« 記憶 | トップページ | 特訓 »

2005/09/19

蛙飛び込む

「蛙」?知らない大学生35%

 大学生の3人に1人は、「春はあけぼの」の意味が分からない――。国立国語研究所の島村直己主任研究員らの研究グループが17日、千葉市で開かれた日本教育社会学会でこんな調査結果を発表した。  現代文は高校生より正答率が低く、研究グループは「大学生の活字離れが深刻になっているのではないか」としている。  調査は今年6~7月、国立大5校と私立大3校の1~4年生までの約850人に実施。古文4、現代文2の計6問を出題し、2年前に高校生1~3年生約1500人に実施した同一問題での調査結果と比較した。  それによると、古文では、枕草子の「春はあけぼの」の意味を「春は夜が明け始めるころが素晴らしい」と正答できた大学生は62・9%。松尾芭蕉の俳句「古池や 蛙飛び込む 水の音」の「蛙」について、「カエル」と答えたか、「かわず」という正しい読み方を答えた学生は65・3%だった。  また、童謡「赤とんぼ」の「負われて見たのは」の歌詞の意味を「背負われて見たのは」と正答できたのも61・6%にとどまり、「追いかけられて見た」という誤答が目立った。唱歌「夏は来(き)ぬ」については、「夏が来ない」と逆の意味にとらえた学生が多く、正答率は47・8%と半数を割った。
難しいことは知っていても一般的なことは知らないようですね 国語の授業でやったことばかりなんですが・・・

若者といえば新しい言葉を作る名人
私たちオジサンがついて行けない言語を巧みに操るのがお得意ですね

「温故知新」ではないですけど
昔使っていた言葉も知りながら新しい言葉も作ってみてはいかがでしょう

む。。説教くさいなぁ・・・

|

« 記憶 | トップページ | 特訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/6010725

この記事へのトラックバック一覧です: 蛙飛び込む:

« 記憶 | トップページ | 特訓 »