« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

駐車場

最近の悩みの種が『駐車場』
腰痛館には駐車場がありません
今までどうしてきたかはさておいて・・・(笑
ご存知のとおり6月1日より道路交通法の改正に伴い
駐車違反に対する取締りが厳しくなるとのことです

ここ数ヶ月駐車場を探してきたのですが
近隣には月極めの駐車場がありません
少し離れたところでも満車状態ばかり・・・

情報網を駆使して探していただいたのですが
やっぱり思うようなところに駐車場の空きがありません

・・・で、諦めかけていたのですが
昨日100円パーキングがオープンしたという情報を聞きました
少し離れたところなので決して便利とはいえませんが
徒歩5分程度のところなら御の字かもしれません
はっきりいって場所的にもわかりにくいので
その駐車場を利用するときには
私もついていってご案内することになりそうです
パーキングから歩きながら症状などを聞くのも悪くないかもしれません


Photo_12

地下鉄谷町線が一番や!!\(^o^)/

関西ローカルのネタですな(´-`)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/30

太陽の恵み

3月にセイロンベンケイソウの成長過程をご紹介しました(過去ログ
00000013_6

あれから2ヶ月あまり・・・
季節も春から初夏に様変わりしました
雨続きの天候もようやく青空を見ることができるようになってきました
さすが熱帯の植物です
「これからが私の季節だ!!」
と言わんがばかりに格段の成長を見せてくれます
00000008

葉の大きさが違います
2~3倍はあろうかという葉が次々に生えてきます
暑い日になると葉の勢いも違います

人も天候・気候によって大きく左右されますが
植物もまた然り・・・
窓際から入ってくる日差しを受けて
大きく育ちます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/29

Vintage BOO’s Hawaiian Songs

この場ではっきりと申し上げておきますが
この私。。「カリマス整体師」です(キッパリ
間違えてはいけません!!「カリスマ」ではありません
「カリマス整体師」です

誤解しないでください・・・
「アイ○ル」や「武○士」で借りるわけではありません
資金繰りに困ってはいません
小遣いには困ってますけど・・・(´・ω・`)

私が借りるのはTSUTAYAです
例によって音楽CDを物色し続けています

今回は夏のネタ探しです
実は前から気になっていたアルバムを借りてきました
Vintage~BOO’s Hawaiian Songs
Photo_9

ご存知「ドリフターズ」高木ブーさんのアルバムです
ウクレレを持たせたら天下一品
テレビでお目にかかる高木ブーさんの印象はどこにもありません
本格派ハワイアンのアーティストです

決して本職のそれとはいえないご本人のボーカルも
のほほんとした感じで高木ブーさんらしいご愛嬌でしょう

Photo_10
『だめだ、こりゃ』

・・・じゃなくて

いいぞ。。こりゃ\(^o^)/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/28

評価

こんなニュースがありました
手術多いと「いい病院」? 厚労省が検討会発足へ

 手術件数が多いほど「いい病院」なのか――。病院ごとの年間手術件数と治療成績の相関関係を調べるため、厚生労働省が近く検討会を発足させる。同省は手術件数で医療の質を評価する仕組みづくりを目指しており、検証結果は08年度の診療報酬改定に生かす。
 厚労省は「手術数が多い病院の方が治療成績が良い」との海外文献を元に、02年度の診療報酬改定で手術の種類ごとに年間手術件数の基準を設定。基準を満たさない病院には、その手術に対する報酬を3割カットする仕組みを導入した。特定の病院に手術を集中させることで医療の質の向上を狙った。
 しかし、症状が重い患者ほど手術は難しくなることなどから、医師や病院関係者には件数と質を単純に結びつける方法に疑問を持つ人も多い。中央社会保険医療協議会(中医協)の専門部会も昨年12月、「ごく一部を除き、手術件数と治療成績が相関するとは言えない」との報告書をまとめた。これを受けて厚労省は今年度の改定で報酬カットの仕組みを撤廃したが、相関関係の調査は続けることにした。
 検討会では、治療成績を大きく左右する個別の患者の重症度も詳しく調べる方針で、国内ではこれまでにない本格的な調査となる見通し。

特定の病院に対し専門性の高い手術を
集中させるという趣旨はよくわかりますが
運用いかんによっては無駄な手術を増やして
診療報酬を維持させようとするところも出てくるでしょうね
制度により客観的な評価を出そうとするのは難しいようです

個々が良心に従い運用すればとてもいい制度になりうるのでしょうが
現状では病院も生き残りに必死です
「患者のための医療と利潤追求」という命題
奇麗事を言ってもつぶれたらそれまで・・・
厳しい現実の中でどちらに比重を置くか・・・

他人事ではないニュースです
ポリシーを貫くというのは並大抵ではありません
「よくなったから、もうこなくていいですよ」
こんなことをいい続けていた挙句に
ほとんど誰も来なくなって
収入がなくなった時期もありました(涙
それでもこうして続けてこられたのも
ポリシーを貫いたおかげかもしれません

このニュースでも「誰が悪い?」というだけではなく
「これからどうしたらいいのか?」を真剣に考えなければいけない時期なのかもしれません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/27

食パン

Photo_7
頂き物です

ご覧のとおりの食パンですけど
わざわざ車に乗って宝塚まで行かれたそうです
しかもこの食パンだけを買うために・・・
片道1時間半はかかったでしょうね

持ってみてもずっしりした重量感があります
これだけモチモチした食感は初めてです
もちろんいつも食べている食パンとは甘みも違います
食パンがこれだけ美味しいものとは知りませんでした

昨日はポテトサラダを使ってサンドウィッチにしました
辛子マヨネーズをかけて少し大人の味わいに・・・

そして今朝はピザトーストに・・・
焼いたときの香ばしさがなんともいえず
フンワリ柔らかい食感とは裏腹にしっかりした噛み応え
せめて皆さんのもとに香りだけでも伝わりませんでしょうか?
私は今モーレツに感動していますッ!Photo_8

パンネル

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/05/26

内臓体壁反射

近頃、お越しになる方の様子がおかしいようです
腰痛ならばいくつかの外科的なのパターンに分類されるのですが
触ってみても筋拘縮の場所が若干変わっているようです
背部痛や肩こりだってそうです
通常みられるケースとは違う痛み方や痛む場所を訴えられます

「内臓からきているかもしれませんね」
こんなことを言う場合が多いようです

東洋医学では「内臓体壁反射」という概念があります
内臓に異常がある場合、その異常を脳に知らせるため
末梢神経から中枢神経へとその情報を伝達し
最終的に脳に伝わり痛みや違和感という形で感じるようになります

神経は電気のコードと異なり合流したり分裂したりします
ちょうど混線するかのごとくその情報が体のいたるところに流れ
内臓の不調が体の他の部分に投影されることもあります

たとえば「足つぼマッサージ」などでも
「ここは胃のツボですね」なんていって
グイグイ押されるとなんともいえない痛みが走ることもありますね

簡単に説明すると「内臓体壁反射」とは
内臓の不調が他の部分に異変を引き起こすということです

ホントはもっと難しい話で多くの説もあるようですが
あまりにも深遠な話になるので私には説明ができませんので
この程度でご容赦を・・・

鍼灸などでいわれる「経絡」も「内臓体壁反射」と関連する概念かもしれません
オステオパシーでも体表に現れる「しこり」を刺激することにより
アプローチをかける技法があります


とりわけ例年に比べて天候が不順なようです
その影響でしょうか?
自律神経の乱れから体調を崩される方が多いようです
それゆえ内臓機能も影響を受け、一般的な痛みではなく
けだるさの伴う痛みも多いようです

例えば腸の機能が低下し、便秘や下痢を伴う腰痛
腎機能の低下から来る腰背部痛
(むくみがあることも多いようです)
などが何件かありました

中には病気の可能性が感じられて
病院に行っていただくようお願いしたこともありました

通常時の痛みとは原因も違うので慎重にならざるを得ません
必ずしもすぐによくなるというわけでもないので
何回も通っていただくケースもあります

毎年、季節の変わり目になると
こういった方が多くお見えになります

「病院に行っても異常なしといわれたのですが・・・」
こんな方でも意外に内臓の機能が低下していることが原因なのかもしれません

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/05/25

業務連絡

ここしばらくの間、当日の予約をお断りするケースが多いようです
腰痛館では考えあってスタッフも私一人だけでやっております
当然、一日で施術できる人数も限りがあります

体を触って感知するためにはそれなりに集中力も要します
お越しいただいたからにはできる限り
100%の力を発揮して施術をしたいと考えています
よりよいコンディションで仕事をするためにも
人数的に無理をするつもりはありません
営業上できるだけ多くの方に施術させていただいたほうがいいのでしょうが
施術の質を落とすことはしたくありません

というわけでしばらくの間
一日五人限定で施術させていただきます
ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/24

足元

この仕事、腕力はさほどいりません
上手にバランスをとり徐々に体重をかける
それがコツかもしれません

そういうわけで体重移動をうまくこなすためには
足元は重要なポイントです
これはスポーツでも同じことが言えます
それぞれの競技の動きに応じたシューズがあります
サッカーであればキックしても軸足がぶれないために
スパイクがついています
バスケットであれば左右の動きに対して滑らない靴底
衝撃に強いホールド性・・・

動きをサポートする意味でも靴は重要なアイテムです
私の場合いろいろ試してみたのですが
地下足袋を履いています
とは言っても先の割れた地下足袋ではなく
スニーカー感覚の地下足袋です

ところがボロボロになってきたので
新しいのを買おうと店に行ったら置いてなかったんです
仕方なくデッキシューズを買って履いてみると
どうも違和感があります
踏ん張ってもしっくりこないし
生地が硬いので動きづらい・・・

一週間ほど履いてみると爪の先が紫色になり痛みだしました
洗って干しておいた古い地下足袋を再び履いています

さあ。。またあちこち走り回って探さないと・・・
こう思ってみてもこんなときに限ってどこにも売っていないものです
もちろん地下足袋は売ってはいるのですが
何でもいいというのではありません
しっくりくるものでなければ後から気になってしまいます

あきらめかけていたある日
ある靴屋で「アクア・シューズ」を見かけました
「お!?いいかもしれない・・・」
そう思って試しに履いてみると
足にピッタリフィット
迷わず買ったのがこれ・・・
00000002

メッシュ仕立てで通気性もよさそう
足底のグリップも申し分なし・・・

これからが楽しみです(´-`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/23

ようやく

今年の五月はGW期間中だけいいお天気でした
でもそれ以降、雨模様が続きました
例年であればGWの前後に真夏の陽気に近い日があり
クーラーのお世話になるときがあります
もちろん一日中クーラーを使うわけではありませんが
ほんの数時間だけでも入れるのが毎年のことです

ところが今年に限っては暑い日でも
窓を開ければ十分事足ります
5月の後半になってもクーラーを使わないというのは
開院以来初めてのことです

気象庁も5月は日照不足と発表しました
作物への影響もあるそうです
また野菜の値段が上がるかもしれませんね(´・ω・`)

でも昨日、とうとう室温も28度を超え、風もあまりなく
我慢しきれなくなってクーラーをはじめて使いました
ウチでは「冷房」は使いません
あくまでも「除湿」のみで真夏も対応しています
うっかりすると冷えすぎるからです

でも一夜明けた今朝も曇り空・・・
さほど気温も上がらないそうです
できればあまりクーラーのお世話にはなりたくないのですが
このままでは。。気になります

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/22

マレットフィンガー

かみおか先生のブログで「マレットフィンガー」についての記事が連載されています
それに便乗して私も同じネタで・・・

マレットフィンガーとは突き指の際に
指先から数えて第一番目の関節を無理に反らせて骨折するタイプと
無理に曲げられて腱が断裂するタイプがあります
いずれの場合も一番目の関節(DIP関節)
が曲ったままで伸ばす事が出来なくなります

たんなる「突き指」と思ってそのまま放置しておくと
こんな具合になります
         ↓
00000006
私の右手中指です(;´Д`A ```

思い起こせば高校2年の秋・・・
忘れもしません11月14日でした
学校で野球をしていてセンターを守っていた私は
左中間を抜きそうな大きな当たりを追いかけました
俊足だけが売り物だった(当時)私は
ギリギリで追いつきかけたのですが
グラブをはめている左手では逆シングルで取れないと判断して
とっさにグラブをはめていない右手を差し出しました
「パチッ!!」という音ともにファインプレーを決めました
ところがパチッという音はボールをキャッチした音ではなく
中指の腱が切れた音だったのです(;´Д`A ```

突き指だと思って放置しておいたら
半年たっても治りません
ようやく整形外科にいったのですが時すでに遅し・・・
「今頃こられても・・・」
苦笑いされた先生の顔が印象的でした

実はケガをした後、先生に呼び出され
祖父が亡くなったとの知らせを受け
痛いどころの騒ぎではなく、学校を後にしました

下駄の鼻緒が切れたら、悪いことがおきる前兆なんていいますが
私の場合、指の腱が切れたことが
祖父が亡くなる知らせだったのかもしれません
それとも「遊んでばかりいないで、勉強しろよ」という
祖父の最後のメッセージだったんでしょうか?

今でもこの曲がった指を見るたびに
その日のことを鮮明に思い出します

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/21

気がつきゃ10万

アクセスカウンターを見てみると
99,000を超えてしまいました
あとわずかで10万アクセスとなります
思い起こせば2年前の8月・・・
思い立ってこのブログをはじめましたが
ここ数ヶ月では一日平均で200件のアクセスを数えるようになりました

これもひとえに 私のおかげ 皆様のおかげでございます

さて。。10万人目はどなたなんでしょう?
なんにもあげませんけど・・・(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/20

えら

新鮮なお魚って美味しいですよね
どちらかというと肉よりも魚のほうが好きです
今はもう釣りに行くこともありませんが
自分で釣った魚をさばいて料理できたらいいでしょうね

でも。。もし・・・
さばいている魚が目に涙をためて「イヤイヤ」と
首を振ったらつらいでしょうね
きっと包丁を後ろに隠してしまうことでしょう

しかし、その心配はありません
魚には首を振る筋肉がないからです

我々の体には胸鎖乳突筋という筋肉があります
Photo_6

この筋肉は首を回旋するときに使いますが
魚にはこの筋肉がありません
それゆえに魚は「イヤイヤ」ができないようです

でも魚にはこの筋肉が違う形で残っています
それは何かというと「えら」なんです
というよりも・・・
昔々、大昔・・・我々の先祖が海で泳いでいたころ
要は魚だったころえらがありました
それが進化を遂げ陸に上がり生活しているうちに
「えら」の必要性がなくなりました
で、「えら」としての機能が退化して
さらに別の機能への転用がされたわけです

それがこの筋肉。。胸鎖乳突筋だったわけです
気の遠くなるような長い年月をかけて変わっていったようです

もし魚がまな板の上で「イヤイヤ」をしたら・・・
そっと海に返してあげてください(;´Д`A ```

こうしてまたひとつ新しいトリビアが生まれた・・・

参考:『副交感神経の走行の特徴と頭頚部の形態形成との関係について』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/19

飛び道具

自慢のCDコレクションも200枚をゆうに超えました
MDやカセットを入れるとかなりの数になります
たまに「見せてもらっていいですか?」ということで
ご覧になられる方もいます
Cd

「へぇ~こんなのもあるんですね」なんていいながら
いろいろなジャンルのCDをご覧になられて感心されます
ところが・・・
必ずあるところで「えっ!?」といわれて
大爆笑されるのがあります

それがこのアルバムです
Photo_5
ベスト!モーニング娘。1

モーニング娘。のファンの方・・・
決してモーニング娘。が悪いっていうんじゃありません
私がこれをもっているということが笑いの対象になるんです

はっきりいってカラオケ用のネタなんです
数年前、飛ぶ鳥を落とす勢いだったモーニング娘。
それをこの私が見逃すはずがありません

いわば私の飛び道具だったわけで・・・
イェィ イェィ イェィ イェィ~~♪
懐かしいねぇ~(´-`)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/05/18

好きです。。こういうの・・・

プロ野球の話題から・・・
5月7日の広島対中日戦で
ブラウン監督が判定を不服として審判に抗議した際に
一塁ベースを投げて退場になった事件がありました
Photo_2

その事件をギャグにして広島カープがTシャツを作ったそうです

Photo_3
「ウチの監督はベースを投げるぞ!!」

いいですね。。こういうギャグ・・・
ワルノリでブラウン監督のTシャツには
「“オレ”はベースを投げるぞ」との文字
前には「危険」と漢字で書かれてあります
Photo_4

さらには退場後に監督代行を務めた
リブジー打撃コーチの表には「監督代行(漢字)」、
背には「彼はまた、やっちゃったよ」とプリントされていたそうです

いいですよね。。こういう洒落って・・・
事件を逆手にして笑いにする茶目っ気
こんな気持ちがギスギスした心に余裕を与えてくれるのかもしれません

「ふざけるなヽ(`Д´)ノ」なんて野暮なことは言いますまい
硬いこと言わないで楽しむ・・・
そういうショーマンシップを大切にしてたら
サッカーに押されがちなプロ野球も
まだまだ捨てたものではありません

勝つことも大切ですが
スポーツはやはり楽しまないと・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/17

骨粗鬆症

そういえばここ数週間忙しくて調べものすらできませんでした
肝心の「心と身体」のお話がずいぶんご無沙汰になっていました(汗

久しぶりにまじめなお話です
今日は骨粗鬆症についてです

いまさら言うまでもなく、骨粗鬆症とは骨量が減り骨が弱くなる病気です
段々年をとっていくと骨量が気になります
骨粗鬆症で怖いのは骨折です
とりわけ大腿骨骨折が多いそうですが
私の祖母も88歳のとき朝起きようとしたら
大腿骨を骨折してそのまま寝たきりになりました

他にも椎骨(背骨)が圧迫されてつぶれていく
圧迫骨折も怖い症状です
当然、この場合には背中や腰が痛くなり
背骨も曲がってきます

もちろん整体で対処できる症状ではありません

数十年前から骨粗鬆症にならないために
カルシウムを取らなければいけないといわれていましたが
カルシウムだけではいけません
ビタミンDやその他のミネラルもバランスよく摂取しないといけないそうです

これだけでは足りません
材料だけそろえても骨を作る工場が稼動していないとお話になりません
身体の中には骨の新陳代謝をするために
骨を作る「骨芽細胞」と骨を壊す「破骨細胞」があり
これらがバランスよく働いて適正な骨の新陳代謝がなされます
そして造骨機能には「運動」という刺激を必要とします
要するにいくら骨になる材料を仕入れても
運動という刺激がないと骨を作る工場が仕事をしないということです
骨を作るためにも適正な運動が必要なのです


というわけで・・・
皆さんは「骨粗鬆症」という言葉に敏感になられるわけですが
ひとつだけ困ったことがあります
それは、なんでもかんでも「骨のせいにされる」ということです
確かに世間には骨粗鬆症の情報があふれています
それゆえに腰に痛みが走ると
「私、骨粗鬆症だから・・・」
こんな具合で諦めてしまう方もお見受けします
「カルシウムの錠剤飲んでるんですけど・・・」
「牛乳は毎日飲んでいるんですけど・・・」

骨粗鬆症で背中や腰に痛みが走ることはあります
(基本的には骨折や変形から来る痛みです)
でもすべての痛みが骨粗鬆症からくるわけではありません
情報が独り歩きして間違った判断をされて
間違った対処法をとられている方もおられるようです

これではいくらたっても治りません
できれば専門家の判断を仰いで
適正な対処法を見つけ出していただきたいものです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/16

変身

実はこう見えて・・・(どう見えてるかわかりませんが)
私、昔から細身です
学生時代はウェート・トレーニングで
90kgのバーベルを持ち上げたりしてたんですが
それにもかかわらず、腕も細いし、胸板も細いままでした
こういう体質の人は筋トレをしても
なかなかマッチョな身体にはなりません

ところがこの年になって今の仕事をやりだしてから
胸板が厚くなってきました
大胸筋をよく使うんでしょうね
鏡を見ても肋骨が浮き上がっていたのですが
ようやく肋骨も見えなくなり
いい感じの身体になってきました\(^▽^)/

この仕事は肉体労働ではありますが
力ずくではできません
むしろ体重移動を利用してバランスをとり
より少ない力で効率的な動きをしないといけません
オステオパシーは力の弱い女性でもできるという所以でもあります

でも何年もやっていると胸の筋肉だけはついてきました
反対に意外と腕の筋肉はさほど使わないかして
ポパイのような二の腕とは程遠いようです

でも学生時代よりもいい感じの胸になってきて
着替えるときに鏡を見ても少し嬉しくなってしまいます

ただし。。その下を見るまでは・・・(x_x;)

全部ビールが悪いんやぁぁぁ~ヽ(`Д´)ノ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/15

フラッシュ・バック

昔々のお話です・・・

どうしても整体の仕事がしたくなって
すったもんだの末に会社を辞め、整体の学校に入りました
私も必死です・・・
なにしろ30代後半に会社を辞め、違う職業に転職するのだから
失敗は許されません

自分で言うのもアレですけど
人一倍一生懸命にやりましたよ・・・(トオイメ
一言一句聞き漏らすまいと授業も集中して聞いていました

何ヶ月かたったある日
いつものように授業を聞いていました
そのとき突然私の頭の中には会社勤めの頃の習慣がよぎりました
私の脳裏をよぎったのは
「あ!!何をしてるねん!!」
「月曜日は会議の日じゃないか!?」
同時に激しい動悸に襲われました
はっきりいってそのとき私は心臓バクバク状態でした

会社にいた頃、毎週月曜日は早朝会議で
月予算に対する進捗状況や今後の営業計画などを決める会議で
社長をはじめ取締役、役職者が全員出席する
どの会議よりも緊張感の高い会議でした

当然その中では一番下っ端の私は
毎回、身を小さくして出席していました
その会議に欠席するということは
身の破滅を意味するわけで・・・

しばらく時間を置いて・・・
「あ。。もう会社辞めたんだ・・・」
それを思い出してようやくホッとしました
うっすらわきの下に冷や汗などかいていましたが・・・

こんなことってあるんですねぇ
突然よみがえった会社員の習慣・・・
辞めたはずでも身体の中に刻み込まれていたんですね
フラッシュバックは突然やってきます


その日の私は珍しく集中力に欠け
話も聞くや聞かずで家路に着きました
今だから話せるいや~~な思い出です

そういえば。。今日は月曜日・・・
今頃やってるんでしょうね
ご苦労様ですm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/14

ハワイアン

段々と暑くなってきました
こうなると30℃を超える日が来るのももうすぐです

特に蒸し暑い季節になると耳障りのいい音楽にすがるしかありません
A World of Music Hawaii
100 101

降り注ぐ日差し、爽やかな風・・・
これなら少々熱くても我慢できます

ウクレレとスチールギターの音色が
湿度を下げてくれそうです

ああ。。いってみたいな・・・ハワイ
まだ見ぬ地に心を馳せて
額に汗して働きます

。。って今朝もまだ涼しいがな(´・ω・`)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006/05/13

三日坊主

ネットで面白い記事を見つけました
どうしてブログは三日坊主になる?

一念発起して立ち上げたブログなのに
三日坊主で終わる人も少なくありません
私もこの8月でブログを立ち上げてまる2年になりますが
なんとか三日坊主にならずに続いています

ここでは三日坊主にならないためのコツが紹介されています

●生活の中に“ブログを書くこと”を組み込む
私もここまでやれば「なんとか書かないと・・・」
こんな強迫観念すらある今日この頃です(汗
記事をアップしないと落ち着かないようにすらなっています
これも見てくださる方がいるから
私にも張り合いが出てきます
初めて来られた方からも
「ブログを読ませてもらいました」
こういっていただけると嬉しくなります

●ブログのテーマを“ネタ帳”に書きためる
実はこれが私にとって重要なテーマです
ネタになりそうなことがあると
ある程度ワードに書き留めておきます
場合によっては一週間分くらいネタをストックしていることもあります
特に「心と身体」については調べて書かないといけないことも多いので
前もってネタを書き留めて
後から間違いがないかどうか確認する作業も必要です

●身近なことで“しっくり”くるテーマにする
仕事のこともそうですし
普段私が感じたことを記事にする場合もあります
私の大好きな音楽をご紹介することもあります
できるだけわかりやすい内容で
自分の伝えたいことをそのまま表現できたら
一番いいのかもしれません

どこまで書き続けることができるかわかりませんが
お付き合いいただければ幸いです

あ。。明日のネタを考えないと・・・(汗

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/12

検索ワード

久しぶりにアクセス解析を見てみると
いろんな検索ワードで来られているようです
ここ3ヶ月のベストテンを見てみると
1.肉離れ
2.肩甲骨
3.北枕
4.指先のしびれ
5.ためしてガッテンぎっくり腰
6.腰痛館
7.内転筋
8.ぎっくり腰
9.整体
10.腰痛

過去にはいいことも書いていたんですね(´-`)
真偽のほうは定かではありませんが・・・(オイオイ

なるほどな。。と思うのは・・・
ドビュッシー
ゴンザレス三上
ブラインド・レモン・ジェファーソン
エディット・ピアフ
高嶋ちさ子
鈴木重子
モーツァルト
宮本リョージ(知り合いのドラマーです)
内田貫太郎
門馬綾子(ウチの常連さんのボーカリスト)

いずれもすばらしいアーティストばかりです
音楽好きの私らしい検索ワードです

でも一番笑った検索ワードは・・・
コングBA
この検索ワードで二人も迷い込んでこられました(笑
やはりあなたは天下無敵ですな・・・(´-`)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/11

しずく

昨日から今日にかけて天気予報通りの雨
暑さも一昨日よりましでしたが蒸し暑くなりました
窓を開けてもあまり風が入りません
00000004_13

ナンテンの葉の上に残る雨のしずくが
唯一涼しさを感じさせてくれます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/10

整体師、整体に行く

GWはかなりハードな日々が続きました
肉体労働者の私は体力の限界に近づいてきました
いつもならばかみおか先生のところへ行って
「もう死ぬぅ~~」と叫びながら
ベッドに横たわるところですが
あいにくGW中はお休み・・・(イイワネ

そんなわけで4月にオープンした駅前の中国整体に出かけました
前から中国整体には興味があり
一度受けてみたいと思っていたのですが
ちょうどいい機会ということで
仕事を終えて中に入ってみました

行く前はたぶん初心者が開業されたんだろうなと思っていたのですが
実際受けてみると手つきも鮮やか
体重移動も申し分なし・・・
明らかにそこそこ修行をつまれた方とお見受けしました

私が言うのもアレですけど・・・
初心者で経験不足・知識不足・技量不足の方に当たると
段々嫌気がさしてきて施術途中で帰ったこともありました
場合によってはかえって悪くなることもありますから・・・

お話をしていて私も同業者であることを明かしました
スパイみたいに思われてもイヤですもんね
中国人の院長先生も心安くお話していただき
「いろいろ教えてくださいね」といわれてしまいました

施術が終わったあと
中国の民間療法で伝わる
「吸い玉」をやっていただきました

Photo_1

終わってみると私の背中に異変が起きています
「吸い玉」をやったところは赤くなるのですが
私の弱点である右の腰の部分だけが黒ずんだ赤色をしています
なんでも悪いところは黒い色になるそうなんです

私たち整体師もいろいろな団体がありますが
どうも自己保身のためか他の民間療法を批判する傾向があります
でも違う手技療法でも参考になることはいくらでもあるはずです
そこの院長先生も同じようなことをおっしゃっていました

帰り際に・・・
「マッサージじゃなしに今度は遊びに来てください」
こういわれました

また新しいお仲間が増えそうです\(^o^)/

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/05/09

あのころ君は若かった

先日出勤してみると私の机の上に一枚の写真が置かれていました
たぶんどこかで私の母親が見つけて置いてくれたのでしょう
その写真というのが私が24~5歳ごろの証明写真でした
「紅顔の美少年」というわけではありませんが
ずいぶんとその当時を思い出します

まず髪型が懐かしい・・・
明らかにジャニーズ系を意識したロン毛にパーマ
まるで「たのきんトリオ」を思い出させます(笑
Tanokin

しかも初めて使用したコンタクト・・・
ネクタイはその当時流行ったニットタイ

ああ。。昭和は遠くなりにけり・・・
いまでは「厚顔無恥の中年」をキャッチフレーズに
爽やかさのかけらすらない笑顔で皆さんをお迎えしています(笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/08

SAMMO

先日もんちさんのライブに出かけたお話をしました

お店に入ってテーブルに着いたとき
流れていたBGMに耳を奪われました
ジャンゴ・ラインハルトの「Minor Swing」という曲なんですが
ジプシー・スウィングでも代表的な曲のひとつです

ところが同じ曲でも雰囲気が少し違いました
「Minor Swing」はジプシー・スィングといって
ジプシー音楽特有の郷愁や情熱がほとばしるような
演奏をされる方が多いようですが
BGMで流れていた「Minor Swing」は軽快で爽やかな感じすら受けました
都会的なセンスで、「甘~~~い」ムードが漂います
私の友人にギタリストがいるのですが
どことなく芸風?が彼に似ているような印象を受けました

そうなると気になってじっとしてはおられません
ビールを注文するより先に
「このCDは誰のですか?」とたずねて
CDを見せてもらいました
クリアウォーター・ホットクラブの「SAMMO」というアルバムでした
Sammo

翌日、検索してすぐさま注文しました
じっくりと聴いてみるとこれがまたいい!!
いつも聴いているジプシー・スィングとはやっぱり違う
サラッとした演奏が特徴的でした
本来フランスで生まれた音楽ですが
アメリカ人らしく西海岸の匂いが漂います
(行ったことないのでどんな匂いか知りませんが)

しばらくの間お越しいただいた方には
無理やり聴いていただくことになりますが
私が気持ちよく仕事するためにも
なにとぞご協力お願いいたします(笑

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/07

申し訳ございません

GW中は大勢の方にお越しいただきました
はい。。今日もそうです

せっかくご連絡いただいたのにお断りした皆様方
まことに申し訳ございませんでした

なにせひとりで細々とやっている整体院なので
一日に限られた人数しか施術できません
この場をお借りしてお詫び申し上げます

当分休む予定はありません
週明けからは少し落ち着いてくると思います
機会がございましたらまたご利用くださいませ
Dogeza

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/05/06

あ、忙しィ忙しィ

GWもあとわずか・・・
今年のGWはいいお天気で行楽日和が続きましたね
この私はといいますと、いつものように仕事です
おかげさまで例年よりも忙しくて
ネタをくる時間がありません(´・ω・`)

・・・というわけで
本日はこのへんでm(_ _)m
Tani
ところで「谷しげる」って知ってます?(笑

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/05

今も変わらぬ

GWで家内たちは実家へ帰省
残った私はいつものように仕事
こういうときには食事に困ります
・・・というよりも自分の好きなものが食べられるので
ホントは嬉しい(^O^)

いつも好んで出かけるラーメン屋さんがあります
学生時代にバイト先の近くにあったラーメン屋さんなんですが
それこそ毎日のように食べに行きました
ところが学校を卒業する前後に移転するという話を小耳に挟んだのですが
なかなか行けないうちにそのお店はなくなっていました

それからというものは暇があればそのラーメン屋さんを探しましたが
でもどこに行っても見つからなくて諦めていました

それから20年近く過ぎたある日
仕事中にウチの常連さんとそのラーメン屋さんの話になりました
その方も地元の方なので覚えておられました
「懐かしいですねぇ~あの店どうしたんでしょうね・・・」
というと
「何言ってるんですか?名前変わってやってますがな・・・」
聞いてみると我が家のすぐ近くに昔からあるラーメン屋だったんです
「灯台もと暗し」とはこのことです

私は仕事を終えるや否やその店に向かいました
「いつもの」味噌ラーメンを食べると
「ああ。。これや!これ・・・」
昔と変わらぬこの味に・・・
といいたいところですが少しスープの味が変わっていました
でも基本的には同じ味だったので
お店の人に昔の話をして確認してみると
「それはおじいちゃんがやっていたころですね」といわれました
20年の歳月を経てお孫さんがやってらっしゃったんですね・・・
考えてみれば当時50代ぐらいのご主人だったので
当然のことかもしれません

スープの味も試行錯誤されて少しずつ変わっているようですが
やはり「マイ・ベスト・ラーメン」には変わりありません

昨日初めて食べた「ねぎ味噌ラーメン」は
とんこつベースにいりこダシが基本のようですが(私の推測です)
たっぷり入った長ネギにお好みで入れる「ニラ味噌」(キムチ味)
をたっぷり入れて食べれば
麺類にうるさい私も思わず顔がほころんでしまいます

ああ。。ええわぁ~(´▽`)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/05/04

私は誰?

5月に入り玄関口に置かれている花も変わりました
00000003_14
青々とした葉を天に向かって力強く伸ばします
00000002_15
ホワイトアスパラのような花だって咲いています

さて。。問題です・・・
この植物はいったいなんという名前なんでしょうか?

私。。知らないんです(汗
とりあえず細かいことを気にするのはやめましょう(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/03

Jazz On Top

先週の木曜日にもんちさんのライブに出かけました
浅草ジャズコンテストで金賞を受賞されての凱旋ライブ?です
梅田にあるJazz on Topというお店に初めて足を運びました
もちろんライブを楽しんだわけなんですが
今回は他にもいろいろな出会いがありました

其の一
初めてお店に入って席に着いたら耳慣れた曲が流れていました
よく聴いてみると、ジプシー・スウィングの生みの親とでも言うべき
ジャンゴ・ラインハルトの名曲「Minor Swing」が流れていました
でも聴いてみるとちょっと感じが違うので
お店の人にそのCDを持ってきてもらうと
サム・ミルティッチ&クリアウォーター・ホットクラブ」というグループの演奏だったんです
これはええわ・・・とばかりに
早速メモして、翌日探し、注文をしました
また感想は後日ご紹介します

其の二
いつもライブでご一緒するお友達と合流したのですが
その中にもんちさんの英会話の先生(アメリカ人)がおられました
とにかくこちらは片言の英語であちらは片言の日本語・・・(汗
わけのわからないままに盛り上がり
せっかくなので私はジャック(先生)に最新の日本語を教えて差し上げました
「チョ~ムカツクゥ~」「カ・ワ・イ・イィ~~」
もちろん身振り手振りもふまえてです(笑
しまいには「ヘンナ ニホンゴ オシエナイデ クダサ~~イ」といわれてしまいました(爆
さらに盛り上がり・・・
「Oh my brother~~」といって互いに握手を交わしました
うむ。。異文化コミュニケーションやね(´-`)

其の三
やっぱりなんといっても演奏が始まると盛り上がります
今回のメンバーは今まで聞いたなかで最強メンバーだったと感じました
ドキドキするようなリズムのベースの荒玉哲郎さん
どこでどんなテクニックが飛び出すかわからないドラムの竹田達彦さん
繊細で研ぎ澄まされたピアノの生田さち子さん
それぞれのプレイヤーが個性豊かな演奏を披露してくれました

きれいな熱帯魚もサンゴ礁の美しい海で泳いでこそ
その美しさもひときわ映えるといった感じがしました

で・・・
生田さち子さんなんですが
4月6日に彼女が参加しているCDが発売だそうです
このCDは中村尚美さんというベーシストとの競作なんですが・・・

先日ライブを見るために「じゃんご」というお好み焼き屋へ出かけました
満員のため、たまたま若いきれいな女性と合席になりました
ライブも最高潮に達したとき
隣で焼きそばを食べていたその女性が
外から大きなウッドベースを担いできました
私もお手伝いしようと下の方を担ぎました
すると「足を出してもらえませんか?」と言われ
「へ?右足?左足??」などとボケたことをほざいていると
「あの。。。ベースの足を調節したいんですが・・・」
と教えていただき、何とか店内にウッドベースを運び込みました
するとその彼女は悠然とベースを弾きだすではありませんか・・・
唖然としてその姿を見ていると
名うてのギタリストたちに負けない
迫力のある演奏にまたしてもビックリ仰天!

そう。。彼女が中村尚美さんだったのです
なんという偶然・・・

しかも彼女は以前ここで紹介したCafe Manoucheのメンバーだったから
これまたビックリ(@@;

とりとめもない話の展開になりましたが
いろいろな意味で楽しめた一夜でした

ちなみに・・・
帰りに終電に乗り遅れた私は長居駅(御堂筋線)から
1時間ほど歩いて帰りましたとさ
青い月を探しながら・・・

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/05/02

窓を開ければ

昨日は初夏らしい陽気でした
先週の中ごろまで暖房を入れていたのがうそのようです

暖房をつけなくなって3日目
とうとう室温は25度を超えました
こうなればさすがに暑い・・・
窓を開けてみると心地よい風が肌に触れます

もう少しで冷房のお世話になるのでしょう
せめてほんのわずかな期間だけでも自然の心地よい風を楽しみます

BGMもウクレレに変えてみました

半年振りに窓を開けて仕事をしてみると
心も体も軽くなります

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/01

治ろうとする力

「私には治す力はありませんよ」
「自分で治そうとしないと治りませんよ」
これが私の口癖です

これはダメかもしれないな・・・
こんな風に感じるご年配の方でも
その人の「治ろうとする意識」の強さが
私の予想をはるかに上回る快復を見せることもあります
もちろん意識だけではダメです
それなりに必要な努力をしての話になります

逆に、この程度だったらすぐによくなるだろうと思っている人でも
全然よくなる兆候が見えてこない人もいます
「どこへ行ってもダメだったから仕方がない」
「どうせ治らないだろうから・・・」
あきらめていては治るものも治りません

そこで冒頭に書いたセリフになります

人には治ろうとする力があります
我々はこれを「自然治癒能力」といいます
施術というのは刺激を与えることにより
「自然治癒能力」を活発にすることにその目的があります

努力といっても闇雲にやればいいというのではありません
その状態によってすべきこともことなります

年齢が若ければ若いほど「治る力」が強いのは当たり前のことです
しかし毎日仕事をしていると
必ずしも「若さ」だけがすべてではないことを思い知ります
たとえご年配の方でも「治ろうとする意識」が強い方が
若い方をしのぐ勢いで快復されていく姿を見ることもあります
「意識」というよりも「気迫」みたいなのを感じる方もいます

人間の意識の力を思い知らされます
ガンバレ、ガンバレ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »