« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/31

小鳥のハーモニー

春休みといえども私には休みがありません(涙
仕事熱心というよりも子供が忙しいのです
長男は今度中学三年生になるので
毎日、塾の春期講習で休みがありません
結局私が遊んでもらえないので仕事をしているわけなんです

可哀想なのが小学生の次男
お兄ちゃんのあおりを食って
春休みにもかかわらずどこにも連れて行ってもらえません
その代わりに家内の実家にお泊りです
家内の実家はとてもいいところで
昔ながらの農家なのです

この季節になるとつくしを取ったりワラビを取ったり
自然の中で遊ぶことができます
ちょうど今ならウグイスのさえずりも聞こえ
夜にはフクロウの鳴き声も聞こえてきます
自然の中で暖かい春の日差しに包まれて過ごすのも
子供たちにとっていい経験でしょうね

仕事に追われてあくせく暮らす私も
せめてCDで小鳥の声を聞くことにします
00000016
「α波1/fのゆらぎ 小鳥のハーモニー」
「森のささやき」
穏やかな春の日差しが差し込んできます・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/30

喜連という町

ウチの整体院は大阪市平野区の喜連という町にあります
この喜連(きれ)という町は私が子供のころから育ってきた町で
人一倍愛着があります

平野区周辺は歴史の古い町も多いのですが
平野区の「ひらの」というのも
平安時代にこの地を治めていたのが
征夷大将軍坂上田村麻呂の子、廣野麿であり
「ひろの」がなまって「ひらの」と呼ばれるようになったのです

そして喜連(きれ)は古代、中国大陸・呉の国から渡来した呉人(伎人)が住みついたことから、「伎人郷」となり、それがなまって「喜連」になったといわれています
(詳しくはこちらをご覧ください)

先祖代々この町に住んでいる方にうかがった話によると
むかしはお城があったそうです
今は跡形もなく全くわかりませんが
江戸時代まではお堀も残っていたそうです

昔「喜連村」と呼ばれていたらしいのですが
その村の区画は城下町らしい極めてわかりにくい
迷路のような細い道が多いのです
慣れないと道に迷うこともあります

ウチのホームページ上で地図を載せていますが
こちらがご案内している道をたどっていただかないと
迷われることも何度かありました

歴史的な街の中を歩いてみたい方には
古い家並みもあり、街の随所にお地蔵さんもあり
見ごたえもあるかもしれませんが

最短時間でお越しになりたい方には
巨大迷路のような道筋を通らない方が無難です

帰り道で立ち寄ってみたい方はお申し出ください
なあに。。たいしたことはありませんよ
30分も迷えばどこか広い道に出るはずですから・・・(笑

tatehaj1
写真は「楯原神社」です
もうすぐ桜がきれいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/29

お帰りなさい

先日、行方不明の小学生をお探しのご両親のブログをご紹介しましたが
お嬢ちゃんが自宅に帰ってこられたそうです
よかったですね

ここから先は私たちが立ち入る問題ではありません
親子でいっぱいお話をして解決すべきことですよね

よかった、よかった・・・


先日の記事は削除します

| | コメント (2) | トラックバック (0)

施術時間

いま施術にかかる時間は一時間程度です
ただみな同じ時間かといえばそうではないのです
40分ぐらいで終わる場合もあれば90分ぐらいかかることもあります

最初、開業したときには闇雲に結果を出そうとして
2時間近く施術を続けたこともありました
ところが焦って、無理をした結果というのは
あまりよかったためしがありません
むしろ失敗に終わるケースがほとんどでした
今なら一人一人の体力や状態に合わせてやるのでしょうが
そのころは私自身経験も浅く
「何とかしたい」という一念でやっていました

反対に今まで一番早く終わったのは施術時間5分だったときです
膝が痛くて正座ができないという訴えでしたが
矯正をかけて「一度正座をしてみてください」と試してもらったら
すっと正座ができ、よろこんで5分で帰られました
逆に今ならもっと時間をかけて本当に悪いところを探してあげるでしょうね
痛みが取れたらそれで終わりというのもあまりいいことはないと思います

はっきり言って5分で終わろうと長時間かかろうと施術料金は同じです
時間が長い方が得したような気分になるかもしれませんが
実際はこちらの思惑通りにことが進み
いい結果が早く出るときは時間も短くてすみます
反対にやっているうちに他にもあれこれ悪いところが出てきて
そのつど触らないといけない箇所が増えるほど長くかかります

クイックマッサージなどでは10分いくらという料金体系になっているようですが
私たちは来院者が望んでいる結果を出さないといけません

ちなみに私の場合、実際の施術時間よりも
説明の方が時間がかかることもたまにあります
話し出したら止まらないというか
だんだんと話に熱がこもってくると
自分の知っている限りの情報を教えてあげたくなるのです
「やめられない、とまらない」
どこかのえびせんみたいな感じです(笑

要点だけを簡潔に伝えればいいのですが
どこかで笑をとらないと気がすまない性格も災いしています
まったく困ったものです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/28

フィーノ ボサ・ノヴァ マール

いや~急に暖かくなりました
またしても春らしい気候です
暖かくなると私の中でラテンの血が騒ぎます(笑
     ↑
べたべたの大阪人です

ラテン音楽で春の陽気を楽しみましょう
フィーノ ボサ・ノヴァ マール
fino
ボサノバといえば夏のイメージがありますが
このアルバムでは爽やかな曲調が多いので
リラクゼーションで聞くことができる貴重な一枚です
小野リサさんの澄みきった歌声もお勧めです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/27

電話

日ごろから電話の応対には気を使います
特にはじめての方の場合は
向こうのお話をよく聞いて
適切にご質問にお答えする必要があります

もちろん電話では正確な状態をつかむこともできませんし
施術中には長話もできません
場所の説明も難しいです
どんなところかご存じない方にわかりやすく説明するのも難しいものです

自宅に帰っても色々な電話がかかってきます
セールスの電話はやっぱり多いです
とりわけ多いのは中学生の子供がいるためでしょう
家庭教師の案内が群を抜きます
アルバイトの学生さんが派遣会社の指示で電話をかけてくるのでしょうね
社会人のセールス電話とは違い
お世辞にも電話の対応が適切とはいえません

私が電話に出ると
「お母さんはいらっしゃいますか?」
子供と間違えているのでしょうか?(笑
「はい?私の母親ですか??」
「私の母親は同居しておりません」
「もし私の母親にご用件がおありでしたら、かわりに伺っておきますが・・・なにか?」
ここまで一方的に話します
パニック状態になった学生さんは
慌てて「失礼しました」といって電話をきります

派遣会社のマニュアルには父親が電話に出たときの応対はないのでしょうか?
電話の応対は臨機応変にしないといけませんね
こういう学生さんは社会人になったとき困りますよ
もしよろしかったら私が個人指導して差し上げましょう・・・
エエ もちろん格安でお引き受けしますとも・・・(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/26

正しい?お花見での座り方

大阪でも最後の?寒波も通り過ぎ
桜前線の到来をカウントダウンしながら待ちわびています
お花見・・・楽しみですね(*^m^*) ムフッ
桜を愛でながら一献・・・
よくぞ日本に生まれけり・・・といった感じです

心配なのは雨
普段の行いのよい私ですから
天も味方してくれると確信しています(笑

ビニールシートをひいて料理を出してゆったり座って・・・
となるわけですが
座敷じゃあるまいしかしこまって正座する人も少ないでしょう
足を崩してリラックスして男性ならばあぐらをかくんでしょうね
しっかし!!これがまた腰に負担がかかるんです
おまけに屋外ですから冷えるんです

この状態を長時間続けていると
腰痛の心配がある方には大ピンチです

どうしてもあぐらをかくと腰を曲げて
身体の重心を前に持ってこようとします
もしあぐらをかいて背筋をきちんと伸ばしていると
相当不安定な状態になります
おでこをポ~ンと突いてやると後ろにひっくり返りそうになります
これでは危ないので無意識のうちに
身体の重心を前に置こうとするわけです

しかしこの姿勢を長時間続けていると
腰はアンバランスな状態に陥り
冷えもあいまって「あいててて・・・」となってしまいます

そこでです!!
あぐらをかいても姿勢をよくする方法があります
座布団などを二つ折りにして坐骨のところに差し込みます
完全に敷いてしまうのではなく
坐骨の出っ張りにかかる程度に差し込むような感じです
ちょうどお尻の隙間にくさびを打ち込むような感じです
そうすると頭を後ろに引いて背筋を伸ばしても違和感がなくなります


ただ~し!!
だからといってあまり長時間座り続けていると危ないですよ
それと飲みすぎにもご注意を!!
       ↑
  私のことでした\(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/25

骨盤のズレ

整体・・・といえば皆さんいったいどういうことを連想されますか?
「骨盤がズレています」「背骨がズレています」
なにかこういうセリフをイメージされませんか?
事実、私もよくこういうフレーズを使うこともあります
中には「すべての病気は骨格のズレから生じる」
と言い切る方もいらっしゃいます

では「骨格のズレ」とはいったいどういう状態のことをいうのでしょうか?
元々関節にはある一定範囲において動ける範囲があります
これを関節の可動域といいます
たとえば首の骨(頚椎)は7つありますが
それぞれの可動域を合計すると真横まで頭を回すことができます

ところが何らかの原因によって
本来動けるところまで動けないケースがあります
こういうときには、ある骨がズレている可能性が高いのです
そしてその場合、力を抜いて普通にしていても
ズレている骨は中間の場所に戻ることができず
左右どちらかにズレているというわけです
(実際は左右だけとは限りません)
ただしそのズレはほんの数ミリあるかないかに過ぎません

「ふむ。。これはいかん!!」とばかりに矯正をするんですが
でも正直に申しますと全部が全部矯正しないとダメなのかというと
そうは思いません・・・少なくとも私は
なぜかというと街を歩いていてもある程度の年齢以上の方は
たいていどこかズレている人がほとんどなのです

かく言う私も毎朝骨盤がズレているのを確認しています
多くの場合、骨格をずらす影の黒幕は筋肉なんです
基本的には骨がひとりでにズレるということはありません
ずらしている犯人がいます
それが筋肉というわけなんです

筋肉はそのときの状況によって硬くなったり、縮んだりします
疲れたら、寒くなったら、朝起きたら・・・
それだけで筋肉は硬くなり、縮んだりします
そのたびに縮んだ筋肉が付着している骨は引っ張られます
そしていとも簡単に骨はズレます

ということは疲れが取れたら、暖かくなったら、動いて血液循環がよくなったら・・・
それだけで筋肉は柔らかく伸縮自在になり
自然に骨格のズレは解消することもあります
むしろその方が大事なことだと思います
自分自身で元に戻せる能力を活用する
あるいはそういう能力をつけること
自らのちょっとした意識付けでできるのです
因みに私の場合は出勤時のウォーキングで
ストレッチをしながら歩くことによって解消しています

私たちの出番は慢性的になり自らの能力で解消できないときじゃないでしょうか?
「骨盤がズレてますよ!!」強烈なインパクトを感じるこの言葉に翻弄されるべきではありません
私も職業でやっている以上、なんらかの営業活動は必要かもしれません
しかしイタズラに恐怖心を煽って
「このまま放っておくと大変なことになりますよ・・・」
なんてのは好きではありません

実際に痛みは出ていないが危なそうだな・・・
という方も多いので、その判断は難しいかもしれませんが
まず生活習慣でやるべきことをやっていただきたいのです
その上でちょっと危なそうだな
と感じられたら、そのときは私たちの出番かもしれません

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/03/24

バイク

今から10数年前まではバイク青年でした
愛車はHONDA GB250Clubman
clubman
レーサーレプリカ全盛期に異彩を放つこのバイクに一目惚れしました
クラシカル・カフェレーサー気取りで
黒のヘルメット・黒の皮の上下・黒のブーツ・黒のグローブ
全身黒一色で身を固め颯爽とノロノロ走っていました(笑

何せ中型二輪の免許をとったのが22歳のときなんで
暴走する根性も運動神経もなく
単気筒エンジンの「ドッドッドッド・・・」
というエンジン音を楽しみにのんびりと走っていました

よくこけましたよ・・・
しかもコーナーで転倒するならいざ知らず
信号で止まったところが、足がつかず
いわゆる「立ちごけ」という最も恥ずべきパターンでした

コーナーでスピード出すなんて怖かったんです
しかしバイクのコーナーリングというのは難しく
スピードを落として、エンジンの回転数まで下げてしまうと
だんだん外側へ膨らんでいくのです

上手なコーナーリングではギヤを下げて
スピードは落とすが、回転数は下げないというのがセオリーなんです
回転数をキープしたままコーナーに入ると
クルッときれいに車体が寝て
すばやく、しかも安全に右左折ができます

でもこれが難しいんですよ
スピードは落としてエンジンは力強く・・・
今、私が仕事で人の体を動かしたりするときは
ゆっくりと動かさなければなりません
例えばぎっくり腰で痛くて動けない方をみるとき
急激に動かしたりしたら痛くてたまらないはずです
できる限りゆっくり、慎重にです・・・
しかしこちらがパワーダウンしてしまっては安定しません

技術的にはスピードはゆっくり、力はしっかり出す
スピードと力のコントロール・・・
これがコツです
でもやってみると難しいんですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/23

解説者

昨日仕事が終わって家に帰ると
子供たちがテレビを食い入るようにみていました
何かと思って見ていると、子供たちの好きだった
TBS「筋肉番付」でおなじみの「サスケ」をやっているではありませんか

以前から出場者が多くの難関に挑みクリアしたり
惜しくも失敗するのをハラハラドキドキしながら観ていました
いつも私の役目は子供たちに
「あそこをクリアする為にはここの筋肉が強くないといけない」
などと解説をしてあれこれ話をしていました
このときばかりは子供たちも私の話を真剣に聞いてくれ
お父さんとしても面目躍如といったところでした

その番組を観ていると、新しいバージョンで
従来のものとはかなり変わっていました

9時前になったのでフジテレビ系の「救命病棟24時」を観ようとチャンネルを変えると
これが変わらないのです(涙
大阪ではフジ系列は8チャンネルでTBS系列は4チャンネルです
しかしいくらリモコンの「8」を押しても変わる様子がありません

新聞を見ているとそれもそのはず・・・
今まで「筋肉番付」(TBS)と思って見ていたのは
海筋肉王(バイキング)」(フジ)という新番組の特別番組だったようです

まさかよそのテレビ局の人気番組をここまで見事にパクルとは・・・
フジテレビもなかなかやりますなぁ~(笑
テレビの公共性やモラルを社員の皆様に教えて差し上げてはいかがでしょう
フジテレビ社長さま。。┐(~ー~;)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/22

インフルエンザ

我が家でも次男がインフルエンザにかかりました
金曜日学校から帰ってくるなり39度を超える熱を出し
慌ててかかりつけの医院に連れて行きました
(連れて行ったのは私ではありませんけど・・・)
もう一度検査をするということで土曜日に行ったところ
A型のインフルエンザだそうです

タミフル」というウィルスの増殖をおさえる薬などを処方していただき
おかげさまですっかり快復しました
こちらの医院は子供たちが生まれて間もないころからお世話になり
子供たちの病歴も把握していただいていますので
細かいご指導までいただけます

何よりもありがたいと思ったのは
通常薬を出しても細かい説明までしていただけないところもありますが
「こうなったら。この薬を飲んで」
「ああなったらこの薬は飲まなくてもいい」
といった具合にメリット・デメリットを説明なさった上で
薬を出してくださいます

以前子供が重い病気にかかったときも
大きな病院を紹介していただき
その後も様子伺いの連絡をいただきました
他所の病院にいってもマメに連絡をいただき
当時、不安だった私たち夫婦の支えにもなっていただきました

子供も4年近く病気らしい病気もすることなく
元気に過ごしておりましたので
先生も「久しぶり~」と懐かしそうに笑っておられたそうです
病院もあまりお世話になりたいところではありませんが
こういう信頼できる先生がいらっしゃると
いざというとき安心できます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/21

どっちが楽?

長時間歩いていると疲れて立ち止まります
長時間立っていると疲れて座りたくなります

当たり前ですよね
長時間同じ動作や姿勢を続けていると
そのために働く筋肉の乳酸値が上がります
乳酸というのは疲労物質ですが
乳酸がたまってくると筋肉の能力が低下します
立っているだけでも多くの筋肉が頑張っています

だから一般的には歩くよりじっと立っている方が楽
立っているより座っている方が楽だということになります

しかし腰の負担を考えるとチョッと話が変わってきます
体重70kgの人が立っているときの腰(第3腰椎椎間板)にかかる負担は体重の約100%の70kg
それに対して座っているときの腰の負担が約150%の150kgほどになるそうです
意外に座っている方が腰に対する負担が大きいようです

実際に腰痛で来られる方に「座り仕事」をなさっているケースが多いのです
ドライバーの方、事務職の方、テレフォンオペレーター・・・
「たいして動くこともないのに腰が痛い」
といって不思議に思われるようですが
座りっぱなしで、たいして動いていないからこそ腰を痛められたようです

それでは立ち仕事をしている人はどうなのかというと
これまた腰痛の方が多いのです
座り続けるよりはましなのですが
じっと立っていても腰への負担は体重の100%がかかってくるわけですからたまったものではありません
私がかつて動けないほど腰が痛くなったのも立ち仕事が原因でした

一番大事なことは長時間同じ姿勢を続けないことです
一定の箇所や一定の筋肉に負担をかけることは腰痛になる可能性が高くなります
本当は同じ姿勢は20分までにとどめるのがいいようです
だから歩いている方が腰への負担は少ないのです

ストレッチや軽い体操で予防するのも大事なことです

因みに私の仕事は中腰で他人様の足や体を持ち上げたりすることが多いのです
この場合、体重の200%程度が腰への負担としてかかります
誰か助けて~ (;´Д`A ```

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/20

第三の男

anton・・・といえば
ジョセフ・コットンやオーソン・ウェルズの名作ですね
オールドファンなら誰でも知っているこの名曲は
アントン・カラスがオーストリーの楽器ツィターで演奏しています

軽快な音色は暖かくなる季節にはうってつけかもしれません
因みに「第三の男」はエビスビールのCMでも流れているおなじみの曲です
映画を知らないかたでもあのCMで流れているといえばおわかりいただけるでしょう

詳細はこちら
1.「第三の男」~ハリー・ライムのテーマ(カラス)
2.あてはずれ(カラス)
3.飲もう,兄弟たちよ(リンデマン)
4.オッタクリンガー行進曲(フォデルル)
5.グリンツィングにて(ペナツキー)
6.プラーター公園の春(シュトルツ)
7.リリー・マルレーン(シュルツェ)
8.ウィーンよ,我が夢の都(シーツィンスキー)
9.ツィター弾き(カラス)
10.我がマッツラインスドルフ(オーベルマイヤー)
11.ワルツ「我が心のあこがれ」(カラス)
12.ワルツ「歌の街,愛しのウィーン」(シュトレッカー)
13.ポルカ「私のママはウィーン生まれ」(グルーバー)
14.「第三の男」~カフェ・モーツァルト・ワルツ(カラス)

「リリー・マルレーン」なんかも懐かしいですよ
「飲もう,兄弟たちよ」なんか聴いていると早く帰ってビールが飲みたくなります(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/19

大量がいっぱい

00000012
ご覧くださいこのCDケース
私のコレクションです・・・
といって自慢したいわけではないんです
この倍以上はあります
ここに写っているだけで約80枚ですから
たぶん200枚は超えています

どうしましょう・・・
これ以上収納するところがありません(涙

大きなCDケースを買ったとしても
今度はそれを置く場所がないのです

先日入手したのは無造作に棚の上においています
/(-_-)\ コマッタァ・・・

なおタイトルは「太陽がいっぱい」とかけています m(_ _;)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/18

読書

こんな私でもかつては文学少年を気取っていました
とにかく学生時代は数だけはたくさん読みました
悲しいかな内容はほとんど覚えていないんですけど

小中学のころは遊びまわるのに忙しくて
親に促されても本を積極的に読むことをしなかったのですけど
ありがたいことに友人に読書好きな人が多く
彼らの知識の多さにあこがれて自分から積極的に本を読むようになりました

純文学、哲学、思想・・・相当背伸びして
意味がわからなくてもとにかく読むことに意義を感じました
その当時、漫画を読むことはなかったのですが
30過ぎから難しい本を読むこともなくなり
漫画を読み出したり
小説を読むにしても赤川次郎や筒井康隆などの
ライト感覚なものがほとんどでした

今は整体関係の本ばかり読むようになりましたが
どうもこの類の書物には文学的要素が乏しく(当たり前!!)
ストーリー性もありません(これも当たり前!!)
読みながらつまらないなぁ~と感じることもしばしば
(いったい何が目的で読んでるの?)

というわけで倉庫代わりに使っている部屋では
学生時代からの本がパッキンケースに詰められておいてあります
たまにその部屋に入るとつい懐かしくなって手にとってみます
するとタイムスリップしたかのように「あのころ」が蘇ってくるのです
昔読んだ本・・・まるで心のアルバムのようです

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/03/17

犬好きな人

先日、熱帯魚の餌を買いに近くのペットショップに立ち寄りました
いつものように熱帯魚や水草を一通りみていると
犬を扱っているコーナーから一斉になきごえが聞こえてきました
何が起こったのかはわからないのですが多くの犬たちが吠えていました

日ごろ犬や猫のコーナーには目もくれないのですが
なんとなく気になってそちらに立ち寄りました
すると一匹の子犬が私に視線を合わせ見つめていました
私もじっと子犬の目を見ていました

だんだんと情がわいてきました
「どうする?アイフル?」
テレビならばこんなBGMが流れてくるのでしょうか?(笑

「いかん!いかん!」
情にほだされそうになった私は慌ててその場を立ち去りました
でも犬を我が子のように可愛がる人の気持ちはとてもよくわかりました

私には独特の動物(哺乳類)に対する考え方があります
私は人に飼われるのを好みません
できる限り自由にいたいという願望があります
その私が犬や猫を飼うのはポリシーに反するような気がします
飼ったとたんに主従関係が成立します
それがあまり好きではないのです

決して嫌いなわけじゃないんです
むしろ一緒に遊んだりするのは好きなのですけど
できれば対等の関係の方がいいとは思うのですが
飼ってしまうとそんな勝手なことも言ってられません
責任持って食べさせて、運動させて、愛情を注いでやらないといけません
できなければ飼う資格はないと思います
最初だけ人間の身勝手で可愛がり、飽きたら放ったらかし・・・
言語道断だと思います

犬や猫は人間のおもちゃになるために生まれてきたのではありません
私にはその覚悟がありません


どういうわけか私の周りには犬好きな人が多いのです
客観的に見ていると面白いですけど・・・
犬に対しては並々ならぬ愛情を注いでおられます
こういう人こそ犬を飼う資格があるんだなと思います
しかも犬は飼い主に対して何もしてくれません
もちろん犬が人を癒してくれるというのはわかりますが
犬が主体的に癒してやろうと思っているわけではありません

それにもかかわらず無償の愛を提供しています
心の広い人だと思います

ただ思うのはその心の広さを
人間に対して見せられるかというと少し違うようです
仮にその人にとって有益な人であったとしても
犬のように素直には愛情を注ごうとはしません

犬が相手なら仲良くなれるのに
人間が相手だったら上手くいかない
不思議です・・・

もしそれができたら争いなんて
すぐさまなくなると思うのに・・・

人間の心理って複雑ですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/16

筋肉はトロンボーン?

昔、筋肉が収縮するメカニズムを教わったときに
「滑走説」というのを知りました

筋収縮は筋線維の表面に運動神経からの刺激でCaイオンが放出されます
その作用でミオシンフィラメントの上をアクチンフィラメントがすべるように動くということです

皆さん。。なんのことかおわかりですか?
これでは私にもわかりません(笑

これを見たほうがわかりやすいですね
1000
クリックすると動画が始まります
教育用画像素材集から拝借しました)


まるでトロンボーンのようですね
・・・音はでませんけど(笑
でも筋肉の動きによるすばらしいハーモニーが奏でられます

ただ筋肉は縮むことはできても自発的に伸びるということはできないんです
そのへんがパワーショベルの油圧シリンダーとはチョッと違い
反対の動きをする筋肉(拮抗筋)が動くことによって受動的に伸びます

詳しいことを知りたい方はこちらをご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/15

頚(くび)

不思議なもんです・・・

人の頚椎は7つ
キリンの頚椎も7つ
豚の頚椎も7つ

ホントかいなと疑いたくもなりますが
本当のことのようです
ひとつひとつの骨の大きさが長いだけのことで
数は同じなのです

キリンみたいに首が長くても
豚みたいに胴体の上に(前に)頭が乗っかっている体でも
同じ数なんですね

でもキリンのように首が長いと首の長さの二乗に比例して
筋肉に対する負荷も大きくなってくるはずですから
肩こりにならないのですかね?(笑
よほど頚筋群が強いのでしょうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/14

二度と来るんじゃねぇぞ

昔々・・・鶴田浩二さんか高倉健さんが出てた仁侠映画で
刑務所から出所する主人公が刑務官に
「お世話になりました」というと
刑務官は「二度とこんなとこ来るんじゃねぇぞ・・・」
「ヘイ」といいながら小雪の舞い散る刑務所を後にする
こういうシーンがありました

あまりにも昔の記憶なんでぼんやりとしか覚えてませんけど
だれでもあまり行きたい所ではありませんね

これは整体院に限らず、病院でも同じことです
できることならば健康でこういうところにお世話にならないのが一番です

私も軽口で「二度とこんなとこ来るんじゃねぇぞ・・・」(笑)
このセリフを口にすることがあります
私の仕事は「こんなところ」へ来なくていいようにすることです
でも私の力だけでは無理なんです
所詮私にできるのは痛みを軽減したり、硬くなった筋肉をほぐしたり
ゆがんだ骨格を矯正することだけなんです
もちろんそれすら満足にできないこともあります

もし楽になったところで未来永劫その状態が続く保障はありません
「一年間の無料保証つき」なんてやったら大変なことになるでしょう(笑

痛みがとれてホッとしている場合じゃありません
それからの生活習慣こそが
再び痛い目を見るか、痛むことなく楽しく過ごせるかの分かれ目になります
今だけよければいいのではありません
10年後、20年後のあなたのためにどうしたらいいか?
せめて10回痛くなるところを2~3回程度にとどめられたら・・・
よ~く 考えよう~♪ 身体は大事だよぅ~ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/13

CMソング

belle日ごろ無節操に色々な音楽を楽しんでいます
それを知った常連さんがCDの差し入れをしてくださることもあります
先日お借りしたアルバムは心が踊りました

Belle~カネボウ・ヒット・ソングス
化粧品キャンペーン・ソングの黄金時代である1975年から1988年までのカネボウのヒット・ソングを集めたものなんです
ジャケットは在りし日の夏目雅子さんとくればマニアでなくても一度は聞いてみたくなります

1.Oh!クッキーフェイス(ティナ・チャールズ)
2.Mr.サマータイム(サーカス)
3.君は薔薇より美しい(布施明)
4.唇よ,熱く君を語れ(渡辺真知子)
5.How many いい顔(郷ひろみ)
6.Rock’n Rouge(松田聖子)
7.君に,胸キュン。-浮気なヴァカンス-(YMO)
8.春咲小紅(矢野顕子)
9.君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。(中原めいこ)
10.吐息でネット(南野陽子)
11.すみれ September Love(一風堂)
12.赤道小町 ドキッ(山下久美子)
13.にくまれそうなNEWフェイス(吉川晃司)
14.キッスは目にして!(ヴィーナス)
15.ワインカラーのときめき(新井満)
16.星化粧ハレー(ハイ・ファイ・セット)
17.夢・恋・人。(藤村美樹)
18.きみはどこまで美しくなるのか。(因幡晃)
19.プリンセス TIFFA(白井貴子&CRAZY BOYS)
20.C-Girl(浅香唯)
21.Bonjour お目,目さん。(アラン・シャンフォー)
22.Oh!クッキーフェイス(夏目雅子)

今すぐでも歌えそうな曲がいくつも入っているのは嬉しいですね(笑
「あのころ」が蘇ってきますョ

因みにライバル会社の資生堂の
音椿~the greatest hits of SHISEIDO~白盤
も持っていますがこれもいいですよ~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/03/12

ピーク

大阪ではまたしても寒波が到来
つい先日まで最高気温が20度近く上がったのに
今度は0度近い最低気温

松田優作でなくとも「なんじゃ~こりゃぁ~」
と叫んでみたくなります(古いかなぁ)

この寒暖の差についていけなくて体調を崩す方が増えています
ウチの整体院では毎年3月は一番の繁忙期なんです
だいたい4月いっぱいまでがピークのようです

現状をみていると頚部の筋肉が異常に凝っている方が多いのです
それに伴い「首が回りにくい」「頭痛がする」「腕がしびれる」「顎から歯ぐきにかけて重い感じがする」などの症状を訴えるケースが出ています
毎年この季節になると同じような訴えを多く聞きます
三寒四温による急激な温度変化と頚筋群の拘縮とはなんらかの因果関係があるようです

「気をつけてくださいね」気安くこんな言葉をかけても
気温の変化は誰にもどうすることはできません
せめて衣服で調節することによって被害を最小限にとどめることしかできないとは思いますが
やらないよりはマシでしょうね

あっそうそう。。
背部を触っているとほとんどの方が胃腸の裏が硬くなっているようです
これらも自律神経との関連があるように思いますがどうなんでしょうか?(謎
こういうときに暴飲暴食をするのはある意味、自殺行為かもしれません
他のときにやってもいいというわけではありませんが
こういう時は特に気をつけたほうが無難だと思います


私の疲労がピークにならないようにしないと・・・
気をつけよう~っと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/11

好きな映画

最近暇がなくて随分と遠ざかっていますが
以前は映画をよく見ました
ほとんどビデオでの鑑賞でしたけど
ことに白黒時代の古い作品が好きでした
我が家にもいくつかのビデオコレクションがあります

定番のオードリー・ヘプバーンの作品もいくつか持っています
ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンのコンビと来れば監督はビリー・ワイルダー
大好きな「あなただけ今晩は」や「アパートの鍵貸します」のラブコメディーもお気に入りの作品です
そうそうジャック・レモンといえばウォルター・マッソーと共演の「おかしな二人」もよかったですね

あと私のビデオコレクションのなかでも大好きなのはポール・ニューマンの作品です
若いころの作品では「ハスラー」
ポール・ニューマン演じるところの「疾風のエディ」はなんともいえない刺々しい若者を演じていました
ライバルの「ミネソタ・ファッツ」役のジャッキー・グリーソンもカッコよかったです
後年トム・クルーズが主演した「ハスラー2」ではポールの渋い演技でしびれましたが
トム・クルーズと若き日のポール・ニューマンを比較してしまうとかなりガックリきました
勝手に代表作と思っている「スティング」や「明日に向かって撃て!」での渋い演技は私を魅了するに充分なものでした

ポールの作品で一番感動したのが学生時代に見た「評決」です
(あらすじはこちらをご覧ください)
作品中のセリフで「みんな小さい正義をしたいと思っている」というのには「うん!うん!」とうなずいてしまいました
あのセリフは今でも私の胸にしっかり刻み込まれています
いまさら大きな正義をできるとは思いませんが
毎日できる小さな正義なら何とかできるかもしれません

正直言って最近「いいなぁ」と素直に感動できる映画が少ないんです
お金をいっぱいかけて、派手に物を壊して・・・
猟奇的なものもチョッとねェ
役者のいい演技といい脚本・・・
シンプルな名作を観たいですね


いや~映画ってホントすばらしいですね(笑
サヨナラ・サヨナラ・サヨナラ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/03/10

きく

以前「みる」という言葉についてお話しましたが
私たちにとって「五感」というのは大事なことなんです

「きく」という言葉にも何種類かあります
「聞く」英語で言うと「hear」に当たるんでしょうか?
自然と耳に音が入ってくる状態と私なりに定義します

「聴く」これは英語で言うと「listen」に当たるのでしょうか?
自分の意思で耳を傾けるという定義ができそうです

これらの違いは「hear」が感覚動詞で「listen」行動動詞であることです
まあ、簡単に言うと「listen」の方が積極的・能動的で
「hear」は受動的な感じということなんでしょうか?

我々も「触診」のことを「リスニング」と言うこともあります

もうひとつ「訊く」というのがあります
「訊問」(尋問)という言葉を訊くと「取調べ」を思い浮かべます
「身体に訊く」といった表現がありますが
どうしても訊きださないといけないときもあります
いささか怖いイメージが付きまといますが
これも必要なことです

痛みを抱えている人にはいろいろな事情がある場合があります
時と場合によっては親身になってお話を聞いてあげることによって
問題の糸口が見えてくることもあります


「きく」・・・
これを使い分けることができたら施術も「効く」かもしれません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/09

七転び八起き

00000010
ウチの整体院の玄関口です
大きな観葉植物は開業時にいただいたものです
名前は忘れましたけど・・・(笑

冬場は中にしまっていますがそれ以外の季節は表に出しています
とういうのも寒いから・・・ではなく
風が吹き出すと自転車置き場のところで風が舞い
かなりきつい突風になってしまいます

風の強い日には窓の外を見ると
私より背の高いこの観葉植物がユラユラ回っていることがあります
「危ない!!」と思って慌てて外に出たらときすでに遅し
バーンと大きな音を立てて倒れてしまいます
それが一度や二度ではないんですョ

去年の冬、かなり風のきつい日に
またしても窓の外でユラユラゆれる姿が映っていたので
例によって外へ飛び出すとガッシャ~ン・・・
倒れただけではなくコロコロ転がっているではないですか
無残にも一番高いところの枝は全部折れてしまいました

しかし植物の生命力というのもすごいもので
一年で新芽から枝が大きく育ち
今のようになりました

まさに「七転び八起き」見習いたいですね

因みに私は七転八倒していますけど・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/08

骨量

二年前に体力測定を受けました
単なる健康診断だけでは面白くないので
(面白いから受けるっていう問題ではないんですが・・・)
二つがセットになったのを受けに行きました

おかげさまでほとんど異常らしい異常もなく
体力的にも平均値
しかも負荷心電図・負荷血圧の判定では20代並みとのお褒めの言葉までいただき
我ながら心臓に毛が生えているのでは?
と思いました

しっかし!!ひとつだけショックを受けたのが骨量検査でした
なんと出てきた結果が腰椎の骨密度が0.789g/平方㎝
同年代の平均値と比較しても79%という思いもよらない結果がでてきました

話の種に一度受けてやれ・・・
という軽い気持ちで受けたのですが
ガックリです(涙

四年前に他界した祖母が88歳のときに
蒲団から起きただけで大腿骨を骨折したのを思いだしました
「そんなんいや~~」(;´Д`A ```

もちろん検査終了後、医師からも、栄養士からも
骨量のご指摘を受けました
まずいわれるのは、ご承知のとおり
「カルシウムをとりましょう」
最近ではカルシウムだけではなく
マグネシウムなどのミネラルも必要であることが言われています

しかし大事なのは食事だけではなく運動や日光に当たることも大事なことだそうです
日光に当たることによってカルシウムの吸収の効果的です
いくらカルシウムを摂取しても吸収されなければ何の意味もありません

そして運動・・・
カルシウムという材料だけでは骨はできません
骨芽細胞といって骨を作る細胞が活発に活動しなければ骨は作られません
この骨芽細胞を活発にさせるためには運動によって負荷を与えなければなりません

私が子供のころアポロ計画で人類がはじめて月に降り立ちました
ところがヒーローであるはずの宇宙飛行士たちは
地球に帰ってきても自分の足で歩くことすらできず
担がれてようやく歩けたような映像が印象的でした
これは無重力状態で骨芽細胞の働きが鈍り
骨がスカスカになっていたのが真相だそうです

私もこれ以上骨がスカスカになるのはイヤです
もちろん骨粗鬆症は整体で治るわけもありません

食べるものを食べて・・・
運動して・・・
筋肉も骨も丈夫にしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/07

ローテーターカフ

いきなり聞きなれないタイトルですみませんm( __ __ )m
「ローテーターカフ」とは肩板といって肩甲骨から上腕骨に付着する
肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋の総称です

これらの筋肉が何をするかといえば
腕を安定して使えるようにするために働く「縁の下の力持ち」のような存在なんです
肩関節はお椀の中にボールを入れたような形になっています
それも腕を大きく動かすために
そのはまりは小さくなっています
しかしこのままだとスポンと抜けてしまいます
これじゃあ危なっかしいのでこれらの筋肉で肩関節を固定しています
最近では「インナーマッスル」とかいってTVなどでも紹介されていますね

難しい説明はこれぐらいにして
ぢゃ それがいったいなんなんだ?
というとこれらの筋肉が元になって、いや~な症状が引き起こされます
それは「五十肩」
これらの筋肉が老化現象などで縮むと
肩関節の隙間が減ってしまいます
その結果、摩擦が生じ肩関節周辺に炎症がおきます
その段階で痛みがなければ当然普通に動かせるんですが
炎症が段々ひどくなっていくと
ある日突然「あいたたた・・・」となるわけです

気がつかないけど悪くなっている状態
これは30代から40代にその兆候がでている方が多いようです
当たり前ですけど、痛くないので気がついていないのです
でも肩甲骨の上を押さえてみるとすでに硬くなっていて
押してみると痛みが出ているんです
触らなければわからないけど、触ったら痛い
こんな感じなんです
でも実際に激しい痛みが出るのは何十年も先のはなし

一度自分で肩甲骨をギューッと押さえてみたらわかります
場所は肩甲骨の内端を探ってみてください

手がそこまでまわらない方・・・
危ないかもしれません (;´Д`A ```

なかなか鍛えることも難しい筋肉なので
これといった有効策もありません
せめてストレッチで伸ばしてあげるのがよろしいかと・・・
ストレッチの方法はこちらをご覧ください
rotator

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/03/06

マイPC

00000007
いつもこれでこのブログを書き込んでいます
私の友人の作品を譲り受けました
スペックは・・・忘れました(笑
以前は「Me」を使ってましたが
よくフリーズしてイライラすることも多かったのですが
このPCでXPをOSで使うようになってから快適です
もうすぐ使い始めて一年になりますが
これからもお世話になります

キューブ型というのが可愛いでしょ?(笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/03/05

Yesterday

どちらかというと冬場はしっとり落ち着いた曲を好んで聴きます
でも春一番がふくと重いコートを脱ぎたくなります
(好きでしたキャンディーズ・・・笑)
軽やかでしかも勇壮で・・・
そんなアルバムを聴いてみたくなります

東京ポップスオーケストラ「Yesterday」
ご存知、服部克久の率いるオーケストラがおなじみのビートルズナンバーを演奏しています
誰しも自分の知っている曲が流れてくるとつい嬉しくなってしまいます
豪華なビートルズナンバーをお楽しみください
yesterday

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/04

ピッチャー交代

プロ野球もキャンプが終わりオープン戦にはいりました
去年の騒動で少し嫌気が差したプロ野球ではありますが
やはりほんの少し気になります・・・ホンの少しだけですよ(笑

先発投手が6~7イニングぐらい投げると相当疲れてきます
それまでピシャリと抑えていた投手が相手打線に捕まりだすと
決まって解説者はこういいます
「どうやら疲れてきたようですね 肘が下がってますよ」
いったい肘が下がるってどういうことなんでしょうか?

「肘が下がる」というのは
オーバースローの投手が文字通り肘の位置が下がるわけなんですが
この肘を下げているのが広背筋という筋肉の仕業なんです
広背筋という筋肉は背骨の下半分から
(腸骨稜後面、仙骨背面、および第6胸椎から第5腰椎にかけての棘突起)
上腕骨(上腕骨小結節稜)にかけて付着している
まさに広い背筋なのです
kouhaikin
上げた腕を下に向かって力いっぱい振り下ろすときに
大胸筋とともに活躍してくれるのですが
いかんせん疲れてくると筋肉というのは伸びなくなってしまいます
そうなるとどうしても腕の位置が下がってしまうのです

肘の位置が下がってくるとどうしても球がシュート回転になり
外角いっぱいに投げた球が真ん中に寄ってくるのです
疲れた広背筋や大胸筋では力強く腕を振り下ろすこともできません
ましてや微妙なバランスで成り立っているプロの投手
これがフォームのバランスを崩すと当然球速も落ちてしまいます

というわけで「ピッチャー交代!!」とあいなります


でもテレビで野球を見ている私たちも肘が下がっているかもしれませんよ
腕がきちんと上がっていないと「五十肩」の前兆かもしれません
そう・・・五十肩で腕が上がらないのも広背筋や大胸筋が原因となっている場合も多いのです

ピッチャーなら交代したらそれでゲームは続けられますが
自分の筋肉は交換できません
もし腕を上げてみて「あれれ??」と思ったら
毎日のストレッチで予防できるかもしれませんよ

ひいきのチームが勝っても負けても。。バンザーイ

(痛みが出るようなら止めておいてください)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/03/03

水槽

00000003
前にもご紹介しましたがウチにある水槽です
前は画像が小さかったので不鮮明でしたが
新兵器(デジカメ)の登場で改めてご紹介します
00000005
泳いでいるのが「アカヒレ」です
中国産のこの魚は比較的寒さに強く
冬場ヒーターがなくても問題ありません
そういう意味では「熱帯魚」ではないかもしれません
ライトが当たって赤茶けたゴールドに光る胴体は
地味ながら柔らかい美しさがあります
安くて丈夫なのがこれまたありがたいんです(笑
00000006
9年かけて流木についた「アヌビアスナナ」とミズゴケの「ウィローモス」です
アヌビアスナナはサトイモ科の植物で
たまに咲く白い花は皮を剥いたバナナのような形をしています

ここには写っていませんが水槽の掃除をしてくれる立役者が「イシマキガイ」です
ガラス表面の苔をきれいに食べてくれるので
水替え以外はメンテナンスフリーなんです(感謝

今後の予定はビーシュリンプという体長1~2cmの小さなエビを入れてみようかと考えています

ムフッ 夢が広がる30cm水槽です


| | コメント (2) | トラックバック (0)

理論と実践

「子の曰わく、学んで思わざれば則ち罔(くら)し。思うて学ばざれば則ち殆(あや)うし。」
論語にある言葉です
勉強しても自分で考えなければ物事ははっきりしない
自分で考えるだけで人から学ばなければ独断に陥りやすい
・・・というようなことらしいです

我々も最初はいろんなことを教わります
でもそれだけではいい仕事はできません
のたうちまわって施術をするあいだに
悩んで、考えて、また勉強して・・・
この繰り返しのうちにいろいろなことが身についてきます

私の師匠も「一生勉強だ」・・・これが口癖です
・・・ですよね
以前は漠然と納得していたのですが
今頃になって具体的に納得できるようになりました

知識を得たい
この気持ちはあります
しかし知識だけでは使い物にならないこともようやくわかるようになってきました
知識というのは我々にとってツール(道具)です
それを吸収して引き出しの中に入れておいて
どの場面でどのツールを使うかの判断力が決め手になります

判断力・・・
これは実践して失敗して・・・
(ごめんなさい失敗したら)
また考えて・・・
この繰り返しでしか身につかないのでしょう

上手くなりたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/02

一月は行く。二月は逃げる。三月は去る
気がついたら3月なんですよ・・・もう
まだまだ寒い日が続きますが
もうすぐ春ですね・・・こんな歌がありましたね

せめて音楽で春を感じたいものです
こんなときはこれ
「ヴィヴァルディ」The Four Seasons
このアルバムも100均で買いました
私のような初心者には嬉しいですね


和声と創意の試み《四季》 Op.8より01
  ~第1番 ホ長調「春」より
第一楽章・第二楽章・第三楽章

和声と創意の試み《四季》 Op.8より
  ~第2番 ト短調「夏」より 
第一楽章・第二楽章・第三楽章

和声と創意の試み《四季》 Op.8より
  ~第3番 ヘ長調「秋」より 
第一楽章・第二楽章・第三楽章

和声と創意の試み《四季》 Op.8より
  ~第4番 ヘ短調「冬」より
第一楽章・第二楽章・第三楽章

合奏協奏曲集《調和の霊感》 イ短調 Op.3-8より
第一楽章・第二楽章・第三楽章

ファゴット協奏曲 イ短調 RV.497より
第一楽章・第二楽章・第三楽章

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/01

月が出た

月が出た出たぁ~月がぁ出たぁ~ ヨイヨイ♪

昼まっから酔っているわけではありません(笑
どこに出てるんだって?
解剖学の本には月がいっぱい出てるんです

肉月(にくづき)といって肉や体をを表す漢字の部首です
脳・肺・腸・腹・腰などなどいっぱいあります
その他にも胃・背・肩・骨・筋・・・
数え上げたらキリがありません

「月」という字は「肉」という字が簡略化されたそうですが
月と人体の関係は密接なものがあるようですね
月経や皮膚の周期も月と同様28日だそうです

こんなにいっぱい出てくるのでェ~
お月さんさぞさぞ照れくさかろ~ サノヨイヨイ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »