« ホテル・コスト | トップページ | 利休 »

2007/03/28

切磋琢磨

最近、家に帰るとやたらとスポーツ中継が多いですね
フィギアスケート・シンクロナイズドスイミング・サッカー・水泳
これでもか、これでもか・・・と手に汗握る戦いの連続です

一昨日は水泳の世界選手権で北島康介選手とハンセン選手の熱い戦いがメルボルンで繰り広げられました
Photo_215

惜しくも銀メダルに終わりましたが
試合後の北島選手の態度はスポーツマンの真髄を見たように思います
負けを負けとして素直に認め、相手選手を讃える姿は立派なものです
ともすれば周囲が勝負そのものよりもメダルの色のこだわり
ヒステリックになる傾向もあるようですが
戦った選手たちにとって全力を尽くした後は敵も見方もありません
むしろ悔しさをモチベーションに変えて次に進もうとするさまは天晴れです

負けてグチャグチャと言い訳をするようではいけません

北島選手も数年間苦しい日々を過ごしたようですが
こういうライバル選手の存在があったからこそ復活できたのだと思います
トップに君臨する選手はモチベーションを維持するのは難しいです
自分自身との戦いになりますが
好敵手がいるからがんばれるというのが自然な姿だと思います

フィギアスケートでも安藤美姫選手が金メダルという結果に終わりましたが
これも浅田真央選手や韓国のキム・ヨナ選手がいたからこそがんばれたのではないでしょうか?

勝っても負けてもそれぞれの健闘を讃えながら
これからもワクワクする試合を見せていただきたいものです

|

« ホテル・コスト | トップページ | 利休 »

コメント

自分自身がやる気にならないと、切磋琢磨は成り立たないのは当然なんですが、そのやる気になるってのが、結構難しいのかなぁ? 今の若い子をその気にさせる方法ってないですかねぇ。じゃないと、いつになっても先人との距離が縮められないのに・・・。(苦笑)

すみません。
ごく私的な愚痴でした。(^^)

投稿: ふんばり店長 | 2007/03/28 09:42

上野さん

北島選手は相当メンタルトレーニングを積んでいるとお見受けします
目に違うものが写っているような印象を受けます
きっと今は心の軸がぶれていないのでしょう
 
 
ふんばり店長さん

山本五十六の言葉に
「やってみせて、やらせてみて、褒めねば人は動かじ」
というのがあります

戦争中でも本質は同じだったのかもしれません
まずはモチベーションを持つとこからはいらないといけませんね

投稿: ひろ | 2007/03/28 10:24

盲導犬の訓練でも、上手くいったときは“good グーッド♪”って
褒めまくるんだそうです。

人間も叱られるより褒められるほうが嬉しいよね。
だから、部下やお子さんにも目いっぱい褒めてあげましょうね。

なかなか褒めてもらえなかったネコです。 ヾ(;´Д`●)ノ

投稿: 眠り猫 | 2007/03/28 15:37

どうも私も褒められたことがないもので
褒めていただくと身の置き所がなくなります^_^;
むしろ叱られたほうがファイトがわいてきます

投稿: ひろ | 2007/03/28 16:25

スポーツの世界に限ったことではないのでしょうが、やはりメディアの報道が多いこと、またやはり一般のお仕事とは違う「対戦相手との勝負」という形式で成り立っているスポーツ界は特に、ライバルの存在って大きいんでしょうね~。

ワタクシは体育会系じゃない(そもそも非力で運動オンチなのもあって…)ので、深く入り込んでそれを実感したことは無いですけどね(^^;)。

投稿: あっけ | 2007/03/28 23:34

ライバルがいるからこそがんばれる
スポーツだけではなく仕事や勉強でもまたしかりですね

第三者のメディアがドラマ性を持たせるために
些細なことを強調して報道する姿勢はいただけませんけどね

投稿: ひろ | 2007/03/29 07:45

そのあたりのポイントは押さえてありまして、
もちろん、やる気にもなっているのですが、
なんと申しましょうか。。。
根本的に甘い?(笑)
現代風と言ってしまえばそれまでですが、
危機感?背水の心構え?
まぁ、求めすぎでしょうか。(苦笑)

投稿: ふんばり店長 | 2007/03/29 08:19

「危機感」「背水の陣」。。これは経営者のそれとは程度が違って当たり前ですかね・・・

投稿: ひろ | 2007/03/29 08:34

最終的には個人個人の自立は不可欠ですね
競技をやる以上は結果を求めるのは自然なのかもしれません

投稿: ひろ | 2007/03/29 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切磋琢磨:

« ホテル・コスト | トップページ | 利休 »