« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/31

携帯変換予測バトン

あ→あ い→い う→う え→え お→お
か→か き→き く→く け→け こ→こ
さ→さ し→し す→す せ→せ そ→そ
た→た ち→ち つ→つ て→て と→と
な→な に→に ぬ→ぬ ね→ね の→の
は→は ひ→ひ ふ→ふ へ→へ ほ→ほ
ま→ま み→み む→む め→め も→も
や→や     ゆ→ゆ     よ→よ
ら→ら り→り る→る れ→れ ろ→ろ
わ→      を→を     ん→ん

いったいこれはなんなんでしょう?
ルールに忠実にやってみるとこのようになります

眠り猫さんからいただいた「携帯変換予測バトン」
※ルール
  1.自分の携帯で入力して一番最初に出てきた文字を書く
  2.変なのが出てきても変えないでちゃんと書く

たしか「京ぽん2」の変換は変わっているとか聞いたことがありますが
さすがマニアックな機種です
惚れ直しました(笑

これでは味もそっけもないので
2番目に出てきた変換予測を書いてみます

あ→アップ い→以下 う→ウチ え→絵 お→お知らせ
か→回復 き→キー く→黒岩 け→消した こ→今後
さ→サイト し→商品 す→捨て せ→セラ そ→ソフトウェア
た→食べられない ち→治療 つ→つき て→天国 と→時
な→ナンバー に→ニュース ぬ→温もり ね→寝坊 の→残り
は→八時 ひ→疲労 ふ→不良 へ→弊社 ほ→保存
ま→間に合う み→ミュージック む→ムチャクチャ め→メール も→求め
や→館    ゆ→指が    よ→腰痛
ら→ラスト り→利用 る→♪ れ→連絡 ろ→ロード
わ→(笑)   を→を    ん→んで

けっこうリアルに再現されますね(笑
特定人物の名前まで・・・^_^;
「腰痛」「治療」「回復」。。けっこう真面目なメールもしてるんだ(笑
あまり携帯メールは使わないのですが
やってみると面白い語句が登場しますね

面白いので皆さんオヒマでしたらやってみてください
あえてバトンを回す人を特定しませんのでヨロチクネ(^◇^)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/05/30

あぶみ骨

人間の骨は約200個・・・
「約」というのは人によって骨の数が違うからです
以前にもお話しましたが仙骨も生まれたときは
「仙椎」といって5個の独立した骨だったのが
成長に伴いひとつの骨になっていきます
その下にある尾骨も同じように独立した骨がひとつになっていきます

その中でも一番大きい骨は「大腿骨」
あまり長いとはいえない私の大腿骨でも私の骨の中では一番大きいようです(笑

逆に一番小さい骨といえば「あぶみ骨」という耳の中にある骨です
中耳にはあぶみ骨・つち骨・きぬた骨という3個の骨があります
Photo_145

多くの骨が筋肉の収縮により関節を動かす動きを見せるのに対し
これらの骨は外から伝わってくる音を電気信号に変え
脳にその情報を伝えるという特殊な役割の一端を担います

具体的には外耳道に入ってきた音が鼓膜にぶつかり機械振動に変換されます
これら耳小骨に伝わった機会振動は内耳リンパ液を振動させ有毛細胞で電気信号に変換されて聴神経から脳に伝達されるという仕組みになっています

音響刺激に対しては、あぶみ骨筋が収縮し
耳小骨連鎖のインピーダンスを増加させ
過大な音が内耳に伝わらないようにします
これを音響性耳小骨筋反射と呼びます
(詳しいことはこちらにあります)

耳の中の小さな音響システムですが
一番小さいといわれる骨たちが
私たちの身体の中で大きな役割を果たしているのは間違いなさそうです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/05/29

開業祝

Photo_143

開業祝にいただいた観葉植物です
詳しい名前は知りませんが蔦の一種でしょうか?

いただいたときはこの半分くらいの大きさで
今ほどは葉もこんなにたくさんはついていませんでした
枯れかけて日当たりのいいベランダに置いていたら
倍ほどの大きさになり
慌てて支柱を買ってきて差してやると見事に絡みつきました
 
 
Photo_144

こちらも開業祝にいただいたものです
たしか「幸福の木」という名前が書いてあったと思います

当初、外に出してあったのですが
玄関口に突風が吹き、ダンスを踊っているかのように
クルクル周りひっくり返ってしまい枝がほとんど折れてしまいました

それからしばらくすると新芽が出て
4年ほど経つとほとんど元の通りに成長しました

それぞれ枯れかけたり、枝が折れたりしましたが
みごとな生命力で青々と茂り成長し続けます

チョッと負けた感じがして悔しさも覚えます(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/05/28

引退

私が最も好きな俳優ポール・ニューマンが引退を発表しました
御年82歳ですからいたしかたのないところでしょうか?

初めてポールの名前を知ったのは中学生のころ流行したパニック映画「タワーリング・インフェルノ」でした
Photo_238

当時さほど洋画に興味がなかったのですが
このころから洋画の宣伝が派手になり
嫌がおうにも彼の名前だけは記憶に残っていました

で。。結局彼の映画を実際に見たのは大学に入ってから
評決」という無名弁護士のストーリーの映画を観たのが初めてでした
Photo_239

「誰でも小さな正義をしたいと願っている」
このセリフに痛く感動した私はその後もポールの映画を観るようになりました

一番好きな映画はなんといっても「ハスラー

Photo_243

うらびれたハスラー役のポールはジェームス・ディーンとは一味違う
渋みのあるすねた表情がカッコよかったです
ライバル役の「ミネソタ・ファッツ」と好対照で独特の緊張感が漂っていました

思い余ってサントラ盤のCDまで買ってしまったのが「スティング
Photo_240

有名な主題曲「エンター・テイナー」は携帯の着メロに選んだこともありました
ロバート・レッドフォードとのコンビも最高でしたね
明日に向って撃て!」と並んで痛快な映画でした
Photo_241


ハスラー2」ではアカデミー主演男優賞を受賞したのですが
Photo_242

なんとなくトム・クルーズの存在が軽く感じられ
ポールの深みが上手く出なかった感じがしたのは残念でした
(トム・クルーズファンの方。。ごめんなさい)

・・・と結局これだけしか観ていないのですが
私にも少しは影響を与えてくれたポール・ニューマン
ホント・・・カッコよかったです
お疲れ様でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/27

蕎麦たかま

どうもこの一週間ほど蕎麦を食べる機会のほうが多くなりました
こういう流れも悪くありません

天神橋筋6丁目の駅を降りたら
かつては梅田以上の賑わいを見せた「天神橋筋商店街」が見えます
その中心地の6丁目のアーケードを尻目に
ひっそりとした7丁目に向います
人通りの少ない道を歩いていると
ほとんど看板らしきものもないお店が見えてきます

05240006_1

微妙に認識できる扉の横に
蕎麦たかま」とういう看板がありました
看板というよりも表札といった方が近いのかもしれません

木製の引き戸を開け店内に入ると木目の綺麗な作りになっています
どうも蕎麦屋さんというのはその店の空気というものを大切になさるようです
木の匂いがしそうな店内に流れるのは軽快なジャズ
いかにも「大人の店」という感じがいいですねぇ

まずは盛り蕎麦を注文
05240001_1
05240002_1

出てきた蕎麦を見てまず驚いたのはその細さ
細くて白く輝くさまはまるで刺身のけんのようです

少し辛い目のツユに?つけてひとくちいただくと
歯ざわりもしっかりしています
強く香るという感じではなく後からジワリと旨みが広がってきました
シャープさというのではなく奥行きのある旨みでしょうか・・・
シックな大人の味わいみたいなものを感じました

これはぜひ田舎蕎麦もいただかないと・・・

05240003_1
05240004_1

細さは盛り蕎麦と同じ
やはりこちらはインパクトがあります
ワイルドな蕎麦独特の香りが楽しめます
どちらかというとこちらの方が私の好みには合いますね

05240005_1
蕎麦湯も濃厚な乳白色
口に含むと少しとろりとした舌触りで
味わい深い蕎麦湯が特徴的です

全体的にシックな大人のムードが漂うお店でしたが
ひとつだけ気になったのは
店員の女性が少しせっかちな方のようで
他のお客さんの器やグラスをまだ残っているのに
何度か引きかけたことです

せっかく落ち着いた店のムードだったのですが
ちょっとした心遣いの有無で台無しになることもありますからね・・・
まあ。。これもご愛嬌でしょうか?(笑

いずれにしてもこのお店も相当レベルの高い蕎麦をいただけることは間違いありません

· たかま  
· 大阪市北区天神橋7-12-14 グレーシィ天神橋ビル1号館
· 06-6882-8844 
· 定休日:火曜日 
· 営業時間:[月] 11:30~14:30 [水~日] 11:30~14:30 17:30~20:00 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/26

音楽と整体と痛みと興奮

先週はスージーウィークとなりました
スージーこと黒岩静江さんが神戸ジャズクィーンコンテストの審査員としてこられ
こちらでいくつかのステージをこなされるとのことで
不肖この私も少しでもいいお仕事をしていただくために施術に出かけました

施術が終わりお話をしていると
ずいぶんとお気に召したご様子で
「あなたの技術を習いたいわぁ」と黒岩さん
なんでも札幌の人にしてあげたいとおっしゃいます
さすがに教えるだけの知識や技量もありませんのでご辞退申し上げましたが
周りの人を何かしてあげたいという気持ちは黒岩さんのお人柄がうかがえます

その後神戸・大阪でのライブに追っかけをした私でしたが
黒岩さんの音楽はジャズをいうくくりでカテゴライズすべきものではありません
時には空気を動かし、時には人の心を動かし・・・
中には涙ぐみウルウルで見ておられた方もいました
私もかなり興奮状態になりました

神戸では3~40人ほどのスペースでのライブでしたが
息遣いまで聞こえてきそうな臨場感もなんともいえません
久々に頭に血が上りクラクラきました
なんか興奮することによって魂が開放されたような感じがします
MCでは私までいじっていただきありがとうございました(笑

大阪のライブでは関西の大御所ミュージシャンが集まり
それはもう「ライブ」と呼べる状態ではなく
「カーニバル」というか「お祭り」というか・・・
彼女の還暦を祝う人たちが集まり
すさまじいプレイを披露してくださいました
尺八奏者との掛け合いによる「Summer Time」なんてすごかったですよ
石川五右衛門が出てきそうな雰囲気に会場も興奮のるつぼ(笑

最終電車もあるので途中で失礼しましたが
なんでも打ち上げも含めて終わったのが午前6時・・・
そこまでお元気でしたら私も安心です(´-`)
 
 
オステオパシーの理念に「身体はひとつのユニットである」というのがあります
私の解釈では肉体のみならず心も含めた「身体」と考えています
心の身体に対する影響の強さは近年研究が進んでいますが
実際ウチでも何度通っても改善しなかった方が
地元のお祭りで興奮状態になり
その後、何事もなかったかのように痛みが消えたケースもありました

あれだけ人の心を動かす音楽でしたら
きっと私の技術なんて比べ物にならないくらいの影響力を身体に与えることもできるでしょう
アプローチの違いだけの問題で・・・
黒岩さん。。あなたも立派なセラピストだと信じています

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/05/25

『愛してるよバトン』

teruさんからいただきました(´-`)
どうして「愛してるよバトン」なのか・・・
合点のいかないままスタートです\(^o^)/

●本名

辻田浩志。。きゃあ~~いっちゃったぁ~~(/ω\)
稲葉さんではありません(笑
腰痛館のHPに書いてるからいまさら隠したって・・・(笑

●年齢

28歳
Photo_235
(画像:マサバ)

●好きな絵文字

(´-`)←なんとなくほのぼのしてて好きなんです

●今までに買った高価なもの

Photo_236

可視光線療法器
最近あまり使いませんが・・・
パーマネントの機械ではありません(笑

●好きな動物の鳴き声

わぉ~~ん
満月に向って負け犬の遠吠え

●冷水風呂に入った時の反応は?

ああ~~ええ塩梅やぁ ゴクラクゴクラク(´-`)
って水風呂やぞ・・・

●赤を連想するキャラは?

Photo_237
山本浩二(古

| | コメント (12) | トラックバック (0)

コインパーキング

先日、建設中のマンションが完成し
そのエリアに新しいコインパーキングができました
従来ご利用いただいていたコインパーキングは徒歩で5分程度かかる距離にありましたが
今回オープンしたところはだいたい徒歩2~3分のところにあります

Photo_233
(Googleマップ)

コインパーキングが完成する前の写真ですので少しわかりづらいですが
「P」と赤く書かれたところになります
場所的にもわかりやすいので迷うこともありません
Photo_234

5台ほどの駐車スペースしかありませんので
空いていないときは従来のコインパーキングをご利用くださいませ

詳しい道順は「腰痛館地図」をご覧ください

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/05/24

20万アクセス

おかげさまで20万件のアクセスを数えました
過去ログに頼るところが多いようですが・・・
少しずつ日々のアクセス数も増えているようです
うどんネタに頼るところが多いようですが・・・(笑

2006年5月21日に10万アクセスを記録してから
わずか一年ほどで20万アクセスを記録しました
しかもどうやら自分自身で20万アクセスを踏んでしまったようです(^▽^;)

できる限り毎日更新できるようにがんばる・・・
かもしれません(^◇^)

これからもよろしくお願いします

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007/05/23

ろあん鮎美

どうしても忘れられない味があります
一度試してみたい味もあります

今年の一月に食べて深い感動を味わった「ろあん鮎美」さん
蕎麦を噛んでいるとジワリと蕎麦の実を食べているような深い味が顔を覗かせる
引き締まった力強さを感じさせる麺
もう一度機会があれば食べてみたいと思っていたのですが
今回、再びチャンスがめぐってきました

夜の部の開店時間6時の少し前に到着すると支度中の看板
05210003

二度目だというのにこの看板に気づかず通り過ぎてしまいました
ホントおしとやかというか控えめというか
ここにお店があるという感じがほとんどありません
隠れ家的なお店なんですね

中に入って座って待っていると前回同様ゆとりのある緩やかな時間が心地よく流れます
気ぜわしくさっさと食べるお店ではなく
ここの空気と時間も一緒に楽しめる心の余裕も必要なんでしょう

ゆったりと待っているとおもむろに揚げた蕎麦が運ばれてきて
それから盛り蕎麦を頼むとついてくるつきだしが運ばれてきました
05210005

つきだしは蕗の塩梅煮です
有機製法の梅干で煮たものですが
これぞまさしく「ええ塩梅」
濃すぎない塩加減に梅の酸味でさっぱりといただけます

さて今回食べてみたかったのが「鴨汁」
先に追加の盛り蕎麦も注文して食べる気満々・・・
そこに運ばれてきたのは普通のつけダシとすりおろした香のいいワサビ
05210006

鴨汁を頼んだのに・・・?
と疑問に思っていると説明をいただきました
「最初半分くらいはこれで食べてください」
「残り半分ほどを鴨汁で召し上がってください」とのことです

それならばと前回同様まずは普通に盛り蕎麦をいただきます
05210007

やっぱり綺麗な蕎麦です
05210009

食べてみても前回同様噛むと蕎麦の香りが口いっぱいに広がります
蕎麦もそのときによって麺が一定しないと聞きますが
変わらない香、変わらないのど越し、変わらないコシの強さにまずはひと安心
「味わって食べる」といいますが
この蕎麦の場合そうしないともったいないような気がしてなりません

半分くらい食べたところでお目当ての鴨汁で食べてみます
05210011

鴨汁に蕎麦をつけて一口運ぶとこれまたビックリ
今まで冷たいつけダシで食べていたのとまるで食感がかわります
コシの強さが影を潜め柔らかいおとなしい麺に変わってしまいます
なるほどね・・・
最初に普通のつけダシで食べてくださいと言われたのはこのことだったのか!!
強烈なインパクトの主役だったが
鴨汁で食べると鴨汁とのバランスのとれた麺に変わるわけなんですね
やっぱり千両役者は違います
ひとりで舞台に立っても、大勢で舞台に立っても見事にその役割を果たすわけです

讃岐うどんでいうところの「ひやあつ」で食べるとこんなにも蕎麦の印象が変わってしまうようです
ここで新たな感動を受けました

お目当ての鴨汁もさすがでございます
本来あっさりした蕎麦のつけダシが鴨の脂で濃厚な味わいに変わっています
鴨の旨みもいいし、臭味もまったくなく
この一品も芸術的です

食べた後のお楽しみは蕎麦湯です
05210013

鴨汁に入れて飲んでみると鴨とネギの甘みがなんともいえません
さらには盛り蕎麦のつけダシに入れてもういっぱい
こちらはぐっと引き締まった味わいですね

05210012
最後に出していただいたのは
「イタドリとスナップエンドウの煮付け」
イタドリとは大阪では「スカンポ」と呼ばれ
私が高校生のころは堤防に生えていたスカンポをとって
皮をむいて茎を食べたものです
なんともいえない酸味が特徴の草でした

あの雑草が(失礼)こんなに美味しくいただけるなんて・・・
なんでも鮎美さんの育った篠山で採れたものだそうです

すべてにおいて芸の細かさを感じてしまいました
時間も空間も蕎麦も・・・
ゆったりとした楽しみを味わえる隠れ家ですね
05210014

「ろあん鮎美」
大阪市西区千代崎2-22-16 
TEL:090-3896-9829
営業時間:12:00~15:00  18:00~21:00(夜は要予約)  
営業日:月曜日 - 木曜日

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007/05/22

痩身

去年の秋ごろに買ったジーンズがユルユルになってきました
体重を量ることなどめったにない私ですが
明らかにお腹周りがへこんできたようなので
久しぶりに体重計に乗ってみると・・・

あら。。うれし・・・(^◇^)
去年計ったときに比べて3kg軽くなっていました
メジャーでウエストを測ると3cm細くなっていました

うらやましいでしょ?(笑

あれだけうどんを食べ続け、さらには家で晩ご飯も欠かさず食べているのにもかかわらず
大方の予想を裏切って痩せてしまったようです

きっと年明けから仕事が忙しくてハードな状態が続いていたからでしょう
それと冬場から体温を測り始め、基礎代謝の低下を防ぐため
あれこれと苦心惨憺していたので
おかげさまでだいたい36.5℃近くで落ち着いたのもひとつの要因でしょうか

これから先はどうなるかわかりませんが
とりあえず言えるときには言っておきます(笑

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/05/21

草むしり

さすがに5月も後半になると暑い日が多くなってきました
木々の緑も鮮やかになってくると
当然、庭の雑草も生えるスピードが速くなってきます
取り返しのつかなくなる前に草むしりでも・・・

これが原因でぎっくり腰になった人が
ここ2週間ほどで3人も・・・

それも皆さん同じようなパターンで
まだ涼しいうちにと、曇った日の午前中になさったようです

1時間ほど中腰になって作業していて
さあ。。立ち上がろうとすると・・・ギクッ

お決まりのパターンなんですが・・・
今回はどうもそういう方が重なってしまったようです

「これから草むしりをするときどうしたらいいんでしょうね?」
こう尋ねられて・・・


まず草むしりをするのはお天気のいい日がいいです
曇りの日は気圧が低く身体の機能が正常に動きにくいので避けたほうがいい
草むしりをする時間帯は身体が温まる午後からのほうがいい
草むしりをする前には準備体操(ストレッチなど)をするといい
草むしりをした後は整理体操をしたほうがいい

こんな回答をします

でもよく考えたら暑いときにやるのがイヤで
曇ったときにしたり、午前中にしたりするわけど
それをわざわざ暑い日の、一番暑い時間帯にするのもつらいでしょうし
草むしりをするためにわざわざ体操をする人も少ないでしょう

私だってわざわざこんなことをすることはないでしょうね
でも後から痛い目にあうのがイヤなら・・・
過去にぎっくり腰を何度もやって不安な方は
少しでもその危険性を回避しておいた方がいいと思うのですが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/20

はしご

今年はまだ淀川を越えていなかった・・・
今回はちょいと神戸に用事があり初めて淀川を越えました
せっかく神戸に来たのだから
神戸の有名なうどん屋さんをめぐることにしました

一軒目・・・
三宮から歩くこと10分程度の少しわかりにくい通りにあったのがこちらのお店
Photo_231
手打ちうどん ときわ

ここのお店の看板娘?が有名だそうです
なんと82歳になるおばあちゃんがとっても面白い方だそうです
お店の垂れ幕にもおばあちゃんの絵が描かれています

ところがおばあちゃんには会えずじまいでしたが
もちろん私のお目当てはうどん

「冷やしぶっかけ」をいただいたのですが
久しぶりにすごくコシの強い麺でして
さほど太くはないのですが噛み切るのにそこそこの力が必要です
ガツンとくる麺ですね

ぶっかけダシは関西風の少し甘みを感じるものでした
かき混ぜて生卵と混ざったときの柔らかい味わいはよりマイルドな感じになります
 
 

ときわさんから歩いて元町駅を海側に渡るとすぐに見つかった二軒目
Photo_142
民藝(みんげい)

ここは一転してすごくイケメン店長がいるお店
Photo_232
生しょうゆうどん

見た目の綺麗な麺です
ひさしぶりにお目にかかった綺麗なエッジ

シンプルに醤油をかけて麺のよさを味わいます
ときわさんと違い弾力性があって奥の方に強いコシを感じます
バランスがよく私にとっては好みのタイプの麺です

わずか30分間に2杯目のうどんだというのに
さっぱりとしてていくらでもお腹に入っていきます

初めてのうどん屋のはしごとなりましたが
さすがの私ももうお腹一杯になりました
やっぱりお腹がすいたときに一軒ずつ周る方がいいですね

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/05/19

天気がいいから。。その弐

先日、窓ガラスとブラインドを水洗いしましたが
またヒマなときがあったので
以前から気になっていたところを大掃除・・・

Photo_141

床を洗剤で洗ってみました(^◇^)
もちろん毎日掃除機をかけて水ぶきもしていますが
長年の汚れが床にこびりつきます
洗剤とタワシで床をゴシゴシ・・・
その後モップで洗剤をきれいにふき取ります

やっぱりずいぶん違いますね
薄暗かった床の色も明るくなって
なんとなく部屋全体が明るくなったような気がします

以前うかがった「うどん亭 瀬戸香」さんで
「私らの仕事のほとんどが掃除ですわ」とご主人がおっしゃっていました
確かにピカピカに磨かれた店内はうどんを食べていても気持ちがいいものです

仕事の内容は違っても汚いところで施術を受けるのはいやなもんです
そういうところまで気がつかないようでは
人の身体の細部まで気がつくはずがない・・・
         ↑
たまにやると大きいことを言いたがる(笑

さあ。。これでいつお嫁に行っても大丈夫←なんでやねんヽ(`Д´)ノ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/05/18

時計

施術中、シーンとすると・・・
「ここって時計いくつあるんですか?」
こんなことをたずねられたりします

それもそのはず・・・
10畳ほどの施術室には時計が3つもあります
うつぶせになって寝ていても時計のコチコチという音が響いてきます
ひとつならずも3つもあるもんですから
前後左右からコチコチという音が聞こえてきます

Photo_227
あっちでコチコチ

Photo_228
こっちでコチコチ

Photo_229
そっちでコチコチ

臨場感あふれるサラウンドで時計の音が響きます
なぜこんなにもたくさんの時計があるかといえば
私が早く終わりたいからではありません

私が使う技法には時間を計りながら行うものがいくつかあるからです
「カウンター・ストレイン」は90秒間一定の体位を保持する必要があります
「マッスルエナジー・テクニック」も一定の時間の等尺性収縮とインターバルを繰り返します
その時間を計るために時計が必要になります
はっきりいって秒針さえあればいいのですが・・・

技によってはキッチンタイマーを使うときもあります
Photo_230


いくつかの時計があちらこちらから響くとき
助手がたくさんいるんだなぁ・・・
こう思っていただければ幸いです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/05/17

懐かしい味

GWのピークも終わり、仕事の方も落ち着いてきたのもかかわらず
どういうわけか10日近くうどんを食べにいけませんでした
こんなに間隔があいたのは久しぶりですね

久しぶりに自転車にまたがり「ゆきの」さんに出かけました
去年の6月ごろから通い始め
だいたいの基本メニューを制覇しつつあります
今回いただいたのは「卵とじうどん」

Photo_140


卵とじうどんには子供のころの想い出がありまして・・・
私たち兄弟が風邪を引くと必ず母親が作ってくれたのがこのうどん
ところが幸せなことに私の身体はいたって丈夫でして
めったに風邪を引くことはありませんでした

風邪で学校を休んだ妹たちには卵とじうどんが出され
それを横目に羨望のまなざしで晩ご飯を食べていたものです
風邪を引いたときにしか食べられない卵とじうどんに
ある種の憧れを感じていた幼き日でした

いつものようにしっかりしたモチモチ感のある麺
フワフワに柔らかい卵
食感のコントラストに胸が躍ります
「ゆきの」さんのダシはそれ自体癖のない上品な味ですが
麺や具材を引き立てる心憎い影の主役と私は感じました

思う存分卵とじうどんを食べることができ
子供のころにさかのぼって満足感を味わいました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/16

肋間筋

人は呼吸をするときに肺を膨らませ空気を取り入れます
そのときに主に横隔膜を使って息を吸うのが腹式呼吸
また肋間筋の働きで肋骨を大きく広げるのを胸式呼吸といいます
「肋間筋」とは「スペアリブ」のことです

肋骨は提灯のような蛇腹の仕組みになっていて
それを広げたり狭めたりするのが肋間筋の役割です
胸式呼吸だけに関しては
息を吸うときには外肋間筋が収縮することによって胸郭を広げ
息を吐くときには内肋間筋を収縮して胸郭を狭めます

通常呼吸をするときに意識しながらやることはほとんどありません
ヨガや歌うときには意識的に腹式呼吸をしますが
なにせ安静時でも一分間に20回程度も呼吸をするのですから
通常の生活でいちいちこの動きを意識していたらやってられません

これだけよく使う筋肉ですから
時として肋間筋が凝ったりすることもあります
風邪を引いて頻繁にセキをし続けても
当然肋間筋は強制的に動かされるわけですから
コリが出たり、中には痛み出すとこもあるようです

肋間筋が凝った場合、そのほかの筋肉と同様硬くなり縮んでしまうわけですから
息を吸おうと胸郭を広げてみても思うように広がらず
なんとなく胸が締め付けられ、息苦しい感じに襲われたりもします
っていうか、肋間筋が胸を締め付けているわけですから当然といえば当然です

毎年何人かの方は「息がしづらい」といって
病院で心臓や肺の検査を受けられ
結果的には「異常なし」の診断がくだり
それでもなお続く胸苦しさを訴えてウチに来られるケースがあります

誰だって息苦しかったら命の危険を感じて不安になるものです
こういう場合一番に病院に行っていただくのは当たり前のこととしても
その原因がまったく知りもしなかった「肋間筋」のコリだったなんてこともあるわけです

高齢者に見受けられるケースとしては
加齢により肋間筋が縮み胸郭全体が広がらなくなり
だんだん猫背になってくることもあります
いったんこうなりだすと私たちの手ではなんともならない時のほうが多くなります
 
 
普段あまり気にしない筋肉ではありますが
呼吸に必要な重要な筋肉のひとつでもあります
たまには肋間筋を大きく引き伸ばしてあげてはいかがでしょう?
簡単なことです・・・
腕を大きく上にあげて深呼吸するだけのことです
皆さんもチョッと疲れたときには無意識にこんなことをやっているでしょう

疲れて凝った肋間筋を引き伸ばして
肺いっぱいに酸素を取り込み、酸素を脳に送ってこそ
心も身体もリフレッシュできるというものです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/15

ページ別アクセス

ネタ切れは続くよどこまでも・・・
第二段。。ページ別アクセス
過去4ヶ月間でアクセス数が多かった過去ログをご紹介します
もちろん「検索ワード」ではいってこられる方が見られているので
検索ワードのランキングと重複するはずですが・・・

1. 肉離れ

どういうわけか?以前からダントツでアクセスの多い過去ログです
整体で肉離れを扱うことはありませんが
「RICE」という応急処置についても書いてあります

2. 北枕

腰痛館のベッドは北向きに設置しています
その理由をご紹介したものです
お釈迦様が亡くなられたときの真相に迫る(笑

3. O脚の原因?内転筋

ヤバイ。。と思われた方はぜひご覧ください(笑
ちなみに治し方は書かれていません(爆

4. 手足のしびれ

来院者の主訴にも多い症状です
説明よりも、私の過去の症状についての記述が多すぎ・・・(^◇^)

5. 腹横筋

「腹筋を鍛えて腰痛予防」の腹筋とは何か・・・
歌って鍛えよう腹横筋\(^o^)/

6. 指先のしびれ

今度はまじめに書いています(笑
指先のしびれのメカニズムに迫る

7. 不思議なり!胸鎖乳突筋

いまだに胸鎖乳突筋について研究しています
昨年もレポート書きぞこねたしなぁ(´・ω・`)

8. ぎっくり腰

このころはこういうネタがたくさんあって書くのに苦労しませんでした
ああ。。あのころが懐かしい(爆

9. マレットフィンガー

こともあろうに自分のマレットフィンガーでさえネタにしてしまうたくましさ(笑
なんてことのない私の昔話です
読むだけ時間の無駄かも?(^◇^)

10. ローテーターカフ

聞きなれない「ローテーターカフ」とは何か?
あまり知られていない筋肉に重要な謎が・・・

記述が正確かどうかは別として←あかんがなヽ(`Д´)ノ
いいこともたくさん書いていることを知っていただきたい
自分で自分を褒めたいくらいです(笑

なぜか2004年の記事が多いのですが・・・(汗

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/05/14

検索ワード

定番になってきました(^◇^)
ネタがないときのお約束

まずはトップ10

1 肉離れ 
2 北枕 
3 内転筋 
4 ぎっくり腰 治し方 
5 胸鎖乳突筋 
6 マレットフィンガー 
7 指先の痺れ 
8 指先のしびれ 
9 腹横筋 
10 整体師

もうこのあたりになると不動のラインナップですね
毎回これを見ると整体師のブログであることを再認識します(笑

11 ローテーターカフ 
12 脊柱起立筋 
13 腰方形筋 
14 肩甲骨 
15 指先 痺れ 
16 ろあん鮎美 
17 �? 
18 僧帽筋 
19 脳震盪 
20 筋膜リリース

ベスト20になるとようやく「ろあん鮎美」さんが登場
うどん屋さんではなくて蕎麦屋さんが登場するとは驚きですね
それだけ注目されているお店ということなんでしょうか?
もう一度行ってみたいですね

21 腰が曲がる 
21 手足のしびれ 
23 中殿筋 
24 ぎっくり腰 予防 
25 キネシオテープ 
26 バストマット 
27 混浴クラブ 
28 肉離れ  
28 瀬戸香 うどん 
28 整体 好転反応

30位までですけど・・・
「混浴クラブ」なんて書いたことな~~いヽ(`Д´)ノ
28位でようやくうどん屋さん「瀬戸香」さんが登場
先日テレビで放映されて注目度も飛躍的にアップしたんでしょう

31 腸脛靭帯 
31 指先のしびれ 原因 
31 準備運動 
34 釜ひろ 
35 膝を鍛える 
35 仙腸関節 
37 たけうちうどん 
38 滑液 
39 くすぐったい 
39 起立筋

40位までになると
「釜ひろ」さん「たけうちうどん店」さんが登場し
そろそろうどん屋さんのお店の名前が増えてきましたね

39 たけうちうどん店 
42 股わり 
42 肉離れ 処置 
44 きびすを返す 
45 音楽療法についてのクイズ 
46 肩板 
46 うどん亭 瀬戸香 
48 猫背 
48 足ツボ 
48 風邪 風呂

50位まで
またしても「たけうちうどん店」さん「瀬戸香」さんが登場

キリがなさそうなのでこのへんでご紹介するのはストップしますが
実はこの後100位まではうどん屋さんの名前がずらりと並んでいます

この4ヶ月間の「検索ワード・フレーズ」ですけど
今までとは大きな異変がありました

うどん屋さん・蕎麦屋さん・ラーメン屋さんの名前は当然増えたのですが
音楽関係の検索ワードがまったくなくなってしまいました
これは残念なことです
音楽系ブログだと思っていたのに・・・
いつのまにか世間では食べ歩き系ブログと認識されているのでしょうか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/05/13

akiko's holiday

最近お気に入りのシンガー akiko
スタンダードからポップスまで幅広く歌っていますが
クールな歌い方は逆に惹きつけられてしまいます
とりわけアレンジもお洒落でスタンダードさえ彼女の世界でオリジナル的な輝きを放ちます

Akikos_holiday
akiko's holiday

このアルバムではビリー・ホリデーのスタンダードナンバーを
彼女なりの解釈で表現しています
クールでさらっと歌っているのに深みすら感じます
個人的に好きなのは
「ホワット・ア・リトル・ムーンライト・キャン・ドゥ」ですが
数十年前にレンタルレコード屋で借りたビリーのLP盤のなかでも
とりわけノリのいい曲でしたが
akikoの歌うこの曲もテンポがよくてやっぱりいいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

沖縄そば

この様子だとしばらくうどんを食べに行けそうにありません
ピークは過ぎたようですが
めぐり合わせで夜の時間帯の予約が詰まっています
こんな私ですけど、やはり仕事を優先します
そんなとき、お土産にいただいたのがこちら
05100004
日清ラ王 沖縄そば

沖縄の限定発売の商品だそうです
聞く所によると沖縄そばのカップ麺ではこの商品が一番本物に近いとか・・・

以前から沖縄そば(ソーキそば)を一度食べてみたかったんです
ソーキとは豚のアバラ肉。。つまりはスペアリブだそうですが
それを煮込んでスープを取ったものに麺を入れるから「ソーキそば」というそうです

最近のカップ麺もあなどれません
下手なお店よりも美味しいときもあります

さっそく調理開始←カップ麺で調理もなにも・・・(笑
05100005
要はお湯を入れるだけのことなんですが・・・σ(^_^;)

05100006

食べてみると・・・
コシのきいた麺としっかりしたダシですこと
タピオカが入っているとか、化学調味料が使われているなんて
野暮なことはいいっこなしです(笑

ググッと腹に入るともう満足(^◇^)

う~ん。。本格的なソーキそばも食べたくなってきましたよ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/05/11

けんびき

「けんびきがこってるんです」
こういう説明をよく聞きます
どちらかというとご年配の方が「けんびき」という言葉をよく使われるようです
「けんびき」という言葉は方言のようですが
関西だけではなくそれ以外の地方でも使われる言葉だそうです

「けんびき」について詳しい説明はこちらをご覧ください

簡単にいうと「首筋から肩にかけての筋肉」を表す言葉のようです
ここの説明では「整体の専門家に尋ねると、普通に使っていることばだという」とありますが
少なくとも私は「けんびき」という言葉をあまり使いません
私の母親などはよく使いますが
具体的にどこを示すのかわかりにくいのです
子供のころ母親の肩を叩いているときも
「けんびきすじがこってる」といわれ場所を探していると
肩甲骨の上角から内側縁を叩くと「そこそこ」と言っていました
どうやら私の母親は肩甲骨の周辺を「けんびき」と思っているようです

ところがこの仕事をしていると
肩甲挙筋(肩甲骨上角から上部頚椎にかけて)のあたりを「けんびき」と呼ばれる方もいました

気になって調べてみると「首筋から肩にかけての筋肉」を表す言葉ですから
それぞれの「けんびき」は間違ってはいないわけです
それにしても広範囲な部位を表す言葉ですから特定するのは難しいはずです

結局はこっているところを探すのは
自分で触ってみるのが一番のようで・・・

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007/05/10

天気がいいから

いやぁ~一気に暑くなりましたね
もう少し暑くなればクーラーも入れなければなりません
こんないいお天気の時には以前からやりたかったことが・・・

Photo_139

そうです。。窓ガラスの水洗い

寒いときにはついつい先延ばしになっていたのですが
GWも終わり少し時間に余裕があったので
ひとつずつ取り外して洗剤をかけてゴシゴシ
前の道はバス通りなので比較的交通量も多いのです
窓ガラスは予想通りかなり汚れていました

ひと汗かいて綺麗になった窓を見ると
太陽の光がくすむことなく差し込んできます
 
 
よ~~し。。昼からはブラインドを洗お~うっと
05090002
(作業中)

05090005
(作業後)

これでスッキリ 気分も上々 \(^o^)/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/05/09

おかしいなと思ったら

ここ数週間で気になる出来事がありました
身体の一部に痛みがあるということで施術してたら
実はその原因が我々には手の負えない病気だったということが二件ありました

あまり詳しいことは書けませんが
施術をしてもいつもと様子が違う
効果がまったくでない(当たり前ですが)

どうも釈然としない中で施術を続けていたのですが
どうしても気になってできるだけ早く病院に行ってもらうようにお願いしました
その後、結果を伺うと私が予想していたのと同じ病気でした

せっかく私を信頼されてお越しいただいたのに
施術を中止したり病院に行くことを促したりするのは
正直言って勇気の要ることです
でも自分の限界を理解せず施術を続けていても
いたずらに時間を経過したり、悪化する危険性もあります
そういうこと自体が信頼を裏切ることにもなりかねません

幸いにも数週間で治る程度の病気だったので
私もホッとひと安心・・・
判断が間違ってなかったこともよかったですし
そんなにたいした症状でもなかったので救われたような気持ちになりました

きっと私自身が私の腕前を一番信用していないのでしょう(笑
「もし病院の診断で何もなければ、笑い話にしてください」
いつもこんな風にお願いするのですが
内心はドキドキ・ヒヤヒヤしている小心者の私です(´-`)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/05/08

饂飩の四國 梅田センタービル店

旨いうどんを食べるときに一番美味しく感じるのが「かけうどん」
どこかのCMではありませんが・・・
「何も足さない、何も引かない」
誤魔化しのきかない緊張感があります
麺のよさも悪さも、ダシもそのまんまで食べられるので
各お店のご主人方は苦心惨憺の末「かけうどん」を作られます

かけうどんといってもいくつかの食べ方があるそうです
一般的には温かい麺に温かいダシをかけて食べますが
これを讃岐のいくつかのお店では「あつあつ」と呼ぶそうです
麺を水で締めて冷たい麺に温かいダシをかけて食べるのを「ひやあつ」といいます
また水で締めた冷たい麺に冷たいダシをかけて食べるのを「ひやひや」というそうです

もちろんこの呼び方すべてのお店で共通するのではないでしょうが
かけうどんひとつでもこれだけの食べ方があり
ダシの香を楽しんだり、麺のコシを楽しんだりできるようです

今回私が足を運んだのは「饂飩の四國 梅田センタービル店
Photo_136

このお店はチェーン店でありながら本格的な讃岐うどんが食べられることで有名です
どちらかというとうどんだけでなく居酒屋としての雰囲気が強いお店でもあります
ここではこれら3種類のかけうどんが食べることができます

なかなか他のお店では食べることのできない「ひやひや」を注文しました
私の「ひやひや人生」にもぴったりです(笑

Photo_138

別メニューとしてえび天(250円)も頼みました
食べてみると温かいダシに比べて香はほとんどないものの
飲んでみたらいりこがきいたしっかりしたダシです
麺も水で締めているだけあって強いコシと滑らかさが伝わってきます

居酒屋の雰囲気が強いもののしっかりしたうどんが楽しめました
それにしても居酒屋でお酒を飲まなかったのも初めての経験ですね(笑

外に出ると梅田の夜景が綺麗にライトアップされていました
Photo_137

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/05/07

基本

目的を明確にすること
段階を経て学ぶこと
基本に熟達すること
技法構成の理を知ること
数をかけること
体力に応じて行うこと
永続して行うこと

修行時代にある先生から教わった「技術習得の原理」です
私なりに何年もかけてこの原則を守ってきたつもりです
一足飛びに難易度の高い技を得ようとしたこともありましたが
「型」は覚えられても自分のものにはなりませんでした
型しか覚えていない付け焼刃の技を繰り出した結果というものは惨憺たるものでした

結局最後に頼りになるのは基本的な技です
場合によっては素人でもやれそうな技術を好んで用います
何年もそんな施術をしていたら
今まで難しいと思っていた技もなんとなく容易にできるようになっていました
どうやら難しい技法ですら結局は基本的な技の延長線上にあったようです

よく私の師匠が言ってました・・・
「体表上の大きな筋肉の状態がわからないで、頭蓋骨のかすかな動きがわかるはずがない」
まさにその通りだと思います
逆に大きい筋肉の状態がつぶさにわかるようになれば
頭蓋骨のかすかな動きでさえ感じ取れるということなんでしょう

今、「一番得意な技はなんですか?」と訪ねられたら
「基本手技です」迷わず言える・・・かもしれません?(笑

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/05/06

やよい軒

久々に外で朝食を・・・
たまにはうどん以外のものを食べようとショーウィンドウを物色(笑
ふと目に飛び込んだのがここ数年食べていなかったものがありました
Photo_134
目玉焼き朝定食@やよい軒

食べていそうで何年も目玉焼きを食べていませんでした(笑
朝食に味噌汁・味付け海苔は旅行にでも行かない限り食べることもありませんね
ごはんお代わり自由もありがたいのですが
朝からそんなには食べられません
近頃めっきり食べる量が減ってしまいました
数年前ならごはん3杯は食べられたのに・・・^_^;

これでうどん以外のものも食べることをご承知いただいたでしょうか?(笑

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/05/05

疲労

働くと疲れます
遊んでも疲れます
場合によってはじっとしていても疲れることもあります

「疲労」末梢性疲労と中枢性疲労に分類されます
末梢性疲労とは運動による筋肉などの疲労ことで
中枢性疲労とは脳の疲労といわれています

誰だって疲れるのは嫌なものですが
疲れを感じることにより身体の機能を損なうまで動くことを防ぐ役割もあります
いうなればウルトラマンのカラータイマーのようなものでしょうか?(笑
それでも続けて無理を重ねると病的な状態に移行してしまうこともあります

疲れたら休むのが基本・・・
機械でも稼動し続けたらオーバーヒートすることもあります
適当な休息を取ることは必須です
ところが休息さえとればいいというものではありません

アクティブレスト(積極的休養法)という方法があります
軽い運動をすることにより血液の循環を促進し筋肉中の乳酸を除去します
また軽い運動により脳に刺激を与え中枢性疲労を取り除くこともできます
ウォーキングやストレッチなどが効果的です
違う質の運動により末梢性疲労で拘縮した筋肉を伸ばしてみるのもいいでしょう
 
 
私?。。もちろんヘロヘロです(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/05/04

おなかいっぱい

今までいろんなお店でうどんを食べてきましたが
「もうこれ以上食べられない」
というところまで食べたことはありませんでした

一杯のうどんでおかなが一杯になるほど小食ではないので
もう一杯くらいなら食べられるだろうなというところでお店を後にしていました
そのうちおなかいっぱいになるくらいうどんを食べてみたいという気持ちがわいてきます

たまたま昼食が用意されていなかったので
初めてその欲望を満たすために
昼休みに自転車にまたがりお店に出かけました
出かけた先は「かどっこ」さん
ここのかけうどんが好きなんです
いりこのダシがよくきいて
いかにも「讃岐うどん」という感じなんです
とはいうものの讃岐には行ったことがありませんが・・・(笑

このお店では2玉が大盛り、3玉が特盛りということで
それぞれ100円ずつアップします

Photo_133
これがかけうどんの特盛りです
画像ではわかりにくいですが
カウンターの幅とほぼ同じくらいの洗面器ほどのどんぶりに
3玉分のうどんが入っていて、大好きなダシが並々と注がれています
「桂ちゃん」で食べた「おたぬき」(大盛り)もたいがいの量でしたが
それよりもさらに多い量です^_^;


目の前の置かれたときは食べきる自信がなかったのですが
旨いうどんならいくらでも入るものですね(笑
わずか10分程度で完食・・・

しばらくは動きたくなかったのですが午後からの予約が入っていたので
足早にお店を出ました
うん。。満足ぢゃ(´-`)
 
 
ところでお店のカウンターにはジャズライブのチラシが貼ってありました
よく見てみると私が何度かジャム・セッションでお会いしたトランペッターのライブでした
なんでもご主人の後輩だそうで、どこでご縁があるかわからないものですね
むかしはご主人も吹奏楽をやっておられたとか・・・

うむ。。ひとは見かけによらないようで・・・(失礼

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007/05/03

sweet poison 甘い毒薬

アコーディオンの音色はどことなく情緒的で
パリのイメージが印象に残ります

しかしこの人のアコーディオンはそれだけにとどまりません

Sweet_poison
sweet poison~甘い毒薬~ coba

デジタルサウンドとともに幻想的な世界へと導かれます
新しくてノスタルジックな音は扇情的
今までにない音楽は聴いたあとに感情を揺さぶられるような余韻が残りました

タイトルの通りちょっと危険な匂いがする大人の音楽です

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/05/02

ねぎ釜玉

「桂ちゃん」でゲットした食材・・・
Photo_124
冷凍麺2玉

Photo_125
だし

Photo_126
醤油

Photo_127
きざみネギ
 
 
まず冷凍麺をたっぷりのお湯で2分間茹でて水切りをしてどんぶりに盛ります
真ん中に卵黄を乗せます
Photo_128


さらにおびただしい量のきざみネギを盛り付け
Photo_129
ネギしか見えません(笑
冷めない間にすばやくかき混ぜると
Photo_130
このように卵黄が固まります
この上からダシと醤油を適量かけます
Photo_131


どんぶりにあふれかえったうどんを2/3ほど食べたら
今回試したかった食べ方を実行・・・

残っただしを薄めてから温め、どんぶりに注ぎ込みます
Photo_132

だしをそのまま薄めるという暴挙ではありますが
そこは桂ちゃんオリジナルのだし
けっこういいお味でございます

春菜」さんや「やとう」さんでいただいた
釜玉うどんの食べ方です

釜揚げうどん専門店のうどんを釜玉うどんで食べるという
ある意味失礼な食べ方をしたのかもしれませんが
充分商品として通用する旨さであることは間違いありません

ところが当のご本人、「桂ちゃん」のご主人いわく
「釜玉うどんはそんなに好きじゃないんですわ」とのこと・・・

ハイ。。あなたはまこと「釜揚げうどん」の申し子です(´-`)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/05/01

GWは

例年のごとくGWは多忙を極めております
なんとかブログの更新は
茹で置きの麺。。ぢゃなくて・・・
作り置きのネタを交えながらかろうじて滞ることなく続けさせていただいています

しかし、いただきました多くのコメントに対してのお返事が相当滞っています
落ち着き次第お返事を書く予定です
ホントにできるんかいな?
一抹の不安もありますが・・・^_^;

そういうわけでよろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

匠の技

毎度毎度、ここでは私が食べてきたうどんをご紹介しています
先日もこのようなものをいただいてきました
Photo_123

いつもお世話になっている「釜揚げうどん 桂ちゃん」の「おたぬき」です
普段食べている「たぬき」ではなく「おたぬき」です
どう違うか?といえば・・・
桂ちゃんでは「大盛り」のことを「おたぬき」と呼びます

この日も他のお客さんが「たぬき」と「おたぬき」の違いを尋ねておられました
まあ。。初めてのお客さんはわかるはずもありません
説明を受けたお客さんも「化かされた」ような表情でなんとなく納得されていました

しかし悲しいかな・・・
ここのお店でいくらうどんの画像を写しても
大きさが違うだけですのでほとんど変化がありません

そこで今回は変化をつけるためにご主人に登場願いました
「nobasi.3g2」をダウンロード
棒を使ってうどんの生地を伸ばす風景です
いつも面白おかしい話をしているご主人ですが
このときばかりは表情は真剣そのもの・・・
「yude.3g2」をダウンロード
麺を茹でる姿です
少し照れながら麺の茹で具合をチェックします

なかなか男前の後姿です
いえいえ。。前から見ても男前ですよ(´-`)
Photo_225
イラストは「関西極楽さぬきうどん(前編)」より無断借用m(_ _)m

さて。。この日は持ち帰り用の食材を仕入れて我が家で挑戦
はたしてどんなうどんに相成りますか?
明日に続く・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »