2024/05/28

半月板損傷

先日、読みました

月刊トレーニングジャーナル5月号

の新連載でアスレティックトレーナーが主人公の小説が面白かったですが中でも

ラグビーの試合で膝を負傷した選手をチェックするシーンがとてもリアルで印象的でした

 

私がそういう現場に居合わせることは現実にはなく

たいていこういうケースは電話がかかってきても

まず病院で受診することをお勧めしますから

関わり合いはまずないのですが

私らが体験する機会がない場面で

主人公はいくつかの検査法をしている場面を読んで

「餅は餅屋」という言葉を思い出しました

こういった場面に特化した教育を受けておられるアスレティックトレーナーは

やはり尊敬すべき存在です

 

Hangetuban

(図:運動器整形外科の基本より)

雰囲気的にこういったケースでは半月板損傷や靭帯の断裂の可能性が疑われるのですが

小説内でもこういったケガの診断権は医師にしかないわけで

ATである主人公もあえて言及を避けているのですが

やはり知識の問題としてある程度の理解は必要だと感じました

 

半月板損傷というのはスポーツ関係で時折耳にするのですが

知らない人がきくと全部同じようなものだと考えやすいのは

トミージョン手術で知られる肘の内側側副靭帯損傷と似通ったものがありますが

半月板損傷とひと言でいっても上の図のように

キホン4種類がありケースによりその程度も違えば

前十字靭帯断裂を伴うものもあり状態は千差万別

 

こういう細かいケースも踏まえて治療やリハビリがなされるわけですから

何でもかんでも我々がでしゃばるのは逆に恥ずかしいことだと思います

ただ知らないというのも恥ずかしいことですから

ある程度の知識や情報は仕入れておかないといけません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2024/05/27

不慣れなこと

最近忙しかったこともありますが

珍しいケースもあって

普段使わない技をひんぱんに使ったため

お尻が筋肉痛になりました

 

朝起きて歩いたらお尻が痛い

思わない筋肉痛に原因を考えたら

どう考えても年々振りかで使った技が原因のよう

 

いろんな技を覚えましたが

使うものは毎日何度でも使いますが

使わない技は何年に一度くらいしか使わないので

たまにこういうことがあります

 

最近筋トレがサボリ気味だったというのも理由の一つでしょうが

いろんな面で身体がなまっているのかもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/05/26

Strauss

91e9c3qb93l_ac_sl1405_

Strauss  Music from Vienna Ⅰ

たまにいく心斎橋のお店で発見

無難なところでシュトラウスを購入

知らなかったんですけどヨハン・シュトラウスは3人いて

私らが知っているのは2世

親と甥っ子もヨハン・シュトラウスですから

日本人の感覚では理解も納得もできないところ

 

たっぷり彼のワルツを堪能できるアルバムでした

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2024/05/25

鶏茶漬け

Pxl_20240319_081053314

30年ほど前に通った焼き鳥屋がありまして

その店でしめに食べていた鶏茶漬け

いつの間にかなくなっていたその店の味は今も思い出に残ります

 

茶漬けといってもお茶は使わず

ささみを茹でたお湯に鶏がらスープの素を入れて

塩・酒・みりんで味付けしたスープを作ります

 

ささみが冷めたら細かく裂いてごはんの上にトッピング

温めなおしたスープをかけて梅干しと三つ葉を乗せてわさびを添えれば完成

さほどたいそうなメニューでもありませんが

私にとってはいつも売り切れてあまり食べられなかった贅沢なお茶漬けです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/05/24

マイナスイオン

20数年前、ちょうど腰痛館を開業したころ

世間の流行りはマイナスイオン

当時人気があった「あるある大事典」や「ためしてガッテン」などの番組に取り上げられ

エアコンや空気清浄機、はてはヘアブラシまでも

多くの商品にマイナスイオンが出ると謳ったものがあふれていました

Pxl_20240516_010820017

観葉植物のサンスベリアもマイナスイオンが出るといってもてはやされてものでした

あれから年月が経ち絶賛していた健康関係の番組も

不祥事などもあっていつしかなくなり

マイナスイオンという言葉もあまり耳にしなくなりました

今ごろではマイナスイオンの健康効果も懐疑的な意見も増え

あれだけテレビCMであおっていたのに

企業も儲からないと思ったら何事もなかったようにマイナスイオン関連の商品を出さなくなりました

 

同じころチタンのネックレスも流行ってましたが

あれも今では誰もしてませんね

むかしからあった磁気ネックレスや磁気シールも

アメリカで肩こり改善に効果がないという論文が出たあたりから

CMが放映されなくなりました

 

「健康」というのは商売になるのはわかります

その点においては私も同類です

ただその場限りの健康の流行りって気をつけたいものです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/05/23

始動

一昨日、今年初めてクーラーをつけました

例年よりも少し遅いかもしれません

5月に入ってからも意外と気温が上がらず

ちょっと前まで朝方だけ暖房を入れていました

午後からの気温が高いので寒いイメージはお持ちではないかもしれませんが

周りでも風邪をひいてしまった方が何人もいて

たぶん昼間の暑さに騙されて

寝ている間に冷えてしまったんじゃないかと感じています

 

さすがに室温が30℃を超えると

扇風機だけでは凌げません

暑さや寒さに慣れていない時期では

決して無理をしません

人間の身体って慣れてしまえば

そこそこ過酷な環境でも過ごせるのですが

不慣れな間は体調を崩す大きな要因となります

ましてや私らのように高齢者の部類になりますと

その傾向は顕著です

ある程度甘やかすこともこの年になると必要だと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/05/22

1週間の歩行パターンと死亡リスク

週末にまとめてウォーキングでも死亡率減 毎日歩く人とそう変わらず

 

週に1、2日だけでも8千歩(約6キロ)以上歩くことで死亡リスクを下げられるかもしれないことを京都大などのチームが突き止めた。忙しかったり、めんどくさかったりして毎日は無理でも、週に数日のウォーキングをとり入れることで健康増進につなげられるという。

 ウォーキングは手軽に取り組める健康づくりの一つだ。これまでの研究で毎日8千歩以上歩くと死亡リスクが低減できるとわかっていた。ただ、週末だけ歩く人など、週に数日のみのウォーキングによる効果はわかっていなかった。

 チームは、米国の20歳以上の男女3101人(平均年齢50・5歳)を対象にした2005~06年の調査結果から、1週間の歩数と10年後の死亡リスクの関係を調べた。

 その結果、8千歩以上歩いた日が週にゼロの人に比べて、1~2日の人は14・9%、3~7日の人は16・5%、リスクが低下していた。歩く日数が多いほどリスクは下がったが、週に1~2日しか歩かなくても、3~7日歩く人と同じくらい、死亡リスクを低減できる可能性が示された。

 また、歩数を1日あたり6千~1万歩に変えた場合も調べた。その結果、いずれの歩数でも、歩いた日数がゼロの人に比べて、1~2日歩くだけで死亡リスクは大きく下がったという。

 チームの井上浩輔・助教は「週に1、2日歩くだけでも十分に死亡リスクを減らすことができる。毎日歩くということを気負わずに、まずは1、2日歩いてみることが健康につながる」と話す。

 

こんなニュースがありました

私自身も毎日のようにウォーキングをお勧めしていますが

正直言って具体的なデータをもっているわけではありませんので

あまりハードルを上げることなく

それぞれの人が長年続けられる程度にとどめておくことが大切だと申しあげています

現実問題、その気になって歩き出しても

最初から1万歩なんて張り切ってやる人に限って

ひと月も立たないうちにやめてしまわれるのを何度も見ていますので

言い訳できないくらいハードルを下げて

とにかく10年続けることだけ意識して歩いてくださいと言ってます

 

この研究でも毎日歩かなくても死亡リスクはさがると言われています

8000歩が本研究の基準ではありますが

たぶん歩数に関してもいろいろ変化は予想できますが

「歩く」ということを実行するのとしないのでは

大きな差はあるだろうと考えています

 

私としてももっといろんな条件で研究してくださることを願います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/05/21

カウンターストレイン

91pnaqke0l_sl1500_

カウンターストレイン オステオパシー技法の手引き

修業時代に人気があった技法で

師匠が好んで使っていた技です

そんな師匠に教わったので必然的に私もカウンターストレインを中心に組み立てたものです

 

ただ師匠のカウンターストレインは独特で

元々カイロプラクターでしたので

骨格矯正を目的として使われていました

だから本家の肝となる圧痛点を見ながらということはしませんでした

 

教科書通りにやれば上手くいくという世界でもありませんので

師匠の経験に従ったアレンジはそれはそれで問題はないと考えています

 

むしろいまだに疑問に思うのは

筋紡錘の異常な反応を解くという解説の割に

どういった筋肉をターゲットにして技をかけているのかの説明はあまりなくて

圧痛点をとるということを目的としていることが腑に落ちないのです

 

カウンターストレインの本はもっと古いのも持ってますが

発見者のDr.ローレンス・ジョーンズではなく

後付けの理論づけを付与したDr.コーの説明に圧痛点を中心とした理論の展開と筋紡錘の作用機序はあっても

具体的な筋肉の存在は正確に把握されていなかったのではないかと邪推する次第です

 

のちにカイロプラクティックでカウンターストレインをそのまんま模した

ポジショナル・リリース・セラピーの本の方が

各技法がターゲットにしている筋肉を記載しているあたり

同じ疑問を持っている人がいたという証左だと思います

 

突き詰めるとわからないことや問題点もあるカウンターストレインですが

技の性格と個々の筋肉の特質をある程度つかんでいると

けっこう使い勝手のいい技法だと思います

 

運動単位のことを勉強してから

この技法の精度が上がったような気がします

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/05/20

月刊トレーニングジャーナル5月号

Tj202405

月刊トレーニングジャーナル5月号

今月の特集は「学ぶ姿勢をつくるための配慮」

千田氏のお話はすごく考えさせられました

学習は「まなんでならう」と書きますが

「知識を得る」「教わる」「経験する」という要素の

順序・バランス・連携が大切であることを教わりました

 

インターネットが普及して多くの人が恩恵を受けていますが

半面、耳年増でとどまる人が多いのも事実

ちょっと反省しないといけませんね

 

今月からの新連載がスゴイです

「The Colours of a Flame ──天野川高校ラグビー部の奮闘」

まさかTJに小説が掲載されるとは思いませんでした

読んでみるとアスレティックトレーナーのライブ中継

そんな臨場感にいささか興奮しながら読みました

先ほどの特集の話の通りですが

TJから情報という知識は得られても経験する機会はありません

もちろん小説ですので疑似体験ではありますが

アスレティックトレーナーを目指す方にとっては

具体的にどんな仕事なのかがわかりやすく伝わってきます

舞台も大阪府立天野川高校、明らかに京阪交野線を思わせる設定

ありそうですがこれらは架空であくまでもフィクション

ちょっとのめり込めそうな新連載に期待です

 

で連載で最古参の『身体言葉に学ぶ知恵』

今月のテーマは「手順・一足飛び」

どんな仕事でも手順は大切です

手順一つ違うだけで全く違う結果になることもあります

しかし硬直はいけません

時には臨機応変で一足飛びも必要

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024/05/19

12 hugs

717i9ukch1l_ac_sl1500_

12 hugs 羊文学

いつも中古CDを買ってるもんだから

イマドキの音楽に疎いです

コアなファンから嫌がられそうですが

呪術廻戦渋谷編のエンディングテーマで彼らを知ったわけで

「にわか」ファンということになります

 

技術的なことはわかりませんが

独特の演奏が魅力の一つなんでしょうね

逆にいうとアルバム全体が似たような空気感になりますが

不思議と余韻が残る作品だと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

«しっぽくうどん