« Gala de Caras | トップページ | 焦らず治そう・・・骨折 »

2005/02/10

風邪と抗生物質

去年の秋口のお話ですが・・・
うかつにも風邪気味になり咳が止まらなくなって病院に行きました
そこでは「ハイ!薬を出しときますのでこれでしっかりと治してください」といわれました
しかし薬に対する説明はなし・・・
最近は薬をネットで調べることができるんですよね
お薬110番・病院の薬がよくわかる
調べてみるとありました、ありました
抗生物質が・・・
近頃では風邪で抗生物質を出すところも少なくなっているらしいですね
でも何の説明もなしに抗生物質を出されてしまうと不信感が募ります

抗生物質というのは細菌性の感染症の予防には効果はあるらしいですが
ウィルスが原因の風邪には効果はないといわれています
(詳しいことはこちらをごらんください)

ところがまた別の病院に行ったときには抗生物質は出されませんでした
ちょうどいい機会と思い抗生物質のことを尋ねてみました
するとその先生いわく
「風邪の治療に必要でないものは出さない」ととのことでした
「抗生物質を出した方が儲かるんだけど・・・」
と笑いながらおっしゃいました

事実前の病院では4日分の薬をだしてもらって3000円近く請求されたのに対して
抗生物質を出さなかった病院では5日分のお薬で1600円程度でした
もちろん抗生物質だけのことではないとは思いますが
倍近く医療費がかかることから見ても色々考えてしまいます
素人の私があれこれ詮索するのはよくないかもしれませんが
この現実を見ても穿ったものの見方をしてしまいます

もちろん抗生物質がダメというわけではなく
小児や老人など免疫力があまりない患者に対し
肺炎などの合併症を予防する為には必要だそうです

一患者の立場からみて闇雲に薬を出されるのは嫌なものです
「インフォームド・コンセンド」・・・
きちっと説明があれば納得できるのですが・・・


そうそう余談ですが
その先生は「抗生物質の責任は我々医者だけではなく
養殖した動物に対しても抗生物質を与えていることにも問題がある」
といわれてました

・・・そうか我々は日常抗生物質を投与された食品を食べているんですね
怖いことです

|

« Gala de Caras | トップページ | 焦らず治そう・・・骨折 »

コメント

だから院内感染が後を絶たないんですよね、乱用で。
抗生物質漬けの養殖魚(はまちやふぐ)、は切り身にすればわかりませんもんね。
背骨の曲がった魚などは当たり前みたいです。
養豚もそうですし。
キリがありません。
あぁ、人間って、人間って、
ららら~らららら~ら~です。

投稿: コングBA | 2005/02/10 22:38

食べるものには何らかの細菌がいて当たり前なんですね
そのリスクを回避する為に抗生物質を使っているのでしょう

農薬も然りです
曲がったきゅうりでさえ買わない消費者の責任かもしれませんけど・・・
そのうちにキャベツ買ったら青虫がついていたというのが新聞記事になるのではないかと心配です


> ららら~らららら~ら~です。
これって「勝手にシンドバット」ですか?(爆

投稿: ひろ | 2005/02/11 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪と抗生物質:

« Gala de Caras | トップページ | 焦らず治そう・・・骨折 »