« ネオンテトラ | トップページ | 人のふんどしで »

2005/09/22

もうひとりのあなた

先日購入した本を読み終えました
「クレニオ・セイクラル・セラピー」(ジョン・アプレジャー)
クレニオ・セイクラル・セラピーはオステオパシーの有名な技法のひとつで
「頭蓋仙骨療法」と訳されています
硬膜のリズミカルな動きを取り戻すことによって
多くの症状を改善するという療法なんですが

この書籍では予想通りテクニカルなマニュアル本ではなく
むしろアプレジャー博士の「頭蓋仙骨療法」に対する観念的なことが書かれていました

アプレジャー博士は「患者の中にいるもうひとりのあなた」から
原因や悪いところや治療方法を聞くようにといています
「もうひとりのあなた」というのは患者自身の内なるお医者さんだそうです
つまり患者自身の心と体がすべて教えてくれるということなんでしょう
当然、それができるためには集中力・洞察力・観察力は必要不可欠になります

アプレジャー博士はこの療法を行うときには
トリートメント(治療)とはいわず、セッション(会議期間?)という言葉を用います
たぶん患者の身体や心と会話するというイメージなのかもしれません

一般の方が聞かれたら変な超能力的な治療法と勘違いされるかもしれませんね
頭蓋仙骨療法は決して怪しい療法ではありません

でもこの療法を介在して会話をするという観念はなんとなく理解できます
以前から頭蓋仙骨療法はテクニックではなく能力を要するのではないかと考えていました
たぶんそうなんだろうと思います

何回も読み直すことにします

|

« ネオンテトラ | トップページ | 人のふんどしで »

コメント

エネルギー療法のセミナーにいきました リンパドレナージュの施術をする時にすることあります 家族や友人のいろんな不調の改善ができるのでいってよかったと思います

投稿: のりこ | 2012/08/05 16:56

多くの人に喜んでもらえるといいですね
その時がセラピストの喜びですから…

投稿: ひろ | 2012/08/05 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/6060511

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとりのあなた:

« ネオンテトラ | トップページ | 人のふんどしで »