« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

涼風

昨日は未明に強い雨がふりました
あまりの降りに目が覚めて窓から雨が振り込んできそうなので
眠い目をこすりながら窓を閉めました

雨はやんだものの朝から曇り空
いつもなら出勤と同時にクーラーをつけるのですが
久しぶりに窓を開け放って掃除開始

クーラーの冷たい空気と違って気持ちがいいですね
換気するにも熱風が入り込んでくるので
窓を開けることをためらっていましたが
やっぱり自然の風は気持ちがいいです

室温計をみると28℃とさほど涼しい温度ではありませんが
雨上がりの涼しさは独特のよさがあります

日中は次第に日差しがきつくなり
やっぱりクーラーのお世話になりました

暑さ寒さも彼岸まで・・・
きっとまだまだ暑い日が来るでしょうけど
暑さと涼しさを繰り返しながら秋が近づいてくるようです

ああ。。温かい天ぷらうどんが恋しくなってきました(笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/30

犬の整体

整体院といっても人間ばかりを対象にしているわけでもないようです
ネットで調べてみるとペットを対象とした整体院もかなりあるようです
オステオパシーでペット施術をなさっているところもありました
ペットといえども飼い主にとっては家族の一員ですから
そういうニーズがあるのも当然のことなのでしょう

とはいえ実際やる方はたいへんなんでしょうね
たとえば私がよく使う技法でストレイン・カウンターストレインでは
相手方が脱力状態であることを前提とします
「はい。。力を抜いてくださいね」といっても
「ワン(ハイ)」といって力を抜いてくれそうにもありませんし
マッスルエナジーテクニックという技法では
こちらに指示通りに力を入れていただかないといけません
「半分くらいの力で足を上げてくださいね」
といっても通じそうにもありません

いろいろなテクニックがあるので
使えそうなものを選択するのでしょうけど・・・
 
 
去年、友人たちと集まったとき
ひとりがペットのワンちゃんを連れてきました
知らない人が大勢集まったので興奮したのか
深夜になっても興奮し続けでした
一度試しに副交感神経を刺激して
リラックスさせようと試みました
しばらくやってみるとワンちゃんは落ち着き
私の膝の上でスヤスヤ眠りだしました

哺乳類である以上そんなに身体の構造も変わらないので
犬にも施術は可能なようです
今のところ本格的にやるつもりはありませんが・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/08/29

アトラス

Atlasギリシャ神話にアトラスという神が登場します

アトラスとは「耐え忍ぶ者」というのが名前の由来だそうです

アトラスはゼウスたちに戦いを挑んだのですが、戦いに負けてしまい
その罰として永遠に天空を支えるという役割を与えられました


アトラスはその苦しみから逃れるためにペルセウスに頼み
Photo_74
メデューサの首を見せてもらい、石に変わってしまったそうです

それが今のアトラス山脈だという言い伝えがあります
 
 
我々の身体にもアトラスは存在します
Photo_73

これが第一頚椎です
別名「環椎」ともいい
洋名を「アトラス」といいます

第一頚椎は重い頭を支え耐えて忍んでいます

骨の名前でも面白い由来があるものです

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/08/28

青いハンカチ

Photo_71

普段私が使用しているハンカチです
画像ではわかりにくいですが一応青色です

「ハンカチオヤジ」とでも呼んでいただきましょうか・・・(´-`)

主に机を拭くのに使用しています(笑

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/27

ありがとう

かれこれ10日ほど前のお話です・・・

結局お盆期間中は大勢の方にお越しいただき
毎日忙しくしていました
お盆休みも終わりようやくピークも過ぎました
落ち着いたら読みたい本が何冊かあって
少しずつ読んでみよう・・・
こう思っていたのですが
その前にしたかったのがお昼寝(笑

気持ちいいんですよ・・・
クーラーの効いた部屋でほんの1時間程度寝るのって
先日、ようやく空き時間を見つけ昼寝をしました
目覚めてみるとすっきり爽やか
疲れも取れてホッとした気分になりました

さて次の予約に向けて準備しようとしてたら
なんだか目の前に黒いものがモゾモゾしています
蚊でも飛んでいるのかと思ったら
顔の上を数匹のアリが歩いているではありませんか
あわてて払いのけても、まだモゾモゾ・・・
おかしいと思って鏡を見たら
私のメガネの上をまだ数匹のアリが歩いています

どうやら昼寝をしたときにメガネを窓際においていたのですが
メガネがアリの休憩所になっていたようです
多数のアリがご休憩中のメガネを私がかけてしまったようです
 
 
いつもならアリよけに窓際にはチョークの粉をまいているのですが
梅雨明けに窓を全部はずして水洗いしたものだから
チョークの粉が流れ落ちてアリの侵入を許してしまいました

あ“~~気持ち悪かった(>w< )

なに?。。タイトル??・・・
気にせずサラッと流してください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/26

ぼやき

まぁ~みなさん聞いてください・・・

昨今電子メールが普及して
いろんなやり取りをメールで送ることが多くなりました
ひと昔前なら封書を郵便で送るのが当たり前
2~3日かけて郵便配達を待ったものでした

それから便利になったもんで
書類なんかはFAXで即座に送れるようになりました
会社勤めのときは重宝したもんです

数年後には電子メールってやつができて
書類はもちろん友達同士のやりとりでも
メールひとつでコミュニケーションがとれるようになりました
FAXと違ってプリントアウトした書類もきれいなものが出てきます
編集だってできますし書類以外の情報も送ることができます

ウチも開業のときにFAX付の電話を購入したのですが
初めて来られる方に地図を送付するときにはずいぶん役立ちました

ところが・・・
今ではPCをお持ちの方も多く
FAXで地図を送るまでもなくHP上の地図をプリントアウトして
来られる方がほとんどになりました

ここでFAXもお役御免・・・
と相成るはずが思わぬところで活躍しています
今までFAXは地図を送るだけで受信するのは
営業・宣伝用のFAXのみ・・・
電話機を購入した際にセットしたFAX用紙は
ものの見事に広告用となってしまいました
ようやく去年ロールが切れFAX用紙もなくなりました
買ったときのFAX用紙がもうひとつあるんですけど
わざわざ広告を排出するためにセットするのももったいないので
FAX用紙は入れずに放置しています

ああ。。それなのに、それなのに・・・
執拗なるFAX攻撃・・・
一日何回も、ひどいときには1時間に何回も・・・

営業FAXを執拗に流してくるとは何事やヽ(`Д´)ノ
責任者出て来~~い(-_-メ;)
「ホンマに出てきたらどうすんねん。。この泥亀」
誤ったらええねん・・・(´-`)

かあちゃん。。堪忍・・・ゴメンチャイ
Photo_70

FAX用紙入れてないから
FAX流さんとってぇぇぇ~~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/25

残暑

まだまだ日中は暑いようです
普段、昼中そとに出ない私もここ数日は
炎天下の日差しの洗礼を受けました
ここまで汗をかいたのは久しぶりのことです

いつまでも35度近い気温に秋を感じることはありません
一昨日自宅に帰り、いつものように蒸し風呂を思い出させる2階の寝室に上がりました
ところがそこには今までのような寝苦しい雰囲気はありません
当たり前のように扇風機をつけて寝かけたのですが
扇風機から送り出される風を不快に感じました
少し肌寒いのです

思いとどまり扇風機を消して眠りについたのですが
朝方になると開け放った窓から入り込む風がヒンヤリ
どうやらいつまでも季節はとどまることはしないようです

あまりにも短い時間に多くの出来事が
私の前を通り過ぎていきました
それでも時は流れていきます
いつまでも過去という時間にとどまることを許してはくれないようです
前に向かって歩くように促しているのでしょう

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/24

ご報告

突然、身内に不幸があり臨時に3日間お休みをいただきました
せっかく予約をいただいたにもかかわらずこちらからキャンセルしたり
あるいはご連絡をいただいたのに受付もできず
まことに申し訳ありませんでした
またずいぶん多くの方からご心配をいただき恐縮です

今日から通常通り営業をいたします
ええ。。いつもどおり元気にがんばりますとも・・・

| | トラックバック (0)

2006/08/20

台風とカキ氷とコンビニ

慣れてしまうと人間すごいもので
この暑いさなかにクーラーなしで寝ることに何も感じなくなってきました
でもいけません・・・
台風のもたらした生暖かい風は
私にとって寝苦しい夜をもたらします

慣れてしまったはずの焼けた屋根の暑さが
台風のつれてきた湿気とともに
私に襲い掛かります

どうもいけません・・・
睡眠を充分とるべく10時半に床に就いた私も
ここのところ午前1時ごろになると暑くて
喉が渇いて目覚めてしまいます
こうなるとそう易々とは眠りにつくことができません

お茶を飲んでもこの暑さが解消できそうにもありません
悶々ともだえ苦しむ私は一計を案じました
「そうだ!!カキ氷を食べよう」
思い立ったが吉日?
さっそく服を着替えて自転車に乗り
コンビニへとひとっ走り

大好きな宇治のカキ氷を買い家路を急ぎます
帰るやいなやカキ氷をむさぼり
頭に冷たい衝撃がキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!
食べ終わると今まで取り付いていた暑さも癒え
喉が渇くのを防ぐために水をいっぱい
 
 
こんな生活が2日間続いています(汗
普段はアイスクリームとかカキ氷とかは食べないんですけどね

しまいにお腹壊すぞぉ~~(´・ω・`)

残暑がまだまだ厳しいようですが
皆様。。ご自愛くださいませ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/08/19

只今工事中

腰痛館がある私の実家の建物も築35年以上になります
長い年数、風雪に耐え、阪神大震災に耐え今日に至ります
細かい補修も数えられないほどですが

今年の梅雨の長雨にはまたもや雨漏りの憂き目に・・・
幸いにも整体院の中には雨漏りはしませんでしたが
2階の台所付近は大雨が降るとポツリポツリとしずくが落ちます

梅雨明けから大工さんに雨漏りの補修を依頼していたのですが
雨の多かった今年はいつもお願いしている大工さんも
引っ張りだこだった様子です
盆休みも終了してようやく補修工事開始

普段、外は静かで中は私がにぎやかなんですが・・・(笑
外もドンドン・ガンガン
少々にぎやか過ぎるようですが今しばらくご辛抱くださいませ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/18

Horizon

やっぱり夏は南米系音楽です
このアルバムも暑気払いにはぴったりです
Horizon Jazztronik
Horizon

Jazztronikとは野崎良太による
ジャンルに縛られないフリースタイルの音楽創造プロジェクトだそうですが
メンバーも固定されず毎回新鮮さを保つのもすごいことです
このアルバムではブラジル色の漂う
サンバやボサ・ノヴァのリズムが心地よく響きます

ゴズペラーズや中嶋美嘉のプロデュースやリミキサー
としても活躍する野崎良太の才能があふれ出します

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/17

お疲れ様です

日本列島のお盆休みもひと段落
多くの会社では今日から出勤のようです

いつもなら平日の昼間には女性の方が多いのですが
毎年お盆期間中は普段来れない男性が圧倒的に多くなります

まあ皆さん疲れた身体を引きずって仕事をなさっていたんですねぇ
全身丸太ん棒のような緊張しきった身体をいくつも拝見しました
ほんの少しでも疲れが取れて
いい仕事ができるようお役に立てたならなによりです

さあ!!お父さん方・・・
今日からまた仕事が始まります
心も身体もリフレッシュして
がんばりましょう\(^o^)/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/08/16

あるとき

551

08130004

08130003

以上。。大阪名物でした(´-`)
 
 
 
おまけ
08140003


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/08/15

技の選択

「オステオパシーってどんなことをするんですか?」
いつもよく尋ねられます
やっている我々でさえ、一番答えるのに苦労する質問です

「オステオパシーとは1874年にアンドリュー・テーラー・スティルという医師がアメリカで・・・以下略」
「立て板に水」でオステオパシーの歴史を語りだしても
尋ねた方は「???」でしょう
はっきり言って何が聞きたいかというと
どんな技を使うか?ということなんでしょう

ところがオステオパシーにはさまざまな技法があります
オステオパシーを名乗って仕事をしている私でさえ
すべての技法を使えるというわけではありません
しかもある程度のレベルで使える技となると
そんなに多くないのかもしれません

そんな私ですらいくつかの技を駆使して仕事をします
「技のデパート」とまではいきませんが
簡単な技から難易度の高い技までいくつかの在庫があります

難しい技のほうがカッコよくて、よく効くと思われるかもしれませんけど
意外に単純というか誰にでも簡単にできる技のほうが
効果的なこともあります

もう5年以上前のことですが
歩くことができなくて車椅子で来られた方に
時間をかけてゆっくり足をさすっただけで
スッと歩けるようになったこともありました
結局足が冷えて血液の流れが悪くなり
歩けなくなったというのが原因だったからです

こんな場合には難しい技を使うよりも
小学生でもできる足をさするという方法が効果的だったわけです

難しい技をたくさん知っていることよりも
その人にとってどんな技が効果的か・・・
これを見極めることの方が大切なのかもしれません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/14

きつね

昨日の夕食です(´-`)
08130001

きつねうどん・・・
道頓堀にある老舗「今井」です
08130002

久しぶりに食べた大阪らしいうどんです
讃岐うどんとはまた違った味わいです

甘辛く煮込んだうすあげと相性がいいのは銀シャリ
       ↑
古い言い回し(´・ω・`)

ここはあえてご飯を注文しました
きつねうどんとご飯といえば子供のころの定番メニュー
なんとなく懐かしい組み合わせで郷愁を感じました
 
 
なんか無理やりネタにするために
きつねうどんを注文した感も無きにしも非ず(^○^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/08/13

たぬき

先月訪れた釜揚げうどん専門店「桂ちゃん」(過去ログ
こだわりの釜揚げうどんを食べさせていただきましたが
どうしてもひとつ気になることがあります
その疑問を解消すべく、再び長原に向かいました

お店に入りお品書きを見てみると
Tenpo02
うどんの種類が「豆だぬき」「たぬき」「おたぬき」
この三種類しかありません
しかもご覧の通りすべて釜揚げうどん

「たぬき」といえども薄アゲもなければテンカスも入っていません
(テンカスは自由に入れることができます)
正真正銘の「釜揚げうどん」なんです

注文するや否や真っ先にこの疑問を解消すべく尋ねてみました
Photo_60_1
このどんぶりやダシを入れる徳利を信楽であつらえられたそうです
そう。。信楽といえば「信楽焼きのたぬき」が有名です
08120001

このたぬきが動かぬ証拠です(笑
・・・ということでただの釜揚げうどんの「大・中・小」では
面白みに欠けるということでたぬきと命名されたそうです
 
 
大きな疑問も解消できたところで釜揚げうどんに舌鼓
やっぱり。。美味いわぁ(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)
ご主人とお話をしたのですが
先日来からうどん屋めぐりをしているということを言ったら

「あ!!ひょっとして整体のブログの人ですか?」

ありゃま(⌒▽⌒;) オッドロキー
このブログをご覧になってたんですね(汗
ということで身元がばれて(笑)名刺交換

その後ご主人のうどんに対するこだわりを聞かせていただき
いい勉強になりましたよ
私の予想通り、ダシは昆布ベース
しかも北海道の昆布を自ら吟味されているほどのこだわりよう
聞くと昆布はひとつひとつ味のばらつきがあるようです
それを一定のレベルまで上げるには相当な苦労があったそうです
いいダシがなかなかできなくて
一時は商売をやめようかと思いつめられたとか・・・

職人の一途な思いがいっぱい詰まったダシには
口いっぱいに昆布の嫌味のない甘みが広がります
やっぱりゴクゴク飲んで美味しいダシです
前回いただいたダシとはまた違った味に感じました

自然の材料は生き物です

私の仕事にも共通することなんでしょうけど
大きくうなづいてしまいます
今日も美味しいものをいただきましたm(_ _)m
 
 
お話をしていると・・・
私が何回も通っている「ゆきの」さんのご主人ともお知り合いだそうです
うん。。やっぱり横のつながりってあるんですね(´-`)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/12

熱帯JAZZ楽団

暑いときに爽やかなものを求めるのは当然ですけど
暑いときにこそ熱~い音楽を聴いて汗を流すのもひとつの方法です

日本のラテン音楽をでは有名なカルロス菅野が
日本を代表するミュージシャンを集めて作られたバンド
熱帯JAZZ楽団 VIII~The Covers~
Vicj61191

とにかくにぎやかです
お祭り騒ぎのような音楽はパワフルそのもの
このアルバムではおなじみの曲を個性豊かにアレンジ
「あ。。これ聴いたことある」という曲ばかりですから
ついついノリノリになってしまいます

これさえあれば夏バテも吹っ飛ぶはず?・・・
・・・だと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

寝違い

最近でこそなくなりましたが
子供のころはよく寝違いになりました
首を回そうとしてもズキンとくる痛みが脳天まで走ります
泣くに泣けないなんともいえない痛みは今でも忘れられません

子供のころよくお世話になった鍼灸院で
ものの見事に治してもらい
子供心にすごいなぁと思ったものでした
そのころからこういう仕事に
憧れを持ったのはまちがいありません

なにせあれだけ苦しんでいたのに
わずか数十分で解放してもらえるなんて
まるで魔法のようでしたからね・・・

今ではその私が整体師という仕事について
毎日、魔法のように痛みを抱えた方をたちどころに解放してあげる・・・
そういうふうになったらいいなぁ~
・・・なんて考える今日この頃です(笑

ところで「寝違い」ですが・・・
私は「起き違い」と考えています
つまり寝ている間に首を痛めたのではなく
起きた瞬間に「寝違い」になってしまうからなんです

寝ている間ずっと上のほうを向いて寝ている方も少ないと思いますが
左右のどちらかに首を曲げて寝ていると
首の筋肉の一方は縮み反対の筋肉は伸びきった状態になります
それ自体は問題ないのですが
それが長時間に及ぶとたるみきった方の筋肉の中にある
筋紡錘という収縮の度合いを感知する感覚器が麻痺してきます
それでもゆっくりと元の位置に戻してやれば
問題はないのですが

目覚めた瞬間にパッと元に戻すと
縮みきっていた筋肉は突然引き伸ばされ
その筋肉の中の筋紡錘はパニック状態に陥ります

まぁ簡単に言うと・・・
気楽にたるみきっていた筋肉が急に引き伸ばされると
「ヤバイ!!引っ張られたら切れてしまう(汗)」
こう勘違いしてしまうわけです
パニック状態に陥った筋肉は
「イヤだ!!引っ張らないで!!」とばかりに
力をいれて抵抗をします
本来伸びて当然の位置まで伸ばそうとしただけなのに
頑なにそれを拒否します

そういうわけで首を元に戻そうとしても
その筋肉は縮んだままの状態で言うことを聞いてくれません
無理に引っ張ると痛みが走るわけです

もちろん普段あまり疲れていない状態だと
こんな勘違いも起こりにくいのですが
肩こりや首の周辺が凝っていたり
クーラーで冷やしすぎたときも
勘違いが起こりやすいのです
 
 
私が寝違いの方に施術するときは
勘違いしている筋紡錘に優しく状況を説明して
異常信号の発生をやめてもらうように説得します
それで筋紡錘が納得してくれたら
たいてい寝違いの状態をやめてくれるはずです

まあ。。魔法のようにはいきませんけど・・・(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/10

盆休み

「いつから盆休みですか?」
こう聞かれて初めてお盆は世間がお休みなんだと再認識しました
ここ数年お盆の間は休みのときしか来れない方が多いので
お休みを取っていませんでした

今年もあまり意識することなく当たり前のように予約を取っていました
気がついたらそれなりに予約も入っています

・・・というわけで
お盆期間中もいつもの通り営業します
現時点ではそこそこ空いておりますので(特に後半は)
よろしくお願いします

以上。。業務連絡でした

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/09

人も歩けば腰痛治る?

ウチに来院された多くの方には
必ずといっていいほど「歩いてくださいね」と言ってます

激しい腰痛で歩けない人は無理してもらったら困りますけど
施術がうまくいって痛みが和らいだ人には
ある程度の段階で歩き方のアドバイスをします

歩いたら必ず腰痛が治るかといえば
必ずしもそうとは限りません
でも歩くことによって慢性的な腰痛を軽くしたり
発症する回数を減らすことは可能だと思います
 
 
腰痛を訴える人の多くは足とお尻の筋肉がカチカチの状態になっています
これを「拘縮」と呼びます
主に大腿部と臀部(外寛骨筋)の筋肉が拘縮していると
腰痛の原因を作りやすいのです
大腿四頭筋(太ももの前側)や大腿二頭筋(後ろ側)
それと臀筋群は骨盤から大腿骨に付着しています
これらが拘縮すると骨盤を引っ張るような状態になり
骨盤の自由な動きを阻害してしまいます

こうなると我々がよく使う「骨盤がズレた」状態になり
股関節が吸収すべきショックを和らげる役目も果たさなくなったり
肋骨から骨盤(腸骨稜)に付着する腰方形筋と綱引き状態になり
腰方形筋が拘縮する場合もあります
骨格のアライメント(整列した状態)が崩れると
周辺筋肉にはストレスがかかり、さらなる緊張が発生します

要するに足とお尻が硬い状態だと腰痛が起こりやすいということなんですが
拘縮した筋肉を弛緩する方法として一般的なのがストレッチです
しかしストレッチといっても腰が痛い状態で
きついストレッチもできませんし
一箇所や二箇所の筋肉をストレッチしたとしても
腰痛になる程度だったら周辺筋肉のほとんどが
拘縮していますのであまり意味がありません
どちらかといえば軽めのストレッチで全体の筋肉を動かし
回数をこなしたほうが適しています

そこで「歩く」という動作なんですけど
歩くことにより周辺筋肉にはストレッチがかかります
しかも単なるストレッチにとどまらず
それぞれの筋肉を伸ばして、縮めてという繰り返しが行われます
当然「歩く」というからには
10歩や20歩でやめる人もいません
だいたい千歩以上は歩かれると思います
軽い動作でも回数を重ねることはリハビリにはうってつけです

それと一番重要なことですが
腰痛関連の筋肉としては腸腰筋を忘れてはいけません
私は「腸腰筋を制すれば腰痛を制する」とすら思っています

これも上記の理由と同じく歩くことにより
その拘縮を和らげることが可能です
 
 
間違っても腰痛緩和のための運動は
「リハビリ」であって「トレーニング」と異なります
きつい運動は必要ありません
だから歩く程度がちょうどいいわけです

目安としては連続で20分程度
あるいは痛みが出ない程度
歩き方のコツは、つま先をまっすぐ前に出し
いつもよりも10cm程度大股で歩く
スピードはゆっくりで結構です
負担をかけすぎて腰を痛めたら無意味です

私の知る限りではだいたい3ヶ月程度で
何らかの変化が出る方が多いようです
もちろんマシになったからといってやめてしまうと
元に戻るのだけは早いですからご注意を・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/08

腰痛をめぐる常識の嘘

スポーツトレーナでいらっしゃるニャロメさんのブログ
たぶん日刊トレーナーニュース
紹介されているのを見て面白そうな内容だなと思い
すぐAmazonで注文をしました

腰痛をめぐる常識の嘘(菊地 臣一)
Photo_69

腰痛もいくつかのパターンに分類され
私自身、どうしても固定的な思考に陥りがちです
しかし人の身体は何があって何が起こるかわかりません
閉塞した常識に固まってしまうと
大事なことを見誤ることもあるかもしれません

この本には従来の常識を否定するという立場ではなく
従来の常識に対する例外的な事象や違った見方を提示してくれています
あらためて読んでみるとこういう例外もあるのか・・・
という再認識をさせてくれます

どちらかというと一般の方向けの本ではありませんが
常に柔軟な視点で見るようにという警鐘なのかもしれません

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/07

狐狸狐狸話

うどんを食べるときなかにどんな具が入っているかで
食欲にも大きく影響されます
当然具材によってその呼び名も違うのですが
これが地方によって全然違うので
よその土地でうどんやソバを食べるときには面食らう
(「麺食らう」と掛けています←ここで笑わんと他で笑うとこないよ)
こともしばしばあります

「きつねうどん」は甘辛く煮付けたおあげが入っています
麺がソバにかわるとソバの色が黒いので「たぬきソバ」と呼ばれます
「たぬきうどん」という名称は大阪ではあまり用いられず
関東ではテンカス(揚げ玉)のうどんを「たぬきうどん」と呼ぶそうですが
大阪ではこれを「ハイカラうどん」などと呼びます
同じ関西でも京都では薄揚げの上から
あんかけを掛けたものを「たぬきうどん」と呼びます

ちなみに「きつねうどん」も大阪で年配の方は
「けつねうどん」もしくは「けつねうろん」
なんて呼ぶ人もいました
最近では地元大阪でも聞くことはなくなりましたねぇ
 
 
よその土地で注文したものと違うのが出てきても
きつねやたぬきが化かしたわけではありません
 
 
 
このブログ。。記念すべき3年目のスタートが
いきなりうどんの話とは。。先が思いやられるわ(´・ω・`)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/08/06

おかげさまで

今日8月6日でブログをはじめてちょうど2年になります
よく2年間もほとんど休みなしで投稿したなぁ~
心からあきれています(笑

もちろん立ち上げのころは身体についてのあれこれを
もっともらしく書いたものですが(笑
おかげさまでネタも尽きてきました_| ̄|○

それにもかかわらずこうして続けていられるのも
コメントを入れてお付き合いくださる皆様や
「ブログ見ましたよ」といって来院くださる方の
お声があってこその話です
 
 
きっとこれからもためになる話はほとんどありませんが
お付き合いくださいますようお願いいたします

                店主軽薄(爆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/05

愉快な仲間たち

昨夜は久しぶりに東洋オステオパシーの愉快な仲間たちとお食事会
ありがたいことに理事長から呼びかけに
私が修行していたころのインターンのメンバーが集まりました
あのころのメンバーはみんな仲がよく
しょっちゅう集まっては飲みに行きましたが
最近は皆それぞれ忙しく年に一度か二度しか集まる機会がなくなりました

それでも集まったメンバーは昔とかわりなく
うん。。良くも悪くもかわりなく(笑
集まるやいなや、昔のように大騒ぎ

ブログのネタにしようと目論みデジカメをもっていき
何枚か写真を撮りましたが
とてもじゃないですけどあのはしゃぎっぷりは
公開できるものではありませんのでやめておきます

ホントいい仲間たちです(´-`)
よく稽古もしました
もし彼らがいなかったら・・・
きっと私は。。最終電車で寝過ごすこともなかった
いや。。この仕事で大成功をおさめることもなかったでしょう←ウソ

理事長。。。

ゴチです \(^o^)/

またよろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/04

脳震盪

一昨日行われたボクシング・タイトルマッチでは
辛くも亀田興毅の判定勝ちに終わりました
判定に対するご批判もいろいろあるようですが
とりあえずはお疲れ様でした

私も家で中継を見ていて、ご存知1ラウンドのあのシーン
ランダエタの放った強烈な右フックでダウンを喫しました
「効いてるな・・・」思わずつぶやきました
なんとかゴングで救われましたが
あの時亀田選手の身体の中では何が起こっていたのか?
 
 
よく聞く症状ですが「脳震盪」が起きていたのかもしれません
脳震盪とは外部からの力により神経機能が損なわれ
運動・感覚障害を伴うものをいいます

脳はとても柔らかいもので直接外部の力が加わるとひとたまりもありません
内部で血管が損傷しただけでも脳は圧迫を受けるほどです
そんな柔らかい脳を硬膜・くも膜・軟膜という三層構造で保護し
しかもくも膜と軟膜の間には脳脊髄液と呼ばれる液体が流れ
脳は脳脊髄液の中で浮いた状態になっています
さらに一番上から硬い頭蓋骨がカバーしているわけです

だから頭を拳骨でゴツンといっても
なかなか脳にまでダメージは伝わりません

ところが厄介なのが回転を伴う脳への衝撃です
あのランダエタのパンチのように
横から顎に向かってクリーンヒットしたとき
頚椎を軸として脳は突然揺さぶられます
そのとき本当にダメージを受けるのは
殴られた顎ではなく、高速で回転させられた脳なんです
遠心力で予期せぬ方向へ動かされることにより
一時的にせよ障害が発生します

その後フットワークが悪くなったりするのも
脳が感覚・運動障害を起こしているからなんです
真面目にスポーツ・トレーニング!:応急処置などはこちらをご覧ください)

場合によっては命にかかわることや
重大な障害が発生するとこもありえます

観ている方は派手な打ち合いのほうが面白いに決まっていますが
やってるほうは命がけ・・・
これだけは知ってていただきたいものです

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/08/03

くすぐったい

私の仕事は身体を触らなければ始まりません
一番困るのは「くすぐったい」という状況です
何せ身体を触らないことには施術になりませんからね

「くすぐったい」。。大阪では「こそばい」「こちょばい」などといいますが
いったいどういうメカニズムでくすぐったさを感じるのか?
ネットで調べてみると意外に研究されている方も少ないようです
信憑性の高そうなものをまとめてみると
危険回避のための脳の予知能力みたいなものだそうです
しかも通常の感覚機能からくすぐったくなるのではなく
視覚による情報や、以前に得た情報からも
「くすぐったい」という反応がでるそうです

小さなお子さんに「くすぐるぞぉ~」と迫るだけで
くすぐったがり逃げてしまいます
確かに身体に触れる前から以前からの情報で反応してしまいます

当然、自分でくすぐったい部位を触っても何の反応もありません
(中には敏感な人もいますが・・・)
これは自分で触ることは危険性はないからなんでしょうね

他人に身体を触られること自体「攻撃を受けている」
と認識してしまうようです

詳しいことについてご存知の方は教えてくださいね
 
 
施術するときはできるだけポイントを間違わずに
ピシャリと当てて気持ちよさを優先させることによって
くすぐったいという感覚を起こさせないようにさせます

こういう私も以前は背中を触られると
くすぐったくって逃げ回っていました
ところが今ではどこを触られても気持ちよく感じてしまいます

子供のころは当然凝っている場所なんてありません
若くて元気な身体を触ってもくすぐったく感じるだけなんでしょう
それが気持ちよく感じるようになり
くすぐったさよりも気持ちよさが優先します

あるいは年を取ってきた証拠なのかもしれません(;´Д`A ```


Photo_68
(決してくすぐらないでください)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/08/02

うっかり

最近は版権の切れた映画が安く売られています
どちらかというと新しい作品を見てもあまり感動しません
どうもお金はいっぱいかかっているようですが
何かそれだけ。。という感じがしてあまり観る気にはなりません

そんな私にとって今の環境はうってつけ
なにせ安いDVDになると500円で売ってますからねぇ
昨日も買いたいものがあってスーパーに出かけると
名作が500円でズラリと勢ぞろいしていました

一度観てみたいと思ってたのがこれ・・・
Photo_58
「オペラ座の怪人」
ミュージカルでも演じられるこの作品は
映画でも何度もリメイクされている名作です
「500円ならば買わない手はない!!」
こう思って買って帰ったのですが・・・

午前中暇だったのでちょうどいい機会ということで
PCで再生してみると・・・
音が飛びまくり・・・(;´Д`A ```

あ。。DVDの調子が悪いので長いこと見てなかったんで
見事に忘れていました(_ _。)・・・シュン

幸せなことに我が家にはDVDのプレーヤーすらありません
エッ( ̄ ̄ ̄ ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄)ヘン

ついついDVDが再生できないことを忘れてしまい
衝動買いの恐ろしさを目の当たりにし・・・
しばらくお蔵入りと相成りました(トホホ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/08/01

空蝉

「心には、燃えて思へどうつせみの 
    人目を繁み妹に逢はぬかも」
(万葉集)

万葉の世界では空蝉というと「ぬけがら」転じて
「虚しいもの→現世」という見方をされていたようです
調べてみると「人」や「世」の枕詞として使われるそうです

今朝出勤途中、セミのぬけがらを見ました
確かにぬけがら自体は空虚な感じをうけますが
ただそれだけでは終わりません
殻から飛び出したセミはこの世の夏?を謳歌するように大合唱

「無常」というとネガティブなイメージを持ってしまいがちですが
悪い状態からいい状態に変わることも「無常」なのかもしれません

「痛み」という殻にくるまり土の中深く過ごしている方も
いずれは殻を抜け出し大空高く飛び回る日が来ることを信じています

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »