« Humpty Dumpty | トップページ | 荒川静香に思う »

2006/03/04

説明

意外に厄介なのが症状の説明です
痛みのある本人は自分の身体がどうなっているのか
知りたいというのが当たり前です

施術中にも気づいたことは説明するようにしているのですが
具体的に筋肉や骨の名前を言っても
ほとんどわからないはずです
専門家でない限り
わからないという前提で説明しないと
いくらこちらが必死で説明しても無意味なことです
専門用語を使って説明しても独りよがりにしか過ぎません
できるだけわかりやすい説明をしてあげないと
納得できないはずです

どこが悪いのかもわからず
どんな施術をされたかわからないのでは
???でお帰りになるでしょう

・・・で、いつもお世話になるのがこれです
00000004_1000000005_1000000003_11

「骨格筋」「骨格」「末梢神経系」
これらの図を使って説明すると
多少はご理解いただけると思います

「なるほど!!」
得心していただくと
私も少しはホッとします

|

« Humpty Dumpty | トップページ | 荒川静香に思う »

コメント

ひろさんに施術される患者さん、お幸せですね!
私も理容学校での保健の授業で初めて知った筋肉の数々に驚きましたから!
これからは「あー、上腕二頭筋がいたいわぁ~」や、「大胸筋が痛いなぁ」とか言います。
こうやれば筋肉の名称が覚えられるかも。

投稿: コングBA | 2006/03/04 08:26

あまり具体的に筋肉の名称をあげて「痛いわぁ」というと
変な人だと思われますよ(笑

あまり笑いすぎて「笑筋」が痛いわぁ~(笑

投稿: ひろ | 2006/03/04 08:42

理科で習ったような・・・(・・?

今やほとんど忘れてます(^^ゞ

私は親父の遺伝なのか、肩を揉まれると痛い人です。
凝ってるから痛いと言う人と凝ってないから痛いと言う人がいて、千差万別ですね?

投稿: 390X | 2006/03/04 09:54

学校の理科ではこんなことはやらんでしょう(笑

肩を揉まれて痛いをいうのは極めて正常な反応です
それだけ身体が若いという証拠です
でも年を取るとだんだんと
「ああ。。極楽、極楽」に変わっていきます(笑

投稿: ひろ | 2006/03/04 10:32

がーーーーーん。。極楽組です。。とろけます。。
身もだえします。ため息吐息です。。ガーン。

何とかしてください(泣)

「骨格筋」「骨格」「末梢神経系」どの絵もキュートですね。後姿が素敵です♡

投稿: teru | 2006/03/05 00:43

幼稚園児に肩を揉んだら大抵、痛い、くすぐったいって言いますよね
彼らの反応は凝っていないからこその反応なんです
それだけ筋肉がみずみずしいということなんでしょう

私も以前は身体を触られるとくすぐったくてイヤでした
それが今ではどこを触られても「ええあんばいや~」(笑


この写真ではわかりませんが立体で浮き上がっています
特にヒップラインの美しさはなんともいえません(爆

投稿: ひろ | 2006/03/05 07:55

ますますよろしい・・・。惚れてしまいそうです。

投稿: teru | 2006/03/06 03:36

よろしければご紹介いたします

マッチョな「骨格筋」
スリムな「骨格」
はんなりした「抹消神経系」

いずれも理想的な肉体です(骨格には肉はついていません)
ただし性別不明(爆

投稿: ひろ | 2006/03/06 07:50

ちっ・・・。男子ではないのですか?
どきどきして損したわ<`~´>
な~~んて 冗談ですよぉ。(#^.^#)←いまさらに可愛子ぶるぶる。。

投稿: teru | 2006/03/06 14:02

いまこの人たちの釣書を書いています
できたらお届けします(笑

投稿: ひろ | 2006/03/06 14:23

お見合いですか?あらん。。髪セットに行ってきます。
SEXYなほうがいいかな?ぶりぶりがいいかな?
迷うところですね・・・
え?『外見でなく 中身重視』。。。なるほど。

投稿: teru | 2006/03/08 01:09

どれもいいですね(笑

残念なことに彼らには髪の毛がありません
スキンヘッドかというとスキン(肌)すらありません(涙

投稿: ひろ | 2006/03/08 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/8933647

この記事へのトラックバック一覧です: 説明:

« Humpty Dumpty | トップページ | 荒川静香に思う »