2018/09/21

脳はなぜ「心」を作ったのか

51vklfsmgol_sx341_bo1204203200_
脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 前野隆司

「心」とは何か?
「意識」とは何か?
「無意識」とは何か?

脳の活動は少しずつ解明しつつあるものの
まだまだ未知の部分が多いことは確かなようです

例えば手を揚げるという動作一つをとっても
どの筋肉とどの筋肉を収縮させて挙上するかという
具体的なメカニクスに関して意識して手を挙げる人はいません
漠然と手を揚げるというイメージは意識していますが
肝心なメカニクスに関しては意識は及びません
ましてや手を動かすことによって心拍数が上がるとか
付随した活動になれば無意識によって行われるのがフツウでしょう

ならばそこで我々が抱く「意識」とは一体どういう意義があるのでしょう
人間の体内での活動の多くは「無意識」で行われています

本書は「意識」と「無意識」
そして意識の主体としての「私」という存在など
わかっているようでわかっていなかった疑問に斬新な解説で答えてくれた本です

本書のハイライトは何と言っても「受動意識仮説」
人の行動は無意識が主体的に行われ
意識が決定していると思っているのは勘違いだという考え方です
我々が持ち合わせている常識というやつからすると合点のいかない仮説です

我々が普段している意思決定というのは無意識が行ったものを
「私」が「意識」して行ったと誤解しているだけ
それなら意識に何の意義があるんだ?
そんな疑問を持たない方がおかしいでしょう

ところが筆者はエピソード記憶をするための主体として意識があるという説明になります
おそらく筆者自身が自説を地動説になぞらえて表現されること自体
現在では少数説であることが薄々わかってきます
それでもいずれ天動説から地動説が常識となったように
変わりうるものだと信じておられるようです

最初は疑問に感じた仮説ではありますが
言われてみれば行動してから考えているときも少なくなく
実験でも「無意識」下の運動準備電位が生じた時刻が「意識」が「意図」した時刻よりも0・35秒早く
実際に指が動いたのは「意図」した時刻の0.2秒後だったと言います
さすがに意図した時刻より遅れて指が動いたのですが
動かすための準備は意図する前に始まっていたというのは驚くべきことです

往々にして実験というものは条件が変われば
結果も変わることもあり得ますので
全部鵜呑みにすることはできませんが
そういう事実があり
自分自身にもそういう経験があるということは否定できません

数え切れないほどの無意識の身体活動の中で
主体だと勘違いしながら自らの行動を追認している「私」
それでもなお「私」の「意識」で身体活動をコントロールすることも当然可能であって
全てが全て「無意志」が主体的に活動しているわけではありません

本書を読んで「意識」と「無意識」と「記憶」と「心」の関係は
ずいぶん整理されとてもわかりやすかったと思います

受動意識仮説というものに納得できる部分もあり
逆に同意できない場面も考えられ
別のところで疑問が生じました

とても大切面白い本です
真実かどうかはわかりませんが…

| | コメント (0)

2018/09/20

市バス

Img_20180914_160532

市バスに乗ったのは何年振りでしょうか?
たぶん子供が小さかったころなんで
20年近く前のことだったと記憶しています

今では「市バス」とは言わず「大阪シティバス」というんだそうです
地下鉄と一緒に民営化されたんですね

私が20歳の時に地下鉄がついて
それまで唯一ともいえる交通手段だったバスに乗ることもなくなりました
隣がバス停だったのも今は昔

まさか喜連からなんばまでバスが出ているとは知りませんでした
父親が入院している病院まで30分
自転車とさほど変わりありませんが
雨の日には助かります

久しぶりに乗るとワクワクします

| | コメント (0)

2018/09/19

稲穂

Img_20180914_155411

頭の中に暑い暑い夏の残像があります
それでも実った稲を見ているとやっと秋を確信できたような気がします

猛暑のあとには激しい台風
次々の脅威にさらされてきましたが
力強く伸びた稲穂に実る米

ちょっと嬉しくなりました

| | コメント (0)

2018/09/18

10年先の自分を作る

31cda9yx3l_sx342_bo1204203200_
「10年先の自分」をつくる 工藤公康

著者は現ソフトバンクホークス監督工藤公康
寿命の短いプロ野球の世界で実働29年
200勝を超える活躍は記憶に新しいところです

素質に恵まれたという点においては
プロ野球に入ってくる選手は皆そうなんですが
わずかな年数でクビになる選手もいれば
筆者のように40歳を超えても一線で活躍する選手もいるわけです

その違いはどこにあるのか?
そこが最も興味のあるところでした
厳しい練習をしたから…
そう言ってしまえばそれまでなんですが
むしろ厳しい練習に至るまでの考え方や取り組み方にその本質があるようです

これはプロ野球のみならず
一般社会においても秀でた働きをする人は
その素質もさることながら考え方がフツウの人とは違います

自己啓発のビジネス書にもありがちな内容かもしれませんが
そこは多くの人に知られる実績を残した人ですから
具体的なエピソードに裏付けされた説得力が本書の強みかもしれません

| | コメント (0)

2018/09/17

フウセンカヅラ

Dscn0550

ようやく窓のゴーヤを取り除きました
緑の間はきれいでいいんですが枯れて茶色になると
あまり見栄えのいいものではありません

もう一つの窓のところに植えたフウセンカヅラはまだまだ青々としています
たくさんの小さな白い花をつけていたのが
いつの間にか風船のようになり種を育みます

Dscn0552

種を収穫しました
来年もグリーンカーテンが楽しめそうです

| | コメント (0)

2018/09/16

DELICIOUS

Photo
DELICIOUS JUJU

なんか大人の歌って感じがして
以前からJUJUのアルバムが欲しいと思ってたんですが
魅力的なアルバムがたくさんあるので迷いました

でも結局知っている曲が多いので「DELICIOUS」を選びました
誰でも知ってるジャズのスタンダードナンバーですから馴染みがあります
力のあるボーカリストはこういうのを歌うと
その実力がしっかりわかります

ちょいちょいアイドル崩れの歌手が
年をとったからジャズを歌う人もいますが
あれは聞けたものではありません
若さだけでおこちゃま向けの歌を歌うからこそ値打ちがあったのに
奥行きなしでスタンダードを歌おうってそれはちょっと違いますよ

JUJUは元々ジャズシンガーを目指して今があるわけですから
聞いていても落ち着いて楽しめるアルバムに仕上がっています

ライブも見てみたいなぁ

| | コメント (0)

2018/09/15

ジェノバソースで食べる鯛のバターソテー

Dscn0453

バジルが育ってきたのでジェノバソースに初挑戦
松の実が手に入らなかったのでクルミで代用しました

塩を振った鯛をバターソテーにして
ジェノバソースをたっぷり
トマトを添えていただきました

| | コメント (0)

2018/09/14

選択を支えるもの

Tj
月刊トレーニングジャーナル10月号

今月の特集は「選択を支えるもの」
スポーツに限られたことではありませんが
様々な局面で選択を強いられます

正しい選択をしたいと願うのですが
事後的に不正解だったりすることも少なくありません
決してそれが悪いこととは限りませんが
同じことを繰り返しているうちは進歩は望めません

どこかで場面場面の基準を設けることにより
過去の失敗が活かされることもあるようです
客観的な指標を設けたうえでそれをたたき台にして判断することも可能なようです

得てして基準があれば必ずそれに従わなければいけないような捉え方をする人もいますが
これはあくまで過去にあった出来事から抽出したものであり
毎回条件が同じということもあり得ませんので
最終的判断はその時の状況・条件によってくだされるものだそうです
マニュアル的なものであっては思考停止に陥るだけで
フレキシブルな対応が肝要です

Img087

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今月のテーマは「鯔背」
先ずこれを読めるかが問題です
私は読めませんでした

今回は日本人の美意識について考えてみました

| | コメント (0)

2018/09/13

墓参り

1536783328741.jpg
朝の5時を過ぎたところです
4時に目覚めたので
思いたって墓参りに来たのはいいけれど
まだまだ真っ暗です

とりあえず時間つぶしにブログを更新しています

| | コメント (0)

2018/09/12

入れ替わり

Dscn0543

ニンジン

Dscn0544

小松菜

Dscn0545

青梗菜

秋の野菜が次々に発芽しますので
これからが楽しい時期です

昨日はホウレンソウと水菜の種を蒔きました

| | コメント (0)

«過剰