« 骨盤 | トップページ | もぐらたたき »

2006/07/04

医学用語

昨日は骨盤のお話をしましたが
いろいろ調べているうちに面白いことに出くわしました
「仙骨」という名称なんですが
仙人が住んでいるのでしょうか?
「頭蓋仙骨療法」という特殊な療法があるオステオパシーを学ぶ我々にとっては
まか不思議な部位である仙骨・・・
そこに仙人が住んでいてもなんとなく納得できそうな名称です

でも「仙骨」という名称のスタートはあの有名な杉田玄白だったそうです
学生時代に覚えたのは杉田玄白「解体新書」でしたよね
杉田玄白が「膠(にかわ)で固められた骨」ということで
「膠骨(せんこつ)」と名づけたのが始まりだったようです
それから200年以上たった今「仙骨」と字を変えてその名称を残しているようです
その変遷には私の知らないところで
なにか大人の事情があったに違いありません(笑

解体新書は次のような内容になっています

·巻の一
 総論、形態・名称、からだの要素、骨格・関節総論、骨格・関節各論
·巻の二
 頭、口、脳・神経、眼、耳、鼻、舌
·巻の三
 胸・隔膜、肺、心臓、動脈、静脈、門脈、腹、腸・胃、腸間膜・乳糜管、膵臓
·巻の四
 脾臓、肝臓・胆嚢、腎臓・膀胱、生殖器、妊娠、筋肉

ほとんど今の解剖生理学の目次と変わりません
1700年代につけられた名称を今も使っていたんですね

|

« 骨盤 | トップページ | もぐらたたき »

コメント

>ほとんど今の解剖生理学の目次と変わりません
1700年代につけられた名称を今も使っていたんですね

そうだったんですね。それって、杉田玄白がすごいって

事?慣習で、そのまま使ってきた医学界がすごいのかな(笑)

投稿: みさ♪ | 2006/07/04 10:35

一番好きなネーミングが「神経(かみのみち)」です
これだけセンスあふれる表現ができる杉田玄白ってすごい!!

もちろん全部の用語が杉田玄白によるものではありません

投稿: ひろ | 2006/07/04 10:50

ふむ。髪の経もあったら良かった。。。ごめん冗談です。
ひろさんとこ来たら賢くなります。^^)

投稿: teru | 2006/07/04 16:17

賢くなったかい?(ヨチヨチ

投稿: ひろ | 2006/07/04 16:48

こんばんわ!
仙骨という名称、面白いですね。
仙人が住んでいるのかと思っちゃいます(笑
骨盤って、お産すると、ゆがむって言いますね。
出産後、治してもらうといいんだとかって、随分
後で知ったので・・・。

投稿: うさうさ | 2006/07/04 21:26

出産時に恥骨結合(前下部)が離れて産道を広げます
出産後に元に戻るのですが
そのときにバランスが崩れるひともいるようです

何にもなければそれでいいのですが・・・
時にはそのときの影響で後から腰痛などが出るケースもあります

投稿: ひろ | 2006/07/05 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/10782289

この記事へのトラックバック一覧です: 医学用語:

« 骨盤 | トップページ | もぐらたたき »