« なんか違うような気が・・・・ | トップページ | 利き手 »

2004/11/28

ぎっくり腰の予防

いつもご質問のメールありがとうございます
時間と私の知識の及ぶ限りお答えしているつもりですけど
朝晩の冷え込みのきつい時期になって一番多いのが
ぎっくり腰に対するお問い合わせです

ここでもぎっくり腰については何度かお話していますが
「どうやったらぎっくり腰にならないですむか?」「ぎっくり腰の治し方を教えて欲しい」
というのが圧倒的に多いようです
ぎっくり腰の治し方については人それぞれ傷めた場所や原因、あるいは程度が違ったり
その方の体力や年齢によって治療法も異なりますし
正直言ってメールでお答えするのはかなり難しいです
温めて楽になるのであれば、温めた方がいいし
冷やして楽になるのであれば、冷やした方がいいと思います
聞きようによってはいい加減な答え方に聞こえるかもしれませんが
炎症をおこして熱を持っている場合は冷やすのが原則で
冷えからくる筋肉の拘縮から来る場合は温めた方が血液の流れがよくなり楽になります

よく冷シップと温シップのどちらがいいかと尋ねられますが
冷シップも温シップも常温であることにはかわりありません
冷やすなら氷で冷やす方が効果的ですし
温めるなら蒸しタオルや薬局で売っているホットパックなどを使用してもいいし
お風呂にゆっくりつかって下半身中心に温めるのもいいでしょう
(シップ薬についてお調べになりたい方はこちらをご覧ください)

ただ動けない程度に痛む場合はじっと動かずに安静にしているのが一番です
そしてある程度動けるようになってからそれぞれの治療を受けに行かれることをお勧めします


しかし一番いいのはぎっくり腰にならないことです
ぎっくり腰になる前には前兆があります
腰を動かしたときにいつもなら感じないハリがあったり
足腰が冷えたりします
「そんなことはいつも感じているぞ!」
という方がおられたら早い目にどこかで見てもらったほうがいいですよ
そのままほっておくと大変なことになりますよ
・・・・ってどこかのTV番組みたいですが(笑

特に午前中が要注意です
朝起きたときの体はかなり硬くなって自分で想像しているより
筋肉は硬直しています
こんなときに不用意に体を動かすと、(=◇=;) ギクッっとくるものです
できれば毎朝ラジオ体操のようなものをしていればある程度防ぐことも可能です

もし「危ないな!」と思ったら
朝昼問わず風呂に入って体を温めるのもひとつの方法です
(湯冷めしたら元も子もありませんが)
使い捨てカイロを腰に貼っておくのもいいかもしれません

疲れのたまった体はどこで何が起きるかわかりません
充分睡眠をとって疲れを貯めないのも大事な予防法です


なにかと忙しい年末
体に対する意識も薄れがちですが
毎日のちょっとした注意で防ぐことができるならばやってみる価値はありそうです

|

« なんか違うような気が・・・・ | トップページ | 利き手 »

コメント

コメントありがとうございます(^○^)
僕も何年か前にぎっくり腰やりました(^^;
今は筋肉トレーニングでかなり楽になりました!
寒い日はでもやはりイマイチ調子悪いですね
毎日のお風呂でストレッチして体を伸ばしています。

投稿: mahalo | 2004/12/02 12:22

こんにちは
寒くなると全身の筋肉が縮こまって
いつぎっくり腰をやってしまうかコワイですね
私もお風呂でのストレッチをやってます
なんとかこれで予防したいものです

投稿: ひろ | 2004/12/02 12:44

いっつも同じ所が痛むのですが、整骨という治療はでうでしょうか?

投稿: 北島マヤ | 2004/12/26 12:15

「整骨という治療」というのは整骨院のことなんでしょうか?

整骨院も整体院も結局はその方の腕次第だと思っています

いつも同じところが痛むのは皆さん同じのようです

できればお近くの評判のいいところで見てもらったほうがいいかもしれませんね
慢性の場合はそのままにしてても症状が重くなる可能性が高いのでお気をつけください

投稿: ひろ | 2004/12/26 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/2091433

この記事へのトラックバック一覧です: ぎっくり腰の予防:

» 冬の冷え対策(^○^) [mahalo's room]
冬の対策・・第二弾です(^○^)寒いと体にいろんな不調が出てきます。それが風邪の [続きを読む]

受信: 2004/12/02 09:41

« なんか違うような気が・・・・ | トップページ | 利き手 »