« いっしょ | トップページ | 肋骨 »

2005/12/11

ジャンゴロジー

先日Cafe Manoucheというジプシー・スウィングのアルバムをご紹介しました
そのジプシー・スウィングの本家ともいえる
ジャンゴ・ラインハルトのアルバムをご紹介します
dr

ジャンゴロジー

1949年の演奏というからこれはかなり古い音源です
火傷によってギタリストの命ともいえる
左手の薬指と小指が使えないというハンディをものともせず
スリーフィンガー奏法を編み出し
激しく、妖艶にときには狡猾さすら感じさせる演奏は
没50年以上たった今でも新鮮さを感じます

日本のアーティストでもジャンゴの影響を受けた人は少なくはありません
私の好きなエゴ・ラッピンもかなり影響を受けているようで
「GIGOLO」という曲の歌詞には
「ジャンゴ・ラインハルトの左指」というフレーズがあります
エゴ・ラッピンの作ったレーベル「マイナースウィング」は
このジャンゴロジーの最初にあるジャンゴの代表的な曲名です
私のお気に入りのアルバムのひとつです


|

« いっしょ | トップページ | 肋骨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/7566624

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンゴロジー:

« いっしょ | トップページ | 肋骨 »