« 言い訳 | トップページ | かかったかな?と思ったら・・・その2 »

2006/11/29

かかったかな?と思ったら・・・

だんだん寒くなると怖いのはぎっくり腰だけではありません
むしろ風邪を引く危険性はぎっくり腰のそれよりみな平等にあるはずです
私が一番イヤなのは、せっかくよくなりかけた人が風邪を引いてしまい
症状が元に戻ることです
「風邪を引かないように気をつけてくださいね」
皆さんにこういうのも、何回も施術して快方に向かっている人でさえ
「元の木阿弥」になってしまうことを何度も経験しているからです

まず風邪を引かないために「手洗い・うがい」は子供のころから
何度も繰り返し言われていることです
私もひとり施術が終わるたびに必ず手洗い・うがいを励行しています
今では習慣になっていますので夏場でもやっています

それと意外に重要なのは部屋の湿度です
室温20℃で湿度50%のときウィルス(インフルエンザウィルス)の生存率が4%程度にまで激減するそうです
20℃ぐらいで湿度が高いとウィルスは死んでしまうわけです
それを知って以来、私もここに湿度計を置いて観察してみると
湿度が50%を切るとのどが痛くなることがわかりました

風邪を引かないために一番大事なのは『免疫力』です
なんといってもこれが弱ければお話になりません
免疫力を維持するためにはなんといっても普段から規則正しい生活をして
十分に睡眠をとることが大切です
疲労をためるとそれだけでも免疫力が落ち風邪を引きやすい身体になります
 
 
それでも不幸にして風邪を引いてしまったときは
休むことが一番です
風邪薬を飲んで・・・
これを否定するつもりはありませんが
現在、風邪薬と呼ばれているのは風邪を治す薬ではありません
「風邪の諸症状緩和」と書かれているはずです
要は熱を下げたり、くしゃみ・鼻水を止めるだけのもので
ウィルスを退治する効果はないようです
熱・くしゃみ・鼻水などの風邪の諸症状はウィルスの仕業ではなく
ウィルスを退治したり、身体の外に出そうとする
身体そのものの防衛機能のようなものです

それで結局何が風邪の退治をしてくれるのかというと
これもやはり「免疫力」そのものです
ここから先は私自身の風邪の対処法です
ご注意いただきたいのはある程度体力に自身があり
たぶん免疫力もさほど衰えてはいないだろう私が
風邪に真っ向勝負を挑むときのやりかたです
高齢者や小さいお子様、体力に自身のない方には危険な方法です

まず熱い目のお風呂に入ります
これで身体を温めて食事はできるだけ消化がよくて温まるものを食べます
ああ。。やっぱりこれか・・・┐(~―~;)┌
と思われるでしょうが・・・
あんかけの卵とじうどんに生姜をすりおろしていただきます
えてして風邪を引いているときは胃腸の具合も優れず
負担がかからないものを食べたいですね
より体が温まるようにあんかけと生姜をいれるのがポイントです

それとビタミンCなどの抗酸化物質をサプリメントで飲んだりもします

もちろん寝る前にお酒は欠かしません( ̄^ ̄) エッヘン
それも普通のお酒じゃなく
生姜でつけたホワイトリカーをグイッと飲み干して寝ます
(これははっきり言って不味いです)
もちろんお茶や水などの水分補給も忘れません

これで十分身体が温まったところで十分な睡眠をとるわけですが
これでもか!というほど厚着をしてウンウン唸るほど汗をかいて熱を上げます

夜中に汗びっしょりで目が覚めてしまうのですが
そのまま寝てしまってはかえって身体が冷えてしまいます
きれいに汗を拭いてから下着を着替えてもう一度寝ます

かなりハードな方法ですが
体力に自身のある私だからこそできるのかもしれません

一般的には総合感冒薬などで熱を下げて休まれるのが普通ですが
私の場合無理やり熱を上げて早期決着を目指します
もちろん40℃以上の高熱は脳に影響を与えますので
その辺の加減はしているつもりです

危険ですのでよいこの皆さんはあまり真似しないようにしてくださいね(笑


数日たって風邪が治りかけたときに必要なのはウィルスによって壊された細胞の修復です
もちろんこれも自然に身体の機能がやってくれるわけですが
このとき必要なのが材料です
タンパク質(アミノ酸)を材料として修復を図るのですが
だからといって病み上がりの胃腸に分厚いステーキは受け付けてもらえません
豆腐などの植物性タンパク質でおなかに優しくタンパク質の補給をします

皆さんそれぞれいろんな方法で風邪に対処されていますが
私はこんな方法で長年やっています

|

« 言い訳 | トップページ | かかったかな?と思ったら・・・その2 »

コメント

風邪って昔から『万病の素』と言われますものね。
その治す匙加減の難しさは
ドクターの友人達もうなってますよ。

ひろさんの場合は
「麺益力」なのですねー(;^_^A

投稿: 冬薔薇 | 2006/11/29 08:20

麺益力。。うまいことおっしゃる(´-`)

明日は「麺益力」の高いうどんをご紹介します

投稿: ひろ | 2006/11/29 08:27

風邪をひいた後や、寝込んだ後は、ぎっくり腰、要注意です。私は、それでやられてますから。

人と接触した後の手洗い、うがい大事ですよね。

ひろさんは実践されていて、えらいです。

風邪のなおし方もなかりハードですが、早期になおしたい時

はいいかもです。

とにかく風邪ひいたら、胃に負担をかけないものを摂って

あたたかくして、寝ている事ですね。(寝ているのは、腰が痛くなりますけど(^ー^;)

自然治癒が一番です。

でも、風邪をひかない事が一番ですね(笑)

投稿: みさ♪ | 2006/11/29 09:46

ウチでも湿度管理には気をつけています。
ノドが直ぐに赤くなるので、口内が乾燥しないようにもしています。

かかったかな?と思ったら・・・
液体の葛根湯?(ドリンク剤みたいなヤツ)とチョッと高いドリンク剤飲んで寝ます。

PS.
ウチの娘は、嘔吐が済んで今は「ゲリピー」です。今日も幼稚園お休み!

ウチの相棒は「骨には異常なし!。軟骨かなァ~??」と言われたそうです。まあとりあえずひどい打身だけということで・・・。

投稿: dream | 2006/11/29 09:47

みさ♪さん

少々荒っぽいかもしれませんが治すときには体力勝負で戦います
でもやっぱり風邪を引かないように予防することが大切ですね
おかげさまでここ数年風邪を引いていません(´-`)
 
 
dreamさん

私もやばいと思ったら秘密のドリンク(以前ここで紹介してますが)を飲んですばやく葬り去ります

イタノ君はとりあえず大丈夫でしたか・・・
「酒は飲んでも飲まれるな」
この言葉を彼に送りたいと思います(笑

お嬢ちゃんももお大事に・・・(´-`)

投稿: ひろ | 2006/11/29 11:47

風邪ひかないように 注意はするのですが・・・
朝歩くようになってから 一日元気です。

そうですか・・・発汗第一ですね~~。

投稿: teru | 2006/11/29 15:09

歩いた結果は何年後かに振り返ってからわかると思いますよ
風邪を引かない体力とステキなプロポーションをゲットしてください

ちなみに私はいつも冷汗をかいてすごしています( ̄ー ̄; ヒヤリ

投稿: ひろ | 2006/11/29 16:26

ひろさんと同じことはできませんが(爆)、発熱した後の厚着をして寝るところは私も同様です。

ただ、最近は喉が腫れても平熱のままいつのまにか治っていることが多いです(・・?

若いころは喉が腫れたら必ずといっていいほど、発熱しておりました(^^ゞ

投稿: 390X | 2006/11/29 18:37

男性は扁桃腺が弱いって聞いたことがあります
私ものどが痛くなることが多いようです

ああ。。この美声が・・・(笑

投稿: ひろ | 2006/11/29 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かかったかな?と思ったら・・・:

« 言い訳 | トップページ | かかったかな?と思ったら・・・その2 »