2020/06/07

ショパン ワルツ集

41whcue9sl_ac_

ショパン ワルツ集 ディヌ・リパッティ

ピアニストの吉山先生からの推薦で購入しました

聴いてはいますが、知識がないもんで

専門家のアドバイスは実にありがたいものです

 

アシュケナージのワルツもすごく良かったですが

リパッティのはまず感じたのは華麗さです

テクニック的なものがあるんでしょうが

高等技術に縁のない私にだってリパッティの精密な演奏は珠玉の音楽って感じがします

やっぱりピアニストが変わるとこんなにも違うものかと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2020/06/06

カツオのたたき丼

Img_20200503_170429

ベランダの三つ葉や大葉が育ってきました

せっかくだから有効利用します

 

カツオのたたきで丼にします

今回はタレを自分で作りました

醤油・砂糖・レモン汁・酢・ごま油に

すり下ろしたニンニクを入れました

 

三つ葉をたっぷり敷いてから

タレを絡めたカツオをのせていきます

もう一度上からたれをかけてゴマを振り

刻んだ大葉をあしらって完成

 

自作のタレもなかなか美味しいものです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (2)

2020/06/05

人がいっぱい

Img_20200604_115156

久しぶりに区役所に行ってきました

父親のマイナンバーカードの更新の通知がきたのですが

オンラインで済ませようと思ったら申請用のIDナンバーが記載されてなくて

あまり行きたくはなかったんですが出かけて直接手続きを済ませてきました

 

元々待ち時間が長いのは嫌いなんですけど

コロナ騒動で人の多いところをは避けてきたもんだから

余計に気が重かったです

 

それにしても区役所だけではなく

人の多いところで働いておられる方もいっぱいおられるわけです

またそういった方々のおかげで生活が回っているのは忘れてはいけません

普段は当たり前と思っていてもこんなときだからこそ

感謝の気持ちを忘れてはいけませんね

 

| | コメント (0)

2020/06/04

回る

コロナウィルスのおかげで本を読む時間が長くなりました

3日連続でブックレビューが続いたので

さすがに今日は本以外の話題にしたいと思います

 

でも結局本の話になるんですが

最近変わったのが本の読み方

たいてい何をやらしてもすぐ飽きてしまい

集中力が持続しないタイプなんですが

本を読んでいてもすぐに飽きて

気が付けばネットを見ていることがしばしば

本で気になったことがあればネットで調べるところから

そのまま戻ってこれなくなるんですよ

 

で、このところ本を読むとき机の前で椅子に座って読まずに

立って歩きながら読んでいます

こうすれば身体も動くので分散されてあまり飽きることなく

長時間読書ができることに気づきました

 

まあ、だいたいベッドの周りをクルクル回りながら読んでいます

この間も一切外出をしてないのに1万歩を超えてました

変な習慣ではありますが

本もしっかり読めるし身体も動かせる

一石二鳥でそのまま続けたいと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2020/06/03

細胞が自分を食べる オートファジーの謎

41x6uy6mddl

細胞が自分を食べるオートファジーの謎 水島昇

オートファジー(Autophagy) は、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つ。下記のギリシャ語から自食(じしょく)とも呼ばれる。

Wikipediaにはそう説明されています

 

2016年に大隅良典教授がオートファジーの仕組みを解説したことで

ノーベル賞をお取りになったことさえきれいに忘れていました

筆者はそのお弟子さんに当たるそうです

 

要するに新しい細胞が古い細胞を食べることで

新しい細胞に切り替えるということのようです

細胞も古くなるとゴミがたまったり

機能が果たせなくなったりいろいろ不具合がでてくるみたいですが

オートファジーが起きることで身体がちゃんとなる

ザックリいうとそんなところでしょうか?

 

オートファジーに興味を持ったのが

オートファジーが起きる条件が飢餓状態

つまり栄養素が入ってこない状況で

古い細胞を食って新しい細胞に生まれ変わるそうです

私がたまにやってるプチ断食がオートファジーを引き起こすようで

断食の翌日すごく体が軽くなって

デトックスが起きているのが実感できるんですが

その具体的な説明がオートファジーで腑に落ちるわけです

 

でこの本ですが…

素人にもとても分かりやすく書かれてはいますが

そこらへんの健康本と違い

しっかり医学のお話で埋め尽くされています

よって自画自賛の形容詞もなければ

安っぽい自慢話もなく

ひたすら淡々とオートファジーの研究のことが書かれています

 

ガン・パーキンソン・アンチエイジング・免疫など

いろいろ気になる項目も満載

それらもきちっとオートファジーとの関連で解説されています

本書には書かれていませんでしたが

ある医師が16時間飢餓状態を作れば

オートファジーが働きだすというのを聞いたことがあります

 

それで最近やっているのは朝ごはんと昼ご飯を抜いて

夜だけ食べるというやり方だと

そんなにつらくないしお酒も飲めるって寸法

 

理屈がわかればもっと定期的にやってみてもいいかなと思っています

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/06/02

糖尿病はグルカゴンの反乱だった

411ofechqyl_sx342_bo1204203200_

糖尿病はグルカゴンの反乱だった 稙田太郎

昨日の常識は、今日の非常識

こんなことなんて世間にはいくらでもあります

糖尿病といえばインスリンが上手く働けず血糖値が上がりコントロールできなくなる病気

そういう認識でしたがその定説もひっくり返りそうな感じです

 

タイトルの通りグルカゴンという血糖値を上昇させるホルモンが

暴走することこそが糖尿病の本質的な問題だったというのが本書のテーマ

 

インスリンが血糖値を抑制するものでグルカゴンが血糖値を上昇させるもの

いわば拮抗関係にあるわけですが

今までの定説ではインスリンに問題があるということだと考えられてきたのですが

どうやらインスリンに問題があるのではなくグルカゴンというホルモンに問題があり

インスリンが不足していてもグルカゴンが正常に働けば

血糖値は急上昇しないということもわかっているそうです

 

私の場合門外漢なので難しいことはわかりませんので

詳しいことはこの本をお読みになってください

むしろ毎日欠かさず酒を飲む私にとって

そろそろ気になる病気の一つでもあり

なんとか予防できないかというところで読んだわけです

 

で、グルカゴンの反乱を抑えるためには

GLP-1という物質が必要でGLP-1の分泌を高めるのは

短鎖脂肪酸や胆汁酸なんだそうです

そのためにご飯にもち麦を入れるようになりました

 

福島刑務所では麦飯(臭い飯)を食べている受刑者の

血糖値が安定しているということも聞き及びます

 

先日ご紹介したブラジルナッツも糖尿病予防にはいろいろ効果的な栄養素が含まれていると聞き

試しているところであります

 

実は去年から自宅ではビールも飲まなくなりましたし

日本酒もほとんど飲まなくなりました

 

よわい60を迎え身体のことを気遣う今日この頃です

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2020/06/01

関トレ

41zuhpeumel_sx340_bo1204203200_

関トレ 笹川大瑛

以前から筆者のメルマガを読んでいますが

すごく内容が良くて参考にさせていただいています

とりわけ興味深いのが筆者の身体に対する考え方

アナトミートレインがベースになるようですが

理学療法士らしい理論的な解説には共感できる部分が多く

書籍になればもっと体系的なことがわかるかもしれないと思い購入

 

予想通り単発のメルマガとは違い

筆者の軸になる考え方が紹介されていました

そういったものはおそらく複数あるのでしょうが

本書で説かれているのは

筋肉にはパワーを発揮して関節を動かす役割のものと

関節のバランスやアライメントを適正な状態に保つものがあり

一般的なトレーニングではパワーアップを目的とするものが多い中

本書で紹介されているのは関節の安定性を維持することを目的としたトレーニングとなります

 

トレーニングそのものは地味な感じなものが多いのですが

関節が不安定な状態でパワーを出すことの危うさ

元より不安定な関節ではそもそもパワー自体抑制されることを考えるならば

まず関節を安定させることが先決であることがわかります

 

筆者が紹介するトレーニングの中には

どこかで見たことのあるようなものもあったのですが

それが関節を安定させる目的であることがわかれば

いろいろと合点がいくこともたくさんありました

相撲で四股を踏むことや股割りをすることも

股関節を安定させる目的だと考えれば

あの巨体でケガをすることなく大きな力を発揮させるための

必要不可欠な稽古であることが理解できました

 

このように何となく知っているけど

実はきちっと理解できていなかったことも少なからずあって

目からうろこの事柄もたくさんありました

 

筋肉同士の相関関係なんて理解すれば

施術にも役に立つことが多くありました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/05/31

人気者で行こう

41ah0nhwp2l_ac_

人気者で行こう サザンオールスターズ

「KAMAKURA」を久しぶりに聴いて火がついてしまったのかもしれません

このアルバムも好きだったんですよ

1984年のアルバムで当時はレコード盤でした

 

ザ・ベストテンで「ミス・ブランニュー・デイ」を歌ってたのが記憶に残ります

この時分には押しも押されもしないトップスター

話題性のためのおちゃらけ的な曲はなくなり

トップスターらしい迫力のある曲が多くなってきました

 

桑田さんがよく「期待を裏切る」って言ってましたが

驚くほど多くの切り口でファンを魅了

そのスタイルは今も変わっていないようです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/05/30

手羽中の香味焼き

Img_20200429_171011

よく手羽中を買ってはから揚げにするんですが

今回はちょっと違うことに挑戦

 

手羽中に岩塩・タイム・クレイジーペッパー・粉山椒・ガーリックパウダー・黒コショー

なんかあるものを全部ふりかけた感じで袋で混ぜ合わせ

そのまま1時間置きます

小麦粉を全体にまぶして

少し多い目の油で炒め揚げにして完成

 

不思議な感じのスパイシーな味でした

病みつきになるかも?

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/05/29

リスク

久しぶりに電車に乗って出かけました

前回乗った時と違いほぼ全員の人がマスクをされていました

これだけマスクをする習慣が定着すれば

今度はいつマスクを止めるのか難しいところです

 

マスクを着用して外出すると今でも暑いのですが

これから真夏の猛暑日になると不快感はマックスになるでしょうね

一説には熱中症のリスクが上がるというお話も聞いたことがあります

もちろん犬ではありませんので鼻をふさいだ程度で高度のリスクというわけでもなさそうですが

不快感は大きなストレスになりそうです

幸いにも私はお化粧をする習慣はありませんが

お化粧をされる方はいろいろ考えなければいけないでしょうね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

«疲労を取る