく慣れてきたのか、無理にお上品に振舞うこともなく
自然体で居ることができる今日この頃です(笑

さて、今回はベーシックに「ざるそば」を注文
05290002
05290004

二八蕎麦が看板メニューということで迷うことなしに選びました
蕎麦の太さも色艶も蕎麦らしいオーソドックスなものです
食べてみると十割蕎麦と違いモチモチ感もあり
遅れて広がる蕎麦の香りも嬉しいですね
香りもキツメのそれではない一方蕎麦の甘味のようなものを感じました

お店を出てから東に歩いていると
「天神さん」が見えてきます
05290006

大人の事情で(笑)お参りはしませんでしたが
天満宮の北側には大阪の新名所になろうかという繁昌亭
05290007
05290009


いつの日にかここの舞台に立ちたいという夢を胸に秘め(嘘
ブラブラと天神橋筋商店街を散策しました(´-`)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »