2021/01/26

ASTR

51ln9biz3yl_sx354_bo1204203200_

痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR 松本不二生 沓脱正計

手技療法の本を買うのは久しぶりです

前は引き出しを作るためにいろいろ読んでたんですが

しっくりくるものに出会う機会が減ってきたのであまり読んでいませんでした

 

実は買ったのはずいぶん前なんですが

読むべき本がたくさんあったので送られてきたままの状態で塩漬けになっていて

封を開けるまで何を買ったのかさえ忘れてました

 

まず本を見て驚いたのは共同著者の沓脱さんは

以前月刊トレーニングジャーナルで執筆されていて

初めての骨折」というタイトルで単行本も出されていました

どこかで聞いたことのあるお名前だと思ったら

同じ本で連載されていたというご縁がありました

 

肝心のASTRという手技なんですが

オステオパシーの技法とも親和性があり

筋膜リリースとストレッチを組み合わせたようなもので

起始停止と作用がわかっていたらできそうな技法です

もっともカウンターストレインでもMETでもそうですが

臨床で実際に使ってみて熟達しないと使い物にはなりませんので

ひと通り本を読んだだけではちゃんと使えないだろうと予測します

 

機会があったら積極的に使ってみて

効果のほどを確かめてみたいものです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/01/25

仙結節靱帯

Photo_20210123102701

(画像:骨盤と仙腸関節の機能解剖)

靱帯という組織は骨と骨とを結びつけ関節を形成するのに必要なコラーゲン線維です

筋肉と違うのは伸縮性が乏しいので関節の安定性を確保します

世間では「靱帯」といえば前十字靭帯の損傷や肘にある内側側副靱帯の損傷など

スポーツ選手のケガでよく耳にします

頑丈な靱帯組織でも継続的に強い力がかかったり

変な姿勢から強い力が加わると断裂をします

一般の方が経験されるのは前腓骨靱帯の損傷すなわち捻挫でしょうね

 

前置きが長くなりましたが今日のテーマは仙結節靱帯

上の図のように仙骨から座骨結節まで走行します

実はこの靱帯には重要な筋肉の付着部が重なります

大腿二頭筋や大殿筋や梨状筋、多裂筋・脊柱起立筋と

腰痛関連の重要な筋肉を結び付ける靱帯となっています

 

筋膜の連続性という概念がありますが

厳密に言えば筋膜を介してだけではなく

こういった靱帯も連続性の中にあります

 

腰痛に対するアプローチで腰よりも

先ほど挙げた筋肉の弛緩を図るのは

こういった筋肉のほとんど全部が結束して

腰痛を作り出しているからです

むしろ腰痛という一つの現象よりも

全体としてこういった筋肉のほとんどが緊張していることが問題であって

そういう状態の影の立役者が仙結節靱帯であるからです

 

だから直接仙結節靱帯にアプローチをかけることはありませんが

いつも考えの中には中心的存在としてマークしています

 

もちろん平常時は仙腸関節を安定させる大きな役割があるわけでして

これらの筋肉の緊張は仙結節靱帯の緊張にもつながるという研究もありました

普段目立つことはありませんが重要な組織の一つであることは間違いありません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/01/24

ドヴォルザーク チェロ協奏曲

81unnmwd7sl_ac_sl1425_

ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ジャクリーヌ・デュ・プレ

病気のため20代で演奏ができなくなった不運の天才チェリスト

ジャクリーヌ・デュ・プレの名演のアルバム

初めて聞いたときの印象は「とても豊か」

何がどう豊かなのかは私自身よくわかりませんが

気持ちがこもった演奏ってこんな感じかなと思いました

一日中でも聞いていられます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/01/23

モヤシのお好み焼き

Dsc_0008-2

去年からYoutube動画でレシピを見つけることが多かったのですが

簡単レシピを見つけたのでさっそく作ってみました

 

モヤシ一袋に塩コショーをして

小麦粉大さじ2杯を絡めて

玉子2個と混ぜ合わせます

 

あとはフライパンで焼くだけ

表裏合わせて5~6分

焼きあがったらお皿に移し

とんかつソース・マヨネーズ・カツオ節・青のりで仕上げて完成

 

すごくライト感覚でシャキシャキ感が楽しめました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2021/01/22

日本武道の武術性とは何か

51v27u4bbql_sx342_bo1204203200_

日本武道の武術性とは何か 志々田文明 大保木輝雄

アタックネットにブックレビューが掲載されました

こちらをご覧くださいませ

 

今の時代において武道の有する価値とはいったい何なんでしょう?

戦乱の時代に生まれて人を傷つけることが目的だった時代と違い

その存在価値の変遷が描かれた本です

 

戦乱の世の中にあって最も必要とされたスキルさえも

平和な時代になると不要になりそして暴力としてみられると

害悪にさえなりかねなかった武道

 

高い精神性を目指したからこそ平時でも受け入れられ

新たな輝きを放った武道ではありますが

ことさらに精神性ばかりを追いかけると

おろそかになるのが武術性

このジレンマを乗り越え武芸・武術としてのスキルと

高い精神性のバランスをとることで今の時代に受け継がれています

 

時代の特性に寄せていくことの必要性と

変化をいとわない臨機応変さが時代を超えて

存続できる要素であることを学びました

むかしと変わらないことが伝統ではなく

時代に必要なものとなることで変化しながら受け継がれてこそ伝統

消え去ったものが伝統を語ることはできません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/01/21

これでフツウ

11月ごろに見た長期予報では12月・1月は寒くなるといってました

12月上旬はそこそこ暖かく予報が外れたのかと思いきや

後半から一気に冷え込みました

コロナウィルスの感染者も増えまたヒマになると思っていたら

後半だけすごく忙しくなりました

 

考えてみれば前半が暖かかった分だけ

寒さが骨身に染みるわけです

腰痛を訴える人が一気に増加

1月に入っても寒い日が続いたのですが

ここにきて暖かいときと寒いときが交互に来るような感じになっています

寒いのも続けば次第に慣れてくるのですが

4~5日周期で気温が上がったり下がったりというのは

一番こたえるパターンです

三寒四温に入るにはひと月ほど早いです

 

「今年は異常に寒いですね」という声を聞きますが

これでフツウの1月の寒さだと思います

昨日が大寒ですから一年で最も寒い時期です

 

明日くらいから気温が上がって雨模様

ちょっと危険な週末になりそうです

どうぞご用心を

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/01/20

カードリーダー

Dsc_0045

カードリーダーを買いました

今年はe-taxに切り替えます

人であふれかえる税務署に行かなくてすみます

ちゃんと確定申告できるか不安はありますが

やり方を覚えれば楽ができそうです

 

「ムショ帰りネタ」ができなくなるのが残念です

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/01/19

一周まわって

Dsc_0036_20210116092601

不織布のマスクを買いました

実に2年ぶりのことです

コロナのコの字も聞かない一昨年

ダイソーで30枚100円のマスクを大量に購入

今から考えれば破格の安さでした

おかげで去年マスクが不足したときも

何の心配もありませんでした

 

そのうちに妹が手作りのマスクを送ってくれたのでしばらくそれを使ってました

夏になり涼しさを求めてユニクロのマスクを使ってましたが

サイズが小さかったこともあってあまり快適ではありませんでした

その後ウレタンのマスクを購入するも型崩れしてきたら

鼻の穴をふさぐようになり呼吸困難になることもありました

 

結局いろいろ使ってみましたがダイソーで買った不織布のマスクに戻ってきました

使ってみればこれが一番心地よく

ノーズワイヤーが入っているのでメガネも曇りにくいのが決め手になり

一周まわって元のマスクに戻ってきました

 

この間甥っ子が来た時にマスクが欲しいというのでひと箱渡しました

先々のことを考えてマスクを買っておいた方がいいと考えマスクを物色したのですが

意外にノーズワイヤーが入った不織布マスクは少なく

ネットで見つけたマスクを二箱購入しました

 

コロナウィルスの騒動が始まってもうすぐ1年になろうとしています

納まるどころか状況が芳しくない中

まだまだマスクを使い続ける日々が続きそうです

マスクを着用せず堂々と外出できる日が一日も早く来ることを願うばかりです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/01/18

「特異性」について考える

Tj202102

月刊トレーニングジャーナル2月号

今月の特集は「『特異性』について考える」

競技によって身体の使い方が変わります

ポジションによっても必要とされる運動が変わります

個々の選手によって体格や身体能力や課題も変わります

これだけ考えただけでも同じトレーニングだけではいけないのはわかります

 

トレーニングの効率化を図るには

このような特異性を理解し

どのようなトレーニングが当てはまるかが考えられています

 

あるスポーツの有名なチームの練習時間がすごく短いと聞いたことがあります

それはあくまでチームとしての全体練習だそうで

あとは個々の選手の課題が明確になっていて

各自で行うのだそうです

もちろんチームとして特異性を明らかにしたうえでのことですので

選手任せというのとは違うそうです

 

トップクラスのチームではシステムとして

特異性を理解した上でのトレーニングが行われているようです

 

 

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』

今月のテーマは「歩く足には棒あたる」

「犬も歩けば棒に当たる」と似た言葉ではありますが

意味は真逆だったりします

積極的に行動すれば悪いこともあるかもしれないがいいこともあるかもしれないという意味だそうです

 

今回は「運」について考えてみました

運のいい人悪い人

必ずしも偶然の産物とはいけないみたいです

幸運を手にするには法則性があるみたいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/01/17

Paganini: Violin Concertos Nos. 1 And 2

71t4hjtnwal_ss500_

Paganini: Violin Concertos Nos. 1 And 2 イリヤ・カラー

不勉強で申し訳ないのですがペガニーニの名前さえ知らなかったのですが

曲を聞いてみると知っているのがいくつかありました

音楽って案外そんなものかもしれません

名を残すより作品を残す方が音楽家冥利に尽きるかもしれません

 

Wikipediaで調べてみるとペガニーニは

相当金に汚かったようです

天は二物を与えずといいますが

金に汚いドケチでも作品の優雅さは天下一

「褒めるより金をくれ」と言われそうですが

けっこうはまってます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

«ほうれん草と豚肉のバターソテー