2017/11/23

いまだに

000

今年は毎週のように奈良に出張しています
最近気になって見ているのがこの川
普段水量はさほどないのですが
10月の二度の台風の影響で
水かさが増えています

先々週までは水も濁って勢いも激しかったです
先週は水は澄んでいましたが水かさは高く水流も激しかったです

先日訪れたときは幾分水かさも減り勢いもなくなりましたが
それでも平常時よりも水は多く流れています

10月の22日と29日に台風が来たのですが
3週間以上たった今でもこんな状態です
まだ山の中には多くの水を含んでいるということなんでしょうね

大阪だとあまり台風の影響が残っていることに気づくことはありませんが
ここらにくるとはっきりとそれがわかります
あらためて自然の力の大きさを感じてしまいます

| | コメント (0)

2017/11/22

ミトコンドリアを鍛える

数年前に「ホルミシス」という言葉を知りました
いつもお世話になっている東海大学医学部教授の川田浩志先生のご著書
見た目が若いと長生きするという本に説明がありました
簡単にいえば抵抗力をつけるためにちょっとした毒を身体に与えるということだそうです

大丈夫かいな?と思いきや
もちろん量的な問題が大切で毒や化学物質を
ほんの少し身体に取り入れることで耐性ができるそうです

例えばトレーニングなんて代表的なものかもしれません
有酸素運動は細胞のミトコンドリアに酸化ストレスを与え
細胞にダメージを与えることとなります
言ってみれば有酸素運動も毒になるというわけです

ところが実際には皆さんご存知の通り
ある程度の有酸素運動は健康な体作りには欠かせません
これは細胞の遺伝子の発現を変化させミトコンドリアの機能向上につながるのだそうです
質のいいミトコンドリアは活性酸素を抑える働きが強くなるそうです

活性酸素を抑えるために抗酸化物質を摂取することがいいと言われています
ファイトケミカルやビタミンなどのサプリなんかは多くの方がご存じです
それはそれとしても身体の機能自体に活性酸素を抑える力があること知らない人も多いようです

健康食品などの情報は商業主義的なものが多く
売りたい人が多いので情報は多いのですが
ウォーキングなどの有酸素運動は企業の利益につながらないので
あまり情報量は多くないんでしょうね

近頃真面目に走ったり歩いたりしていますが
ミトコンドリアが強くたくましくなることを祈りつつ続けたいと思います

| | コメント (0)

2017/11/21

ドーンセンター

000

天満橋のドーンセンターに訪れるのは何年振りでしょう?
この日は風が冷たい一日でした

001

TENGOのCD発売記念のツアー最終日は大阪でした
残念なことにヴァイオリンの天野さんが
体調不良ということでお目にかかることができませんでしたが
久保比呂詩さん池田定男さんがピンチヒッターということで
違った楽しみも期待していました

ベテランのお二人ですから
素晴らしい演奏を聴かせてくださいました

スマイルアゲインの初年度に後藤ミホコさんらとご一緒した
喜び配達人の藤本さんもお越しになられていました
久しぶりにお目にかかったので嬉しかったです

力強い演奏が私の身体の中に入ってくるようです
次回は天野さんも回復されて
熱のこもったヴァイオリンの音色を響かされることでしょう
楽しい一日でした

| | コメント (0)

2017/11/20

定期健診

久しぶりに歯医者さんに行き歯のメンテナンスをしていただきました
そのうちに行かないとと思いつつ2年近く空いてしまいました

前はやっていただいている間にずいぶんと力が入っていて大変でしたが
脱力すれば楽だということ覚え今では何ともありません

普段の手入れは行き届いているとお褒めの言葉をいただきましたが
左の奥歯の歯周ポケットが深くなっていることを指摘されました
最大で10㎜あったのが5㎜まで回復したのですが
今回7㎜に進行していました

左の奥歯で噛む習慣があるんじゃないかとたずねられましたが
実際はどちらかといえば右の方をよく使っているので
どうも噛むことに問題があるというわけではなさそうです

ブラッシングは小まめにやってるつもりだし
何が問題なのかはわからずじまい
老化といわれるのが一番恐ろしい今日この頃です

今度から半年に一度のペースで通おうと
固く心に誓ったのでした

| | コメント (0)

2017/11/19

PEGASUS

81h5zkvxvl_sl1500_
PEGASUS TENGO

アコーディオンとヴァイオリンのデュオTENGOの新しいアルバム
11月発売なので出来立てのほやほやです

いつも関西に来られた時ライブに出かけるのですが
ライブ同様灼熱のジプシーサウンドが炸裂します
力を感じるその音楽はCDでも十分伝わってきます

収録曲も幅広くドヴォルザークもあれば
ザ・ピーナッツもありますしオリジナル曲もありますのでバリエーション豊富
しかしながらどの曲もTENGOのオリジナル曲のように感じられます

サポートの久保比呂詩さん(津軽三味線)や池田定男さん(ギター)
このお二人の演奏も聴きどころ
迫力ありムードありでTENGOと織りなすサウンドに魅了されます

今日は天満橋のドーンセンターで
CDの発売記念のコンサートがありますので
午後からはお出かけします
たぶんご予約のお電話をいただいても出られませんので
あしからずご了解くださいませ
思う存分楽しんできます

| | コメント (2)

2017/11/18

きずしなます

Imgp0015_1

大根が安くなるとこれを作りたくなります
子供のころはキライだったんですけどね
味覚の老化は悪いものではありません

今回は大根とニンジンだけではなく柿を入れました
甘味が砂糖だけのときよりもサッパリします
スダチもあったのでしぼり汁を使いました

| | コメント (0)

2017/11/17

満を持して

000

昨日の大阪は冷えました
最高気温13℃は初めてだったんじゃないでしょうか?
それにもまして風が冷たかったです

今までは気温が下がっても湿度が高いので
身に染みるほどの寒さではありませんでしたが
昨日は湿度も40%以下になりました

そうなると加湿器の登場です
あまり喉が強い方ではありませんので
乾燥すると危険です

適度な湿度と適度な温度は
風邪やインフルエンザの予防にもなります

この日曜には最高気温が10℃を割り込むとの予報も出ています
もう手袋やマフラーが欲しくなる季節です

| | コメント (0)

2017/11/16

温かい食べ物・飲み物

そろそろ真冬に近づいてきました
着るものも暖房もしっかりと冬の準備はできました
寒くなると恋しくなるのは鍋物などの温かい料理

「冷えないように気をつけてくださいね」
こういうセリフのあとに
「温かいものを飲んだり食べたりしたらいいんですね」
こういう答えが返ってくることもしばしば

確かに温かいものを食べたらしばらくは温もりますが
そんなに長続きはしません
そして何より冷えるという現象は血液の循環が悪くなるのが根本的な問題です
だから身体を冷やさないということは血流をよくすることが肝心
温かいものを食べてもいくらかは血流がよくなるかもしれませんが
それは問題の本質とは別のこと

しかもグラグラ煮え立ったものを飲み食いしたら
まず口の中がヤケドします
常識的にある程度冷ましてから食べますから
体の中に入るときは実際そんなに熱くないのがフツウですよね

逆に熱すぎるものを飲んだり食べたりすると
上咽頭がんの原因になるとも言われています
またそういうことを習慣にしてしまうと
消化器系に対するダメージも否定できません


温かい飲み物の飲み過ぎは身体に悪いのか

このサイトにも非常に興味深いことが書かれていましたが
飲食物で身体を温めてばかりいると
身体自体の熱産生が低下し逆に冷えやすい身体を作り出すという説もあるそうです

初めて聞いた話ですが
身体はその環境に順応するものですから
飲食物で頻繁に熱を取っていたら
エネルギー代謝機能がサボっても不思議はありません

別に温かい食べ物や飲み物が悪いというわけではありません
いけないのはそれだけに頼りきってしまうことです

| | コメント (2)

2017/11/15

姿勢をどのようにとらえるのか

Tj

月刊トレーニングジャーナル12月号

今月の特集は「姿勢をどのようにとらえるのか」
我々の仕事の上でも役立つ内容ですが
特に興味を持ったのは腹圧研究

体幹を安定させるには腹圧を上げることが必要です
腹圧が下がると腰痛を誘発することは広く知られていますが
腹圧を上げると体幹が硬くなり動きづらくなります

以前から疑問に思っていたのですが
動作の中で腹圧を上げるのは要所要所のみで
むしろそれ以外の時では腹圧を下げて動きやすくすることが必要であることがわかりました

そういう使い分けが自然にできるような意識付けと訓練の必要性
どのポイントで腹圧を上げるべきか
脱力の仕方も解説されています

Imgp0006_2

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今回のテーマは「顰に倣う」
「顰」という漢字は知らなかったんですが
意外にもよく使っていた言葉でした
漢字が難しいから読めないし書けなかっただけなんですね

今回は「模倣と創造」の在り方について考えてみました

| | コメント (0)

2017/11/14

豊作

111

先日からクワイ・里芋などを次々収穫していますが
今日は生姜を収穫しました

スーパーで買ってきた高知産の生姜ですが大きく育ちました
発泡スチロールの箱で育てましたが
大きくなりすぎて箱をつぶすほども成長ぶり
横に育つことができなかったので
箱の底まで新生姜がビッシリ

毎年生姜を植えていますが
こんなに勢いのある生姜は初めて
掘り起こすのに30分近くかかりました

寒さと乾燥を嫌うので
土がついたまま新聞紙で二重に包んで常温で保存します

| | コメント (0)

«内転筋群