« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

体力測定

健康診断なら会社や地域で受けたことのある方も多いでしょうね

でも体力測定となれば話は別です

私も体力測定といえば高校や大学でやって以来ご無沙汰していました

2年前のことですがふとしたことから

大阪市がやっている「市民健康づくり相談センター」というのを知り

健康診断と体力測定をかねて行ってまいりました

一般的な健康診断についてはサラリーマンを辞めて以来受けたことがなかったので

ちょうどいい機会でした

体力測定というのも普段スポーツをやっていない私が

どこまで体力が落ちているのか・・・

興味津々だったのですが

やはりいけません・・・

腹筋運動では確か30秒間で何回腹筋ができるかというものでしたが

計測している若い女性に

「がんばってくださいね」と励まされた私は

必要以上にハッスル・・・

27回をこなし「すっご~~い」と褒めていただいてニンマリ

まさかこれが悲劇を呼ぶとは夢にも思いませんでした

夕方になると激しい筋肉痛にみまわれ

その夜は熱が出てうなされながら床に就きました

普段やっていないことを急にやるとこうなりますので

皆さんご注意ください(笑

それと自転車をこぎ徐々に負荷をかけていくテストでは

20代並みの心臓だとお褒めの言葉をいただきました

毎日20分ほど通勤で歩いているだけなんですが

この程度でかなりの違いがでるそうです

それと職業柄とでも言うのでしょうか・・・

握力だけは高校生のころよりアップしていました(^) エッヘン

健康診断だけではなくたまには体力測定を受けてみてはいかがでしょう

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/30

大きい筋肉

先日、ジャズのライブに出かけました

奏者との距離もさほどなく

「かぶりつき」状態で演奏を楽しんでまいりました

あろうことか、この私まで引っ張り出され

一曲歌わせていただきました

・・・ていうか

正直、それを期待して行ったのですが・・・(笑

出だしでものの見事に音程を外し

冷や汗のスタートでした485566 

無事?歌い終わり・・・

その後も楽しませていただいたのですが

仕事柄、妙なところばかりを見てしまいます

何かというと、奏者のフォームを観察してしまうんです

なかでもドラマーの宮本リョージさんの演奏を拝見していると

激しい動きのなかでも頭の位置が微動だにしませんでした

四肢ともそれぞれ違った激しい動きをしているにもかかわらず

身体の軸がぶれていないんです

両手両足から繰り出される音は迫力に満ちていました

昨日ここでゴルフのお話しをしましたが

ボールに当たるのはクラブヘッドですけど

そのパワーを生み出すのは大腿四頭筋や腸腰筋、殿筋などの筋肉だということでした

ゴルフだけではなくあらゆるスポーツでは

大きい筋肉を力強く使い、それ以外の筋肉はパワーの伝達やコントロールという役割があります

より正確に伝達したり、的確にコントロールするためには

身体の中に軸の存在が必要です

特に上肢の筋肉は先端に近づくにつれて小さい(弱い)筋肉になっていきます

「小手先の」という表現をよく使いますが

筋肉の使い方としてはあまり正しい使い方ではないということです

軸がしっかりとしていてより大きい筋肉を使い

安定した動きをする

スポーツだって音楽だって・・・

一般の仕事でも動作をともなうものは

同じなのかもしれません

「大きい筋肉」という表現もきわめて曖昧かもしれませんが

一般的には身体の中心に近づくにつれ

大きい筋肉になっていくようです

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/01/29

腰の回転

ゴルフをやり始めたとき
必ず言われるのは腰の捻転
テークバックのときに左肩を顎の下まで持ってきて
90度回転するようにいわれました

ところが腰を中心とする上半身の捻転の角度は45度程度しか回りません
一度試していただくとすぐわかりますが
いすに座って骨盤を固定してしまうと
45度が限界です

90度-45度=45度 という計算になると
残りの45度の回転はどこから来るのでしょうか?
残りの45度のほとんどは股関節を捻ることによって生じてくる回転なんです

ゴルフだけに限らず野球のスイングなどでも
スイングパワーの源は殿筋、大腿四頭筋、腸腰筋なんです
これらの筋肉はすべて太くて大きい筋肉です
股関節を捻転しそれを動かすことによって大きなパワーを生み出し
それを背骨を軸にして上半身に伝達し
腕からゴルフクラブ(あるいはバット)
シャフトからクラブヘッドにそのパワーをパワーロスなしに伝えたら
ナイスショットが生まれるというわけです

だから腰の捻転といっても背骨を中心とする
腰から背中の捻転から生み出されるパワーで球を打つということではありません
あくまでも股関節の捻転から生まれるパワーを上手に伝えることがその使命になります

そのため私のように今まで一度たりとも100を切ったことのないゴルファーに多いのは
上半身の力を振り絞って、逆に下半身からのパワーを邪魔することです
たかだか上半身の捻転で生み出されるパワーなどしれています
伝言ゲームのように最初の人が言った言葉を
最後の人まで伝えることができたらいいスイングができるはずです

それともうひとつよく私がやったのは
猫背のように曲がった姿勢になりがちなことです
上半身の役割は回転運動によって得られた下半身の力を
クラブヘッドに伝達することです
ちょうど背骨はコマの軸のようなものです
コマの軸が曲がっていたらコマは上手く回りません
パワーロスが激しいからです

ゴルフや野球のスイングは
いかにして下半身で力を生み出し
いかにして上半身でその力を効率よく伝えるか
というのがポイントになるようです
つまり下半身に力を入れて上半身の力を抜く
というややこしい作業になります

ただし上半身の力を抜くといってもまったく動かさないわけではなく
ムチのしなりのように下半身のパワーを増幅するために
微妙な力と伝達するときのリズムが大切なんです


これだけのことを言っておいて
どうして100を切ったことがないんだ?
不思議に思われるでしょうね

私は整体を志してからは一切ゴルフクラブを握っていないんです
でもこれだけの理論がわかった今ではきっと・・・
100を切るに違いない・・・
ゴルフ場にいくまではそう信じておくことにします(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/28

触診

今の機械ものはいけません
修理しようとしてネジをはずして開けてみても
わけのわからない部品がぎっしりと詰まっています
不用意に外したりしようものなら
二度と修復できないようになってしまいます
こんなことからオヤジの威厳が損なわれているのではないでしょうか?

いくらいい道具を持っていても中の構造が理解できないと
宝の持ち腐れになってしまいます


私たちの仕事だってそうです
いくらいい技術を持っていても
どこが悪いのかわからないと施術のしようがありません

施術や矯正を行う前に充分な触診が必要です
当然のごとく我々は検査をするための機械を持っていません
すべて「手」でしなければなりません
触って硬さ・熱・バランスなどを探ります

しかし我々が触れるのは体表面だけ・・・
筋肉を触るといっても皮膚表面からしか触ることができません
衣服に触れた手から皮膚を越え脂肪をかきわけ
ようやく筋肉にたどり着きます
さらに筋肉にも表層筋と深層筋があります
表層の筋肉の硬結(コリ)でも見つけにくいのに
インナーマッスルと呼ばれる深層筋に
手のセンサーがたどり着くことは容易ではありません

たどり着いたらたどり着いたで
悪い筋肉の「言い分」も聞いてやらねばなりません
施術者の独善的な主張だけでは
悪い筋肉はへそを曲げてしまうこともあります

どうしてこんなになったのか・・・
筋肉はその理由を涙ながらに語ってくれます
「そうか、そうか。。そんなことがあったのか・・・」
言い分をひとしきり聞いて
それから悪い筋肉とその持ち主との間に入り仲裁を試みます

変なやつだと思われるかも知れませんが
いつもこんな感じで施術をしています

この仕事で一番大事なものは何か?
こう聞かれたら・・・
「触診」。。たぶんこう答えるでしょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/27

モーツァルト

今朝の新聞で知ったんですけど
今日はモーツァルトの生誕250周年のお誕生日だそうです
こんな私でもクラシックぐらいは聴きます
モーツァルトの曲といえばヒーリングにはよく使われています
モーツァルトを聴くと「痩せる」とか「賢くなれる」とか「胎教にいい」とか・・・
200年以上たった今、こんな形で愛されているとは
モーツァルトも夢にも思わなかったでしょうね

00121

モーツァルト:ピアノ協奏曲第17&21番 ぺライア&ECO

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/01/26

Misty K

私が好んで聴くアルバムはクセのあるものが多いようです

しかし本格派でなおかつサラッと聴けるものもいいもんです

TO79593801001

Misty K  小林 桂

(試聴はこちらからできます)

男性ジャズシンガーきっての人気者ですが

数々の賞を取った実力派です

サラッと軽く歌い上げるのに

本格派の重厚感すらかんじます

女性からの人気は絶大だそうです

癒されるジャズのスタンダードナンバーはこの人ならではです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/25

滑液

我々の関節は二本以上の骨が連結して
運動できるような構造になっています
ところが運動すると熱が生じます
これでは関節の損傷を招いてしまいます
こんなことが起きないようにと・・・
関節にはさまざまな工夫がされています

まずそれぞれの骨の端には「関節軟骨」というのがあり
な関節を滑らかにし、クッションの役割も果たします

それだけではありません
半月板(膝)や関節円板(顎)、椎間板(椎骨)などの部品で
円滑な動きができたり、衝撃を吸収してくれます

いやいやこれだけではありません
関節を包み込む関節包内部には滑膜という膜があり
そこから滑液という潤滑油のような液体を分泌しています
これらのさまざまな機能により関節はスムースな動きをすることができます


ところが無理な運動やケガにより関節内のバランスが崩れ
炎症が起きることがあります
また何もしていないのに・・・
老化現象で、あるいは運動不足でバランスが崩れ
炎症が起きることもあります

「膝が痛くて病院で水を抜いてもらった」
よく聞く話ですね
この「水」が滑液なんです
炎症を起こした膝を守るために滑液をより分泌し
関節の隙間を広げてその症状が悪化するのを防ぎます

ところが水がたまりすぎると膝が膨れ上がり
激しい痛みをともない、動きにくくなります
その状態を緩和するために水を抜いてもらうわけなんですが
元々の原因に対するアプローチではありませんので
その原因が続くかぎり同じことを繰り返してしまうこともあります
「水を抜いてもらうと癖になる」
こう言って水を抜いてもらうことを嫌がる人もいますが
水を抜いてもらうこと自体は悪いことではありません

むしろ炎症を起こしている原因を探し出して
それに対するアプローチも並行して行わないといけないわけです

膝だけの問題ではありません
肩、肘、アキレス腱、骨盤、股関節などでも炎症は起こります
滑液包炎について詳しい説明はこちらをご覧ください
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec05/ch074/ch074d.html

また滑液には「ヒアルロン酸」が含まれているということから
膝痛に対する健康食品などでヒアルロン酸が
含まれたものが多く市販されています
私は専門家ではありませんので多くを語るつもりはありませんが
経口摂取によるヒトでの有効性については信頼できるデータは見当たらない
といわれているそうです
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail573.html
変形性膝関節症のような場合には潤滑油がどうのこうの・・・
という問題じゃないと思うのですが・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/24

乾燥注意報

最小湿度 40%、実効湿度 60%
大阪ではこれを超えると乾燥注意報がでるそうです
実効湿度とは「過去数日間の湿度の履歴を考慮した湿度。木材の乾燥度を示し、火災の発生率に関係する。」
・・・だそうです

とにかく乾燥しています
湿度計を見てみると・・・
01010002_1

だいたい47%程度でしょうか?
元々乾燥注意報というのは火事が起こりやすいという目安だそうですが
乾燥して困るのは火事だけではありません

今の季節になるとインフルエンザが流行りだします
インフルエンザの予防といえば
やはり手洗い・うがいですけど
室内の湿度が50%~60%程度になると
インフルエンザウイルスの生存率が激減するそうです
しかも室内温度も20度ぐらいにしておくと
4%程度になるそうです

いつもは60%~70%ぐらいの湿度なんですが
今日は乾燥しています
加湿器もフル稼働でがんばっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

銀世界

今日の午前0時ごろに雪が降りました
全国的に大雪の年にいまさら何を・・・
という感じでしょうが大阪では雪が降ることなんてめずらしいのです

しかもかなりの強い降りで
降りだしてからわずか5分足らずで
窓の外は一面の銀世界になりました
「家に帰れないぃぃぃ」(;´Д`A ```
悲痛な叫びもつかの間・・・
実質1時間足らずで雪はあっけなくやんでしまいました

自転車でシャリシャリと雪を踏みしめながら帰宅しました
かなりの寒さで朝になっても所々雪が凍りつき
今朝はパリパリと雪を踏みしめたときの音色も変わっていました

昨夜どこにいってたんだって?
ひ み つ ・・・・(爆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

携帯電話

いまや携帯電話の機能もすごいですよね
ブラウザでインターネットが見られる携帯
テレビが見られる携帯
MP3プレーヤーのように音楽をダウンロードできる携帯
GPSがついて居場所が確認できる携帯
高性能のデジカメがついているなんて当たり前になってしまいました

電子メールのやり取りをして感動に打ち震えていたのも今は昔・・・
どんどん携帯の機能は向上していきます

ところがどっこいこの私・・・
いまだにカメラさえついていない携帯を大事に使用しています
メールのやり取りもPCでやります
チマチマしたダイヤルを押すのが嫌いなんです
インターネットもPCで見ます
テレビは家にあります
MP3プレーヤーも買いました
GPS。。こんなものがついていたら都合が悪い(笑

しかも携帯といっても実際はPHSを使っています
なにせもっぱら仕事用としてしか使わないので
基本料金や通話料も安いほうがありがたいのです
月々支払う料金も2,000円強ですみます
少々傷がついていますがまだまだ使えそうです

時代遅れとは知りながら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/21

シクラメン

うす紅色のシクラメンほどまぶしいものはない~♪

ということで真冬の代表的な花「シクラメン」を置いてみました
00000017_2

うす紅色というより真紅に近い色です
なんでもシクラメンは別名「豚の饅頭」というそうです
シクラメンの原産地のイスラエルやトルコでは
野生の豚がシクラメンの球根を食べたことが
「豚の饅頭」の由来だそうです

イメージが壊れるぅ( >w< )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/20

勇姿?

昨日、私が所属する東洋オステオパシー協会から

今年の会報が送られてきました

その中には年末に開催された臨床研究会で

私のした発表も掲載されていました

「肩甲帯をめぐる問題点」というテーマで発表したのですが

私が皆さんの前で発表している写真がありました

-02

3年ぶりのスーツ姿で颯爽と・・・

と行きたいところでしたが

写真から伝わってくるのは緊張しながら

マイクを持ち話している私の姿が写っていました(涙

前かがみでレポートを見ながら話す様子はいかにも迫力不足

うむ。。見るからにビビッとるがな・・・

どうも晴れがましい席でお話しするのは得意ではありません

発表の内容は決して悪くはないんですが・・・(汗

同じマイクを持つときでも歌っているときは

実に堂々としたものです(笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/01/19

魚を食べると

魚を週8食、心筋梗塞の発症60%減

 魚を週に8食食べる人は、1食しか食べない人と比べ、心筋梗塞(こうそく)を発症する危険度が60%近くも低いことが、厚生労働省研究班の大規模調査で分かった。

 同研究班が岩手、秋田、長野、沖縄県内に住む40~59歳の男女約4万人を対象に、1990年から約11年間追跡調査し、魚の摂取量に応じて5グループに分けて比較した。摂取量が週1食(1日当たり20グラム)程度の人たちと比べると、週5食(同110グラム)程度食べるグループは30%、週8食(同180グラム)程度では57%も発症リスクが低かった。

 魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)という脂肪酸が含まれ、食べた人の血管を詰まりにくくする効果がある。研究班の磯博康・大阪大教授によると、EPAやDHAはアジ、イワシ、サンマ、サバなど脂肪の多い青魚に豊富に含まれているという。

以前ご紹介した「病気にならない生き方という本には

牛は豚は人間よりも体温が高くそれらの脂肪が人間の体内に入ると固まりやすいが

魚類は人間よりも低体温でその脂肪は人体の中では固まりにくいということが書いてありました

四方を海に囲まれた日本では頻繁に魚を食べる習慣がありましたが

ここ数十年で食生活も欧米の影響を受けました

皮肉なことにその欧米では日本食がヘルシーだということで注目されているようです

子供のころから鯛より鯖がすきという私にとって

背の青い魚は大歓迎です

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/18

アラブの弦楽器

相も変わらず世界の民俗音楽の収集をしております
必死で収集しているわけではなく
ぶらっと入ったCDショップで
ふと手に取ったCDが気に入れば買うというスタンスです

年末もある商店街を歩いていると
店頭のワゴンに「CD1000円から」というポップがあり
ごそごそ探していると、こんなのを見つけました

arabiya
アラブの弦楽器

演奏は民俗音楽研究演奏家の若林忠宏さん
詳しくはこちらのHPをご覧ください
http://www.musiqageet.com/

じっくりと聞いてみると幻想的なアラブの夜が浮かんできそうです
昔懐かしい「コーヒー・ルンバ」なんてのもあります
もちろん中東は行ったことがありませんが・・・(笑
こういうCDを聴いて世界旅行をしたような気になっているだけなんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

もっと光を

年末のマヌケ話を・・・
とかく年末は気ぜわしいもの
やらなくてはいけないこともついつい後回しになって行きます
仕事にかまけて家のことを何もしない私は
大掃除も家内にまかせっきりです

ある日、大掃除で私の寝室の蛍光灯の傘を洗おうとして
天井についているコネクターから蛍光灯をはずそうとしたら
バキッという音とともに割れてしまったそうです
普段家のことは何もしない私ですが
こういう電気関係の修理は私の出番です

近くのホームセンターでコネクターを買い
天井についている壊れたコネクターをはずしたのですが
どうも型が違うんです
ずいぶん以前の型だったらしく
上手くつけることはできません

その日も仕事だったので
後日、時間のある日に付け直そうと
そのままにしておきました

一度やりかけて諦めたら最後
なかなかやる時間もなく蛍光灯ははずしたままになりました
私の寝室だからいいか・・・
こんな横着な感じで放置していました

ところが当然寝室には夜しか入ることはありません
眠くなって居間から寝室に上がっていったのですが
予定通り真っ暗 (>< )
まったく何も見えません
手探りで目覚まし時計をセットして横に置いたのですが
見えるはずもありません

夜中に目が覚めても何時かわからず
起きていいのかまだ寝ていていいのかすらわかりません
まったくの暗闇は感覚が狂います
それでも10日間ほどそのままで寝ていた私は
手探りで寝室の状態を把握するまでに慣れていました

蛍光灯を取り付け小さなマメ球をつけたとき
ほんのわずかな光に救われたような気がしました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/16

腸のコリ

「腰痛館」という名前を掲げて仕事をしていると
腰痛専門でやっているように誤解を受けます
もちろん腰痛でこられる方は多いのですが
その他の訴えでお越しになる方も半数以上おられます
中には「便秘がひどくて・・・」という方もいます

便秘といえば女性の宿敵でもあります
便秘薬を常用されている方も多いようですが
一週間以上の便秘となるとそれは苦しいはずです

腸といえば内臓の器官ですが
内臓もれっきとした筋肉なんです
一般的に我々が「筋肉」と呼んでいる骨格筋が「横紋筋」という種類なんですが
内臓は「平滑筋」という種類からできています
(心臓は横紋筋です)

普段気づくこともありませんが腸も動いています
どのような種類の筋肉であれ活動をしている限り疲れることもあります
骨格筋と同様疲れてくると血液の流れも悪くなり
その活動も弱まります
「コル」と言う状態になっていくわけです
大腸ではせん動運動が行われますが
それが弱まることになり便秘になりやすくなります

いくら食物繊維をとっても便秘薬を服用しても
大腸自体の動きが鈍くなっていては効果も半減します
私がすることといえば
腸に刺激を与え血行を促進するのが主な施術内容です
簡単な腸のマッサージならばご自分ですることもできます
おへそを中心に時計回りに手のひらでゆっくりとさすってください
そんなに強い力でやる必要はありません
優しく心地よい程度の力でさすることが大切です
このマッサージを一日に3~5分程度していただきます
もちろんすぐに効果が現れるというわけではありません
何日か続けていただいて腸に血液が回りやすい状態を作っていただくのです
効果には個人差がありますので過大な期待はしないでくださいね(笑

注意点としては腹筋に力が入っていては刺激が腸に伝わりませんので
リラックスした姿勢でやってください
お風呂上りで血行のいいときにやるのもいいかもしれません


これであなたもスッキリ爽やか\(^o^)/
・・・になるかもしれません(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/15

ネギかじって風邪知らず?

ネギかじって風邪知らず チンパンジー

 寒さに弱いチンパンジーの風邪予防のため、ネギを食べさせる試みが東京都日野市の多摩動物公園で行われている。その効果か、今年はまだ風邪をひいたチンパンジーはゼロという。
 同園のチンパンジー舎では毎冬、風邪が流行していた。症状は鼻水、発熱など人間と同じで、薬も子供用の市販品を使っている。「人間と同じ体質なら予防方法も一緒?」と昨冬、ネギを食べさせたところ、罹患(りかん)したのは数頭だけで、症状も軽かったため、今冬も続けている。
 味も好評のようで赤ちゃんもおいしそうに食べている。だが、二十頭のうちメス一頭だけは食べないという。この日は撮影のため野外の食事会だったが、普段は週二回、リンゴやサツマイモなどとともに、室内で一-二本を与えている。


ネギにはアリシンというニンニクにも含まれる成分があり
スタミナの素ともいえるビタミンB1を吸収しやすくする効果があるそうです
血行をよくしたり、疲労の蓄積を防ぎます
詳しいことはこちらをご覧ください


私もネギが好きです
薬味のネギも上が見えなくなるほど入れてしまいます
そのおかげでこの冬は風邪をひいていないのでしょうか?
私もチンパンジーにあやかりたい

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/01/14

ハイヒール

おしゃれは足元から・・・
素敵な洋服を着ていても足元がスニーカーではしまりません
靴はおしゃれな人にとっては重要なアイテムです
女性ならば足元を綺麗に見せるためにハイヒールをはかれます
つま先がキュッと絞られ足も小さく見えます
しかもハイヒールを履くとウエストからヒップのラインが綺麗に見えます

これはヒールを高くすることによって
ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)が短縮し、股関節が伸び
骨盤がそるような形になるからです(伸展)
このことで腰椎が前にそりヒップが後ろに出るんです
1010

ところが・・・
ハイヒールが危険なのはこの姿勢により腸腰筋が緊張し
普段よりきつい前彎をした腰椎に圧迫をかけます
当然腰には相当のストレスがかかるわけです
この状態が長く続けば腰痛の原因にもなります
さらには細く引き締められたつま先には
傾いている分だけ体重がかかりやすくなります
魚の目やタコの原因となったり外反母趾にもなりやすい状態となります

足元のおしゃれをするには険しい道が待っているんですね
仕事でどうしても履かなければいけない人もいますが
なるべくならあまり高いヒールのものよりも低いほうがよさそうですね
できることならばあまり長時間の使用は避けたほうが無難かもしれません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/13

だし

私は麺類がこの上なく好きです
昼食にうどん屋とそば屋のはしごをしたこともあります
めん類ならば何食続こうとも決して文句は言いません

先日も施術中にうどんについて話をしていました
そのお相手がなんと鰹節製造販売の会社の方でだったのですが
それならば・・・と
今度持ってきてあげようということになりました
そしてお持ちいただいたのが
自ら鰹節でダシをとられたうどんダシ
しかも味付けまでされたものでした
もう私は興奮状態・・・(笑

翌日、さっそく讃岐風うどんを買ってきてもらい
うどんを作ってもらったのですが
閉めてあるはずの隣の部屋に入っても
鰹のいい香りがしてくるではありませんか・・・
ドンブリに顔を近づけるまでもなく正真正銘の鰹だしが鼻をくすぐります

今では鰹節を削ってダシをとることもなく
化学調味料に鰹節を製造するときにでる煮汁でくるみ
鰹風味のダシとして市販されているものを使用します
もちろん我が家でも例外ではありません
今ここで化学調味料に使われている
グルタミン酸ソーダ(アミノ酸等と表示されている)
についてどうこう言うつもりはありませんが

本当の鰹節でとったダシは本当の鰹の香りがします
昆布、干し椎茸、魚の煮干・・・
私たちが子供のころ当たり前に使われていたダシが
こんなにも美味しいものだとは・・・
もう思い残すことはありません・・・(;´Д`A ```
   ↑
そんな大げさな(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/12

小さなお客さま

00000015_5

柚佳ちゃんです
8ヶ月の女の子です
いえいえ。。腰が悪いのではありません
いつもお母さんといっしょに遊びに来てくれるんです
カメラの前では少々おすましのお顔ですけど
いつもは愛くるしい笑顔を惜しみなく見せてくれます
お母さんそっちのけで(ウソ)高い高いをすると
キャッキャキャッキャと喜んでくれます
この子と遊ぶのがひそかな楽しみです(笑

ほのかに香る柚子のように
そばにいる人に幸せを感じさせる
そんなお子さんに育って欲しいですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/11

寝るときの姿勢(腰痛時)

腰痛の経験をお持ちの方ならお分かりいただけると思いますが
夜眠るときには仰向けに寝ることがつらくなります
たいていの方は横向けに寝て股関節と膝を曲げて
ちょうどエビのような姿勢で寝られるようです

これは腰痛の原因が大腰筋(腸腰筋)であることに起因します
pso1
上の図のように仰向けになって足を伸ばすと
大腰筋は引っ張られる状態、すなわち緊張した状態になります
この緊張した大腰筋は胸椎の12番から腰椎の4番までをスタートラインとし(起始)
大腿骨(の小転子)をゴールとします(停止)
緊張した大腰筋は腰椎を下方に引っ張る形となります
腰痛のときは腰椎が圧迫されて痛みが出るので
この姿勢はかなりの負担となります

しかも睡眠時間は5分や10分というわけにはいかず
何時間もこの姿勢を続ければ当然腰が痛くて
ゆっくりと眠ることはできません
pso2
この図のように股関節と膝を曲げて眠ると
大腰筋は弛緩し腰椎への圧迫は軽減します
横向きで寝るだけではなく膝に枕のようなものを入れて寝るのもひとつの方法です

腰椎には寝ていても体重の1/2~1/4程度の圧力がかかっているそうです
その負担を軽くするためにエビのような姿勢で寝ることはいいようです
しかも腰椎の前彎を減少させることにより
神経根の圧迫もより減らすことができます


しかし腰痛の人は誰から教わるわけでもなく
このような姿勢で寝られるはずです
いまさら言うまでもないことかもしれませんね

腰痛はないけど横向きで寝るほうが楽だ・・・
こういう方はいませんか?
ひょっとしたらあなたも腰痛の前触れかもしれませんよ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/01/10

Reservation 追記

以前ご紹介した門馬綾子さんのファーストアルバム「Reservation」 (過去ログ)

4546266200557

ようやくネットでも購入できるようになったそうです

タワーレコードから絶賛?発売中\(^o^)

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=925797&GOODS_SORT_CD=104

知ってる人のCDがタワーレコードで購入できるというのはチョイト嬉しいものです

てなわけで応援させていただきます

パッとひと花咲かせていただきたいものです

ひと花といえば先月新芽を切り取って植え替えた「セイロン・ベンケイ草」ですが

少しだけ伸びたので「モロゾフ」のコップに植え替えました

00000015_4 

花が咲くまで2年はかかるそうです

じっくり育って綺麗な花を咲かせてください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/09

半月板

お正月に家内の実家に行くと父親から相談を受けました

なんでも膝が痛くて正座ができないというのです

よくあるパターンです

高齢になると膝痛は誰でも経験するものです

しかも歩き方を見ていても不自然な様子はありません

そうたいしたことはないだろう・・・

こう思ってズボンのすそを上げてもらい見てみると

かなり腫れ上がっていました

それも異様な場所が異様に腫れていたのです

これだけ腫れて歩くときには痛みを感じないこと自体おかしいし

膝の内側が極端な腫れ方をしていました

どうやら私の出る幕ではなさそうです

父親には早急に病院に行くよう促しました

こういうときに闇雲に施術しても余計にひどくなるばかりです

後日、病院で診察してもらったら

静脈が炎症を起こしていたそうです

もちろんこういう場合も私の守備範囲外です

こういう例外的なケースもありますが

高齢者に一般的に見られるのは半月板の損傷です

hangetuban1

半月板は内半月板と外半月板があります

この半月板が膝関節のクッションの役割を果たしてくれます

歩くときには体重の2~3倍の加重が膝にかかるといわれています

ところが加齢に伴い半月板が押しつぶされるようになり変形してしまいます

これが変形性膝関節症です

膝が痛くなり、曲げ伸ばしが充分にできなくなることが多いようです

重篤な場合には手術を余儀なくされることもあります

しかも厄介なことに高齢者の場合は骨自体や軟骨も変形していることもあるので

半月板だけを処置しても痛みが取れないこともあります

もちろん整体を受けたからといっても

変形したものが元に戻るはずもありません

だから「治すことはできませんよ」と最初にお断りしておきます

我々のできることといえば

大腿四頭筋やハムストリングなどの筋肉を弛緩し

膝への負担を少しでも軽くすることです

これにより多少なりとも膝関節の稼動域が広がり

痛みも軽減することもあります

ただしその方の状態によって効果も変わってきますので

まったく変わらないこともしばしばですし

痛みが軽減するといってもさほど長続きするわけではありません

あくまでもご自身のリハビリのお手伝いといったところです

根気よく長く痛みと付き合っていかないといけない

本人にも私たちにも厄介な症状のひとつです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

リズム

仕事が始まると正月気分も抜けいつもの生活リズムに戻ります

どうやら身体には本人自身もわからないリズムがあるようです

そんなたいしたことはしていないのに・・・

こうおっしゃりながら来られる方が多くなります

オステオパシーには頭蓋仙骨療法という技法があります

頭蓋骨は一分間に6~8回程度動き

脳脊髄液を循環させています

ほんの軽微な動きなので察知することは至難の業ですが

この髄液の循環のリズムが狂うと様々な症状が現れるといわれています

我々の知らないところで身体はリズミカルな動きを見せます

身体によくない生活習慣や環境によってリズムは狂いを見せます

音楽でも周りの音が聞こえなくなるとリズムが狂うこともあります

カラオケでもよくリズムが狂ったり

音程をはずす私が言うのだから間違いはありません(笑

自分の周りの生活環境や生活習慣をよく見て

自分自身の身体に当てはめていけばリズムは狂わないと思います

音楽だけではなく生活でもステキなハーモニーを奏でることができたら

きっと健康で楽しい一年が過ごせるはずです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/01/07

お正月にテレビを見ていると

BGMで琴の音色が流れてきます

いかにも日本のお正月らしい雰囲気が漂います

しかしウチではありきたりなものはBGMとして流しません

amadeus 

KOTO AMADEUS MOZART

このアルバムはモーツァルトの名曲を琴で奏でたものです

「琴」と「モーツァルト」一見どんな感じになるのかな?

と思うところですが

違和感はまったくありません

むしろ凛とした曲調が琴の音色とマッチしています

お正月以外にはBGMとしてかけにくいのがタマにキズですが

チョッと変わった音楽に耳を傾けてみるのも悪くありません

じっくり聞いてみると日本の楽器もいいものです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/06

初詣

元日から神社仏閣めぐりをして

いろいろとお参りをすませました

今日は仕事が上手くいきますようにと

奈良県の大神神社に行ってきました

ここには大国主神が祭られており

病気治癒や製薬の守護神として尊崇されています

有名な製薬メーカーや医療機関も大神神社にお参りに来られるそうです

あ。。それと酒造の神としても有名です(笑

ご縁がありまして数年前からお参りに来ています

miwayama

今年は拝殿のお参りだけではなく

御神体の三輪山に登ってきたのですが

40分ほどかけてゼイゼイ息を切らし

ようやくの思いで頂上にたどり着きました

頂上にあるお社を拝んでいると

さっきまで雪が降りそうな曇り空だったのが

急に光が射しお社の背後から私の顔を照らし始めました

う。。熱烈歓迎されているのか?

モーレツに感動しながら下山しました

お参りがすんだ後のお楽しみは

大神神社から車で30分ほどの山手にある「笠ソバ」

ここでは地元で栽培した蕎麦を加工し食べさせてくれます

毎年12月ごろになると新蕎麦が食べられます

新蕎麦の香りがなんともいえませんなぁ~

さあ。。後は仕事ガンバロウ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/05

思考停止

お正月に二歳の甥っ子と遊びました
彼らはいろいろなことに対し興味津々
見るもの触るものすべてに興味を持ちます
彼らと話をしていると「どうして?」
決まったように質問をします
答えても答えても「どうして?」を繰り返します
いい加減答えるほうも邪魔臭くなり適当な答えをして誤魔化そうとしますが
彼らの質問は容赦なく続きます
それだけ小さいお子さんは知識を得るということに対し貪欲なんでしょう

私たちも整体を習い始めたときには
いろいろなことを学びます
質問もたくさんしました
技術も学びました

技術(テクニック)を習得するときにはまず基本が大切です
基本的な技法を真似て「型」から入ります
何度も何度も練習しているうちに
その「型」が様になってきます
これでやっとひとつの「型」をマスターした・・・
そんな気になって次の技の練習をします
こんなことを繰り返しいくつもの技法を習得します

しかし何年もその技法を使っていると次なる疑問が芽生えてきます
どうしてこの技法はこの「型」になるのか?
・・・ということです
今度は教科書には載っていない疑問です
当然長い時間をかけて自分で答えを探していかなければなりません

もし、「型」を覚えることに終始して
何の疑問も持たずにそういう「型」だけの技法を増やしていったとしたら・・・
それはある種の思考停止状態だと思います
小さい子供のように「どうして?」「なぜ?」・・・
こんな疑問を抱き、それを自分で探求していく
それが上達の秘訣なのかもしれません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/04

仕事始め

例年通り1月4日からの営業開始です

落ち着いて休むつもりが結局バタバタ・・・
落ち着いて仕事をしているほうが性に会っているようです
初仕事から予約は一杯。。ありがたいことです
さて今年はどんなことが待っているのでしょうか?
楽しみです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/03

ポインセチア

12月の上旬にクリスマス用で買ってきたポインセチア
00000008_7
いつもならクリスマスの前後で葉が落ち色も悪くなって枯れてくるのですが
今回買ったポインセチアはなかなか丈夫です
お正月を過ぎてもしっかりと咲き誇っています

明日から営業再開なんですが
だんだかお正月用の花に替えるのもかわいそうな気がします
ポインセチア自身はクリスマス用に咲いたわけではありません
がんばって生き延びようとしているだけです
人間の勝手な都合でクリスマス用とかお正月用って決めているだけのことです

ま、いいじゃないですか・・・
お正月にポインセチアが飾ってあったって
力強く咲くポインセチアの生命力に敬意を表して
そのままにしておくことにします

明日以降ウチに来られてポインセチアが飾ってあったら
横着しているのではなく
そういう理由だと思っておいてください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/02

墓参り

昨日は私の実家で兄弟が集まって食事

そして2日目は家内の実家に参ります

去年生まれた甥っ子に初めて会えます

小さい子供のいるところはすごく華やぎますね

子供と遊ぶと同じレベルで遊ぶことが得意な私はおおはしゃぎします(笑

その前に忘れてはいけないのはご先祖様のお墓参り

年に数回しかいけないのでお正月の恒例行事となっています

きれいにお掃除してご挨拶をしてきます

お墓参りといえば・・・

ウチのお墓がある霊園のそばには昔小川が流れていました

小学生のころには小川にはメダカが泳いでいました

そんな話を子供たちにすると驚きます

昔はお墓参りにも子供なりの楽しみがあったものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/01

おめでとうございます

謹賀新年

・・・というわけで新年を迎えました

ゆっくり眠るはずがいつもの時間に起きてしまいました

することもないので近くの大和川の堤防を散歩

なかなか気持ちのいいものです

朝日を浴びながら朝の新鮮な空気を吸いました

いつもよりも気持ちのいいお正月を迎えました

さて。。今年はどんな年になるのでしょう・・・

ワクワクします(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »